TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-回顧

2017年03月13日

【桜花賞へ向けて…フィリーズレビュー 2017 回顧】スプリングステークス2017 予想オッズ*展望

本記事ではスプリングステークス2017の展望及び桜花賞2017へ向けて昨日のフィリーズレビューの回顧などを書いてゆきます。

さてさて、とりあえず先週末の回顧を書いていきましょう。

まず気合を入れて臨んだ中山牝馬ステークスの◎フロンテアクイーンでしたが…う〜ん、想像していた以上に力んでしまい直線伸びませんでした。。スローペースだったこともあるとは思いますが、もう少しやれると思っていたのでちょっと残念でした。期待していただいた皆様、スミマセン><

勝ったトーセンビクトリー、本当にこの血統はよく走る、それも中山は走りますね。昨日はスローアシストがあったとはいえ、好スタートから抜群の立ち回りを見せてくれました。武豊騎手も完璧に乗りこなしましたね。

マジックタイムは規定だから仕方ないですが引退するのが惜しいような内容でした。。

では、その他の回顧と展望を続きにて。

スポンサーリンク


☆桜花賞2017戦線、勝負になるとすれば1〜2着馬だが…

というわけでフィリーズレビューの回顧を。

〜フィリーズレビュー 2017 結果

1着 △カラクレナイ
2着 ◎レーヌミノル
3着 ▲ゴールドケープ…穴推奨


ガチガチの3連複しか獲れずこれは超ガミでした>< 勝ったカラクレナイは今回は危ないかなと思ったのですが、さすが阪神芝1400mのデムーロですね。このコースは日本一上手いジョッキーですが昨日は展開もばっちりハマりました。

テン3F33.5はこの時期のレースとしては相当なハイペースで、21世紀以降の2〜3歳限定の阪神芝1400m戦では歴代2位タイの猛ペース。池添騎手のベルカプリがアズールムーンに対して何が何でもという感じで絡んで行ったことにより、息の付けない流れになりました。

そこに乗じて差し来たのがカラクレナイでしたが、それよりも主役は単勝1倍台、4コーナーからやや強引気味にスパートをしたレーヌミノルでしょう。浜中騎手は直線で内にヨレて、結果的に多くの馬に迷惑をかけることになってしまいました。

不利には寛容な方ですが、さすがに昨日のプレーはちょっと浜中騎手ともあろう名手が冷静さを欠いたかなという感じでした。馬自身は負けて強しと言っても問題ない内容だっただけに、騎手の仕掛けが早かったですね。

もっともレース後に 「もういいでしょう」 と言ったのはそんな悪意のあるコメントではなくて、ちょっと記事を書いた記者の方がイジワルだった気がしますけどね。文字にすると印象というのは変わるものです。

閑話休題。

桜花賞に向けてとなるとやはり上位2頭でしょうが、勝ったカラクレナイは展開&騎手などすべてが向いてのもので、距離延長がプラスとは思えませんし、本番ではデムーロ騎手も乗れません(アドマイヤミヤビに騎乗予定)。

となると、やはり負けて強しと言える2着レーヌミノルの方にチャンスありでしょうか。ただそれとて千四の方が圧倒的に向いていて、マイルとなるとかなり手加減して乗る必要があるため楽ではなさそう。

感覚的には枠順や展開などに恵まれて2〜3着かなという印象です。

カラクレナイ → 昨日の条件がベストベスト、あれ以上は? 桜花賞ではデムーロも乗れない
レーヌミノル → 昨日は負けて強し。ただ条件的には外回り千六向きではない、枠や流れに恵まれてどこまで

というのが桜花賞へ向けての2頭への現時点での見解のまとめでしょうか。

別路線も含めてまだ強い馬がいるので楽な戦いにはならない・・・というよりも例年通りフィリーズレビュー組は苦戦を強いられそう、あくまでも主役はクイーンC&チューリップ賞組でしょう。特に今年はクイーンCがひとつのキモになるような気はしています。桜花賞に限らず、オークスまで含めて…ですね。

〜スプリングステークス 2017 1週前予想

皐月賞トライアルスプリングS。恐らく上位人気は朝日杯フューチュリティSの1〜2着、サトノアレス&モンドキャンノとハイレベルメンバー相手に戦ってきたアウトライアーズ、あとはトリコロールブルーあたりでしょうか。

個人的な感覚で予想オッズを書いておくと…

1番人気 サトノアレス 3.0倍
2番人気 アウトライアーズ 4.2倍
3番人気 トリコロールブルー 6.0倍
4番人気 モンドキャンノ 7.2倍


こんな感じでしょうか?

