TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2016-回顧

2016年12月19日

【有馬記念 2016】1週前予想・注目馬+先週末の回顧

『ラッキーゲート』以来7年ぶり『回収率を上げる競馬脳の作り方 (扶桑社新書)」12/24(土)発売!


おはようございます! いよいよ…有馬記念ですね!!

ゴールドアクター、キタサンブラック、サウンズオブアースなどが出走する、2016年の総決算・有馬記念の予想へ向けて今週はいろいろ書いていこうと思います。記事の最後では1週前段階で狙ってみたい馬を公開しています。

〜有馬記念 2016 出走予定馬


アドマイヤデウス(岩田)
アルバート(戸崎)
キタサンブラック(武豊)
ゴールドアクター(吉田隼)
サウンズオブアース(デムーロ)
サトノダイヤモンド(ルメール)
サトノノブレス(シュミノー)
サムソンズプライド(横山典)
シュヴァルグラン(福永)
デニムアンドルビー(バルザローナ)
ヒットザターゲット(田辺)
マリアライト(蛯名)
マルターズアポジー(武士沢)
ミッキークイーン(浜中)
ムスカテール(中谷)
ヤマカツエース(池添)


と、その前に…反省。この秋のG1では結果を出せていなくて申し訳ありません! 秋シーズンは結構得意なんですが、ここまで秋G1で不振に陥るのは2011年以来でしょうか…><

昨日も勝負レースその1の桑名特別では、縦目ながらも仕留めて良い感じで本番の朝日杯フューチュリティSへ向かったのですが、肝心の本番がハズレでは…。やっぱり、G1を当ててこそだと思います。

思い起こせば昨年も苦しみの中で、最後の最後で◎ゴールドアクターが勝利!大逆転を飾りました。今年も一撃で読者の皆さんと共に喜べるような結末を迎えたいと思っています。まずは簡単ですが回顧をしましょう。

スポンサーリンク

〜朝日杯フューチュリティS 2016 結果

1着 △17サトノアレス(6人気)
2着 ○10モンドキャンノ…穴推奨(7人気)
3着 △4ボンセルヴィーソ(12人気)
-------
7着 ◎6クリアザトラック(3人気)


期待した◎クリアザトラック、直線に向いたときは手応えも良くやったと思いましたが、そこから伸び切れませんでした。経験不足もあるでしょうし、また初戦も突き抜けた内容ではなかっただけに、今年の相手なら通用するという見立てが結果的には甘かった感じです。

モンドキャンノも『能力ならナンバーワン!』という評価だっただけにちょっと悔しいですが、ココは縦目を一切買わないで勝負したのでこれは仕方ないッスね。。

いずれにしても悔しさの残る結果でした。

詳細な回顧は月曜の18時前後にTAROの競馬の有料版メルマガ『競馬ノート』にて配信する予定です。こちらでは次走狙い馬などにも触れていますので、是非ご覧ください!

ちなみに先週の重賞を見て、この馬は追い掛けておけば今後重賞で好走するチャンスがある! と感じた馬がいました。

こっそりこちらで公開しておきますか。忘れないでおいてくださいね。

今後重賞で好走のチャンスあり!追い掛けておくべき馬の名前は…

もう書いてしまいましょう!笑 この馬です。

エテルナミノル


もちろん競馬ノートの方では詳細な回顧の中で狙い馬を多数お送りしていますので、保存しておくことができます。是非ブログと併せてチェックしてみてください。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート購読はこちら
ガラケー版⇒ TAROの競馬ノート購読はこちら



〜有馬記念 2016 1週前予想


そしていよいよ有馬記念です。

今年は香港に大挙出走したことで日本国内組の層の薄さが心配されましたが、結果的にはなかなかのメンバーが揃うことになりそうです。

予想オッズはまた次回以降の記事で触れる予定ですが、上位人気馬は…

キタサンブラック
サトノダイヤモンド
サウンズオブアース
ゴールドアクター
シュヴァルグラン
マリアライト


こんな感じでしょうか。

……そして、現時点で、1週前段階で狙ってみたいのは…アノ馬です。。

今回の中山芝2500mで圧勝劇もある…

 ↓この馬↓
アノ馬

その馬の名前は?

↓下記ランキングをクリックすると見ることができます。

人気ブログランキングへ


-PR-

  ■第61回 有馬記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  有馬記念を3点で獲れなければ
  2016年の東西金杯を無料配信!

3点勝負買い目を無料公開


近年は「中山より東京コースの方が走るから」という考えでこのレースを回避して、天皇賞(秋)やジャパンCに力を入れる陣営も多いが、それでも「最後にこのレースを‥」という陣営も少なくはない。例えば秋古馬三冠すべてに出走した場合、少なくとも秋にGIを3走する事となる。加えて、天皇賞(秋)の前に前哨戦を使うとなると、秋4走目が有馬記念となる。最近はこのような馬が減っているとはいえ、秋3走目以下の馬と比べると成績は芳しくない。激走の疲労が溜まった馬より、リフレッシュした状態で使える馬の方が有利。あくまで1つの尺度ではあるが、これは覚えておくべきデータだろう。もうひとつポイントを挙げるとすれば『3歳馬』の取捨だ。昨年のキタサンブラックのように菊花賞から挑む3歳馬が、過去に何度もこのレースで結果を出している。これは前述していた『秋3走』という条件をほぼ間違いなくクリアできるだけでなく、十分な間隔があるため有馬記念に向けて万全の態勢を整える事が出来ることが大きい。

今年で言えばキタサンブラックが主役級だが、裏では●●●●の包囲網発令されている情報を入手している。その大将格は3歳馬のサトノダイヤモンドだろう。この馬が菊花賞を勝った事で、2年連続ダービー2着など”GIが勝てない大物馬主”が長い呪縛から解かれ、先日は香港でもサトノクラウンが海外GI勝利を果たした。他にもシュヴァルグラン、サウンズオブアースを筆頭に多数スタンバイ。ここはキタサンブラックとっては厳しい戦いになるだろう。●●●●はここでは伝えられないが、ヒントをひとつ教えるなら先日香港Cを勝った『モーリス』も関係している。

創業19年『徹底現場主義』を貫きとおす我々は、騎手・調教師・馬主・生産者ともパイプを持つ情報網を擁しており、業界随一の情報力を誇っています。だからこそ新聞に載らない情報も入手可能。有馬記念に関しては●●●●の関係者から完全オフレコ極秘情報を入手しており、他にも大物競馬関係者が「今年最後の大勝負!この関西馬は〜※※オフレコ」など、情報が集中するアノ確勝級の本命馬でホボ決まり!というジャッジ。最終ジャッジが気になる方には【有馬記念 極秘馬連3点勝負】レース当日13:00頃に無料配信&公開するので、是非そちらを入手して頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ■第61回 有馬記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  有馬記念を3点で獲れなければ
  2016年の東西金杯を無料配信!

3点勝負買い目を無料公開
七騎の会:有馬記念300_250

スポンサーリンク

yamamototaro at 07:07│TrackBack(0)clip!2016-回顧 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索