TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2016-全馬診断

2016年06月29日

CBC賞 2016 平日版予想/出走馬全馬診断・一気に全頭版!!〜予想オッズ1番人気エイシンブルズアイは前走高速馬場の差し遅れで…&注目の穴馬は? 他〜

昨日は中日の愚痴を書いてしまいましたが、ネットで結果を眺めたらますます愚痴りたくなったのでとりあえずは自粛します。。

さて、今日はCBC賞の全馬診断へ行きます!今回は頭数も少ないので一気に行ってしまいましょう!

……っと、その前に現時点で注目している穴馬を挙げておきます。
この馬!人気ブログランキングへ

溜めればひと脚使う馬で中京との相性も◎。スムーズに流れに乗れれば出番もあって良いはずです。では、CBC賞2016全馬診断へ。


スポンサーリンク

〜宝塚記念 2016 平日版予想/出走馬全馬診断・一気に全頭版!

エイシンブルズアイ(石橋)/57.0
→高松宮記念では急きょ出現した超高速馬場により流れに乗りきれず完全に差し遅れてしまった。それでも5着まで押し上げたあたり、地力強化を示した一戦と言えそう。もともと間隔を空けた方が走るタイプでここは相手関係からも好勝負になる。

サクラアドニス(小坂)/53.0
→ここ3走は障害に挑戦しているように8歳を迎えて新たな活躍の場を探している現状。芝では既に頭打ちで、苦戦濃厚。

サドンストーム(ルメール)/56.0
→中京では勝ちきれないながらも5戦して3着3回と安定したレースを見せている。そのうち2度の3着は当レースのもので舞台適性は高そう。あとは加齢による衰えがどれほどか。少頭数はプラスだがここは半信半疑。

ジョディーズロマン(酒井)/48.0
→最軽量の48キロでの出走だがさすがに1000万下でも頭打ちの現状では…。

シンデレラボーイ(川田)/54.0
→近走は差しに転じているが末脚は確実に使っている。中京では3走して2勝2着1回と安定しており前半で流れに乗れれば今年の相手関係なら通用しても良さそう。少し時計が掛かって欲しいところ。

スノードラゴン(大野)/58.5
→既に8歳だが1年2ヶ月ぶりのオーシャンSではラスト鋭く伸びて3着に突っ込むなど、まだまだ健在ぶりを示している。58.5キロは楽ではないが上がりが掛かる流れになればまだ通用するはず。

ベルカント(藤岡康)/55.5
→近走はイマイチ結果を出せていないがもともと夏場に強いタイプ。平坦巧者の印象もあるがかつては当コースとリンクする阪神芝1400m重賞を制しており、相手関係からもここは好勝負になる。開幕週の馬場もプラス材料。

ベルルミエール(太宰)/53.0
→前走は前半で掛かってしまい全く流れに乗れず終わってしまった。それ以前も差し遅れやダートなどまともな条件を使われておらず、まだ巻き返しの余地はありそう。中京では重賞での4着が2回あり、流れに乗れれば一発ある。

メイショウライナー(秋山)/54.0
→久々の鞍馬Sではうまく内枠を生かして3着に突っ込んだ。ただ相手関係や立ち回りに恵まれた面もあり、前走以上となると多少疑問も残る。急坂コースはプラス。

ラインスピリット(森一)/55.0
→この馬は前半でゆったり入れるかどうかが好走のポイント。ペースさえ向けば昨年秋の桂川Sでエイシンブルズアイと同斤量で差のない競馬をしているように粘れる力はある。流れ一つ。

ラヴァーズポイント(未定)/50.0
→渋い短距離型で安定感はあるが、一方で強敵相手に穴をあけるような魅力にも乏しい。相手関係からもここは苦戦。

レッドファルクス(デムーロ)/56.0
→前走はダートでの勝利だったがもともと芝でも走っていた馬。重心が低くパワーを感じさせるフットワークは急坂の中京芝に合いそうだ。久々の1200で前半流れに乗れるかどうかがポイントだが、能力的には通用して良い。ここのところ不振にあえぐデムーロ騎手だが、上手くスタートを決めて欲しいところ。

ワキノブレイブ(浜中)/56.0
→前半でいかにロスなく立ち回れるかがポイントとなる馬で、上手く行けば4走前のシルクロードS3着で見せたように重賞でもそこそこやれる力はある。切れないがバテないタイプで急坂コースは問題なく、今回も立ち回り一つで一角を崩せそうだ。

〜PR〜

  第65回ラジオNIKKEI賞(G3)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
ラジオNIKKEI賞の【爆穴3連単情報】
     を特別無料公開!
    →ココをクリック!


クラシックが終わった後の3歳限定の重賞、しかも中距離のハンデ戦。メンバーが小粒になってしまうのは致し方無いところ。昨年のアンビシャスのような一枚も二枚も実力が上の馬でもない限り、トップハンデを背負って勝ち切るのはかなり厳しく、基本的には実績馬が人気と斤量を背負って飛び、波乱決着になる仕組みが出来上がっているのだ。

更に、夏競馬期間は重賞とはいえ一般マスコミの取材が手薄に。美浦と栗東から函館へと記者が割かれてしまい、かと言って人員補充があるわけではないから、単純に一人辺りの取材厩舎が増えるだけ。しかも、いつもロクに話をしない厩舎へ足を運ぶわけだから大した話も聞けない。実際、この時期は新聞社同士でコメントを使い回すことなど当たり前なのだ。これでは新聞を頼りにして馬券を買う一般ファンは手も足も出ない。

無論、競馬界の大物OBを擁してあらゆる関係者の情報を網羅できるような情報ルートを確率している当社シンクタンクは、この時期も変わらず徹底取材を敢行できる。『ホンマに力をつけてる。秋は大きいところを狙ってるんや』『もう休ませたいんだけどね…。オーナーがどうしても使って欲しいと言うから使うけど…』など、新聞のコメント欄には載らない本音の部分まで聞ける。

新聞が得ている情報と我々が得ている情報の違いをハッキリと体感して頂くべく、今週はラジオNIKKEI賞の3連単情報を特別無料公開。また、今回ご参加頂いた方には特別に、同日に行われるCBC賞の3連単情報も無料公開。両重賞合わせてご期待頂きたい。

その他にも馬券に役立つ情報が入手できるので、ぜひこの機会に入手してみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第65回ラジオNIKKEI賞(G3)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
ラジオNIKKEI賞の【爆穴3連単情報】
     を特別無料公開!
 ココをクリック!
シンクタンク:ラジオNIKKEI賞300_250


スポンサーリンク

yamamototaro at 23:00│TrackBack(0)clip!2016-全馬診断 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索