自己本位に過ごす休日は長い


休日。コタツに温まり、鶯谷の古書店にて三千円で購ったコリン・ウィルソンの軌跡を記した本を読む。今日は天気が悪く、ベランダへ洗濯物を干せずに残念だった。しかし、午後は曇り空を良い気分で眺めた。四六判ヘニドもコツコツと描いている。コタツテーブルに広げ、上から透明のビニールを被せて、捲ればいつでも描けるようにしてある。


IMG_3088




ぬい


休日。ぽんぽんに着膨れしてこたつ。ひねもすじぶんの仕事をする。時折ベランダの洗濯物を眺めて一服。日暮れが早いから、暗くなってもまだ18時。うれしいうれしい休日。



意志


大晦日は、ゲンロンカフェの生中継を視聴しながらヘニドを描いて過ごした。やはり東浩紀は良いなぁと思った。執筆もキリの良いところまで進んだ。2020年も描いて、書く。生活のテーマは「作為的不可逆性」と決めた。今年もよろしくお願い申し上げます。



準備


深更、こたつでみかんを食しながらヘニドを描く。二時間ばかり描いて、モームの短編をいくつか読む。その後に少し己が執筆もする。それからはまたヘニド。気づけば朝になっている。己を救う方法がこれしかないから。


IMG_3025






おっとっと100袋

おっとっとを100袋頂いた。
とても嬉しい。
塩の加減とサクサク具合、おっとっとが最高だ。

FullSizeRender



ヘニドスウェット

ヘニドのスウェットができた。

FullSizeRender



対立は統合の証


昨夜もまた、十年前のじぶんに助けられた。気持ちのキツいときにはいつもあの頃のじぶんがヒントをくれる。十年前とも世の中はまるで変わり、今はもう前提が共有されず、対立することさえ適わなくなった。むき出しの個々人が独善的な妄想を逞しくし、己の生活の半径五メートル以外の他人には平気で「死ねよ」と言い放つ時代。しかし、良識のある人(心を失っていない人)はまだまだたくさんいるはずで、遠くの空を眺めれば、世界をまるごと救い上げる確かな統一理論を求める人たちの呻吟が行きどころなく集約されているようだ。あすの風はどこに吹くのか。じぶんを救うのはやはりじぶんしかいないと再確認した夕刻。



病み上がり


小田実の動画ばかりみている。小田実のような人はもういない。こんなにつまんない世の中になるとは彼も予想しなかったのではないか。本日ゴッホ展に行ってみたが10分ほどで出てきた。もうじぶんの仕事をしなければならないから。


FullSizeRender




デカプリ


現在、四六判に描いているヘニドは、四月から始めたのでもう半年以上描いていることになる。まだまだ終わらない。あと半年はかかる見込みだ。完成したらディカプリオに売りたいと考えている。なんとなくディカプリオだったら買ってくれそうな気がするから。なので、今日はそうした願いを込めてディカプリオの顔を描いた。


FullSizeRender





ファッキュー・スティーブ・ジョブズ


最高の休日。洗濯物はベランダで風に戦いでいるし、栽培中の唐辛子も気持ちよさそうに陽の光を浴びている。起きてしばらくヘニドを描いたあとは、アイスコーヒーを片手に読書。再読中のモーム「人間の絆」もまもなく終わる。フィリップともそろそろお別れだ。しかし、本棚にしまえば彼はいつでもそこにいる。やはり本は紙ではなくちゃとつくづく思う。データではなく、たしかにそこに在るという実感が大事だ。いつかは紙がなくなって、すべてがデータ化される日が来るのだろう。そんな時代に生まれてくる子どもは可哀想だ。ファッキュー・スティーブ・ジョブズ。鳥の囀りまで聴こえてきたぜ。



記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
プロフィール

ヤマモトシュウヘイ

あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。ある日、おじいさんは山へ自慰行為に、おばあさんは川へ逢引きに行きました。

blogram投票ボタン にほんブログ村 その他日記ブログ あほ・バカへ
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