TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-展望

2017年03月17日

【土曜競馬のガチ馬候補】+フラワーC2017展望〜注目はもちろんファンディーナ〜

〜土曜競馬のガチ馬候補!@中京10R 伊勢特別

このクラスでも力上位は明らかで、千八だと危うさもあるが、ここはダート1900m。枠順も安心感があり、普通に走って来ればまずは勝ち負けになるはず。

土曜競馬のガチ馬候補は??

この馬!!人気ブログランキングへ
 
〜3日間開催の4重賞など全重賞の予想+勝負レース+勝負馬などは、
競馬ノートにてフル配信予定です〜


18日(土)ファルコンS他 →朝9時までに配信予定
19日(日)阪神大賞典+スプリングS →朝8時30分までに配信予定
20日(月)フラワーC他 →朝9時30分までに配信予定


競馬ノートではこの他に重賞フル回顧や次走狙い馬などを平日にお送りしています。

次走狙い馬のコーナーでは今後出走して来たら黙って買いのオススメの馬を公開しています。

先週末の金鯱賞で本命にした◎ロードヴァンドール(7番人気2着)『次走狙い馬』でした。前回の小倉大賞典4着を受けての配信は以下の通りです。

【次走狙い馬】大外枠に加えて距離不足とまったく楽な条件ではなかったが最後までしぶとく粘った内容は高く評価できる。G3レベルなら通用の能力を見せており、今後二千以上の重賞に使って来れば常に警戒したい。まだ上を目指せる器で、距離も2200mまでは大丈夫。

金鯱賞では狙いとなる距離延長、今回はG2でメンバーも揃っていましたが、開幕週の馬場恩恵と展開恩恵さえあれば十分に通用する器との判断。読んでいれば簡単に買えた・・・はずです!(スズカデヴィアスを切り捨ててしまいましたが…><)

今週末の3日間開催は上記の日程で渾身の配信を続けるので、是非ご期待ください!

なお、TAROの競馬ノートは基本的に丸乗りをオススメするものではありません。自分で予想せずに丸乗りして、ただ予想結果だけを見て儲けたいという姿勢の方は、恐らく僕のメルマガは合わないと思うので読むことはオススメしません。どのようなスタンスで馬券に取り組むのであっても、それについて何かを言うつもりはまったくありませんし、前述したような考え方を持っていたとしても、それはそれで良いですし、個人の自由の範囲でしょう。しかしながら、本メルマガの読者想定としては異なるものですので、あらかじめミスマッチを防ぐために注意喚起を書かせて頂いております。

控除率25%ほどのギャンブルに取り組む上では、当然のことながら負ける可能性があることを事前に考えておくべきというのが僕のメルマガにおける基本的な考え方です。それを理解した上で、それでも勝ちたい、より知見を深めて大きな馬券を当てたい、自力で穴馬を当てたい、という方にはぜひ読んで頂きたいと思います。

もちろん!配信するからには常に全力、本音を言えば丸乗りして頂いても儲かる予想をしたいと思っておりますし、そのつもりで毎週挑んでおります。

なお、お試し期間ということで初月は無料になっています。現在登録していただくと今月これまでの配信分も含めて届きますのでご安心ください。それでは、興味を持たれた方は、是非以下より読んでみてください。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 





スポンサーリンク


黒船賞から始まり今週は少し長い一週間でしたね。夜になるとまだ寒い…。

さて、フラワーCのことを書いていなかったので3日後ですが、少しだけ触れておきましょう。

といっても注目はもちろんファンディーナ! この馬のデビューから2戦のパフォーマンスはまさに文句なし。大型馬ですが決して不器用でもなく、瞬時に加速ができてレースでの駆け引きにも対応できそうなタイプです。

もしかすると久々にフラワーC組から大物が現れるかも?