詳細な展望は次回以降に書くとして…

とりあえず現時点での注目馬だけ挙げておきましょう。

その前に今回のポイントは・・・

中山芝千八に適性のありそうな馬が少ない!

ってことかなと思います。

サトノアレスは一応勝利実績こそありますが、あまり距離が延びて良いタイプには見せませんし、ディープ産駒らしいディープ産駒で中山がプラスになる気はしません。

アウトライアーズは折り合い面が課題になりそうで、現状は騎手も恐る恐る出している状況。中間の稽古でどれだけ折り合い面の克服を図っているかですが、陣営自信が認めているようにそもそも距離が延びて良いタイプではなく、マイルくらいがベストでしょう。血統的にも折り合いに課題があるのはさほど驚くことではありません。

モンドキャンノも恐らくNHKマイルCを見据えた上でここを使ってくる感じなので、負けても良いという一戦だとは思います。その選択は賢明だと思いますが、このレースに関して言えばあまりアテにはできないかなと。

となると上位勢は案外不安があるということです。そこで狙いたいのは…
この馬!→ 人気ブログランキングへ

デビュー以来とにかく安定している一方なかなか突き抜けたパフォーマンスを見せられませんが、それでも使われるごとに地味ながら力をつけて来ている印象。恐らく立ち回り戦になるコーナー4回の1800mはベスト条件に近く、能力&適性を考えればココでも十分に勝負になるはずです。

〜PR〜

弥生賞でマイスタイル、チューリップ賞でミスパンテールを推奨した、この春絶好調のサイトのご紹介です!

   第66回 スプリングS(G2)

  某陣営が大きな期待を寄せる
  “秘密兵器”がいることをスクープ

スプリングS【爆穴3連単情報】を
     特別無料公開!

※今回無料登録の方にはさらにフラワーCの予想も特別公開!
無料登録はココをクリック!


スプリングSは皐月賞へと直結するステップレースというだけでなく、芝1800mという距離から、例年、NHKマイルCを見据える馬も合流する。昨年はスプリングSを前に、サトノダイヤモンド、マカヒキが無敗でステップレースを制しており、クラシックの主役候補がある程度、絞られていたが、今年はレイデオロ、スワーヴリチャード、カデナらが有力候補として名乗りを上げているものの、どの馬も決定的なパフォーマンスは見せておらず、世代の中で突出した存在は現れていない。

だからこそ、今後の3歳戦線を占う上でも、このスプリングSは非常に重要な意味を持つ1戦となる。実際、朝日杯FSの1着馬・サトノアレスと、2着馬モンドキャンノがここで再度激突することとなった。

時期的にも、既に皐月賞への切符も残り少なくなってきている。まだ、出走のための賞金が足りていない陣営は

「何とか権利だけは取りたい」

と、本番前の前哨戦で勝負を懸けてくることもあり、近年は500万を勝ち上がったばかりの馬の活躍も目立っている。決して”実績馬を買えば当たる”という単純なレースではないのだ。

当社が的中をお伝えしたチューリップ賞では7番人気ミスパンテールが、弥生賞では”激走穴馬”の8番人気マイスタイルが連対しているように、今年も前哨戦では、一般では出回らない人気薄情報馬が馬券に絡んで高配当を演出している。

実は、今年のスプリングSでも、某陣営が大きな期待を寄せる“秘密兵器”がいることを当社は把握済み。

「ココのテキはいつも吹くから鵜呑みにはできないんだけど厩舎が相当期待している馬なのは確か。あまり褒めない○○が、珍しくデビュー前に『コレは走りそうですね』って言ったくらいだしね。本人も本番はコレで行きたいらしいし、そのためにはココで結果を出さないと。強い馬がいることはもちろん知っているけど、陣営は結構強気だったよ」

とは当社情報ルートの談だ。

世間がアッと驚くような決着となる可能性は十分。

当社の情報をまだ入手したことのない方に限り、スプリングSのとっておきの激走穴馬情報を含む【爆穴3連単情報】を特別に無料でお伝えさせて頂くことが決定した。この絶好のチャンスを見逃す手はないだろう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第66回 スプリングS(G2)

  某陣営が大きな期待を寄せる
“秘密兵器”がいることをスクープ

スプリングS【爆穴3連単情報】を特別無料公開!

今回無料登録の方にはさらにフラワーCの予想も特別公開!
無料登録はココをクリック!


 [公開日]
 3月19日(日)14時 を予定!お楽しみに!
 シンクタンク:スプリングS300_250


スポンサーリンク

yamamototaro at 21:00│TrackBack(0)clip!2017-回顧 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索