チェストマウントのテスト撮影をするためにみなとみらい地区まで行ってちょっとだけ海を見てきました


モトブログ的ムービーを作るべく、自分なりに経験を積んでいる今日この頃ですが、やはりメーターが映っているムービーのほうがモトブログ的じゃないかと思い、アクションカムをチェストマウントしてみることにチャレンジ(使用しているマウントベストは以下のリンク参照)。そのテストを兼ねて、みなとみらい周辺をトコトコと走ったときに撮ったのが、こちらのテスト映像。SONYの専用アプリを使うとGPS情報が画面に出せるので、そうした機能も活用してみたりしたのでした。


あくまでテスト撮影なので、内容のある話はしていないのですが、一応お伝えしておくとフリートーク(?)のテーマはホンダのニューアドベンチャー系スクーター「ADV150」について。車両についての話はほとんどしておりませんし、あくまでメディア向け試乗会に参加したという報告レベルでありますが……。



というわけで、映像の中では触れておりませんが、ニューアドベンチャー系スクーターというのは四輪でいうところのクロスオーバーSUV的であって、SUVムーブメントによって市場マインドがどのように変わっていったかという四輪ジャーナリズム的な視点というのは、ADV150の狙いやターゲット、そして可能性を考察するのに欠かせない前提だと思った次第。その意味では、ADV150は初期のSUVのようにマニアからは「なんちゃって」と見られがちなのかもしれませんし、そうでないユーザー層からは「タフでマッチョ過ぎる」と感じられているのかもしれません。いずれにしても、まずはラフロード路線で進んで、このカテゴリーが熟成してから、さらにクロスオーバー的解釈によるアプローチが生まれてくるのだろうな、と思う次第であります、ハイ。



-----------------
精進します。
  




人気ブログランキング