というのも今でこそ裏街道的なイメージが強いこのレースですが、一時期は結構な出世レースだったんですよね。

2002年 スマイルトゥモロー →オークス勝利
2004年 ダンスインザムード →桜花賞勝利
2005年 シーザリオ →日米オークス勝利
2006年 ブルーメンブラット →桜花賞勝利 2着 フサイチパンドラ →オークス勝利
2008年 ブラックエンブレム →秋華賞勝利


などなど過去にはそれなりの馬を輩出していて、10年ほど前まではちょっとこのレースがトレンドにすらなりました。

最近はやっぱりチューリップ賞に大物が揃うのですが、それでも2014年のショウナンパンドラや昨年のヴィブロスはここに出走して負けたとは言え、後に秋華賞を制していますし、敗戦組も含めて注目しておいて損はないはずです。

で・・・ファンディーナなんですが、やっぱりこの舞台はディープ産駒にとってはあまりレースがしやすくはないですよね。ただこの馬の場合は大丈夫だとは思うのですが。

いわば女キタサンブラックみたいなタイプなので、たぶん京都→中山替わりも問題なく対応できるはず。プラスとは言いませんが…。

レースぶり次第では一気にクラシック戦線の主役に浮上してくるだけのポテンシャルがあると思うし、この馬の場合は故障リスクも小さい気がするので、ここを勝つようならますます牝馬クラシック路線が面白くなりそうです。

一応て現時点ではこの馬と、ディーパワンサ、デアレガーロ当たりの上位人気勢に注目しております。こちらは結論は月曜朝の予定です。

では、3日間頑張りましょう!

〜PR〜

今週末は阪神大賞典もあります!サトノダイヤモンドが堅いから興味ない??

いやいや、それでも儲ける方法はありますよ!
激走穴馬情報&危険な人気馬情報に注目!

  ■第65回 阪神大賞典(G2)■


自信のペナルティ付き!もし、この
 阪神大賞典を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!


実はこのレースが一番の自信があるというサイトです。
馬連3点予想で確実に儲ける、阪神大賞典予想は無料登録のみでゲットできます。

  →3点勝負買い目を無料公開


天皇賞(春)への重要なステップレースでありスタミナ自慢が揃う阪神大賞典。 過去の勝ち馬には名馬の名がズラリ並んでいるように古馬の超一流が天皇賞(春)を使う前の始動戦として出走するケースが多い。

阪神大賞典を使われた天皇賞(春)出走馬の成績は[1着3頭・2着1頭・3着3頭]と、ここ10年でも5頭が連対し3頭が勝利しているように長距離の前哨戦からも本番に直結するレースと言える。

今年の出走予定メンバーで注目はサトノダイヤモンドだろう。昨年の菊花賞、 有馬記念を制し今年は凱旋門賞を最大目標に逆算ローテを組んでいるのだ。春 は始動戦の阪神大賞典から天皇賞(春)の2戦しか使わぬ予定。昨秋からの成長 度からも今年のGI戦線では主役になる1頭であることは間違いないだろう。

昨年のダービー馬マカヒキや有馬記念で死闘を繰り広げたキタサンブラックは 大阪杯から始動する予定でもあり、ライバル不在のここは陣営としても取りこ ぼせない一戦ではあるが果たして!?

しかしここで注目は、サトノダイヤモンド陣営が恐れる、人気薄確実な激走穴馬の存在を独占!

「本番では足りないからココ勝負」
「今までで一番のデキにある今回は間違いなく走る」


などの勝負情報あり。

一方で、

「あくまでも叩き台だから薦められないよ」

と言い切る陣営の本音まで入手済です。

今回無料登録をして頂いた方々に、

『阪神大賞典の3点情報』


を特別に無料公開することが決定!

情報無料配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するあらゆる要素を加味した上でジャッジし、レース当日の13:30頃の配信となりますのでお楽しみにしてください。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第65回 阪神大賞典(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 阪神大賞典を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!



今回無料登録をして頂いた方々に、

『阪神大賞典の3点情報』


を特別に無料公開!

 →無料登録&3点勝負買い目はこちらから
七騎の会:阪神大賞典728-90



スポンサーリンク

yamamototaro at 23:23│TrackBack(1)clip!2017-展望 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【予想】ファルコンS  [ 208209POG&重賞レース研究所 ]   2017年03月18日 11:10
■2017/03/18(土) 中京11R ファルコンS 芝1400m 外枠に入り人気を落としている◎だが、コース問わずの安定した走りで中心視。 差し競馬では☆が人気を背負うが、相手関係が楽になる〇の方 ...
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索