TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-交流重賞

2017年03月15日

【黒船賞的中御礼!】連日の交流重賞ダイオライト記念2017は”note”で公開 &

☆阪神大賞典 2017 注目馬

サトノダイヤモンドが強いのは当然のこと。この相手関係ならば疑う余地はほぼないか…。仮にそうだとしてもあと2席空いているのが競馬。ならばそこに食い込む一発候補を探すのも悪くはないはず。一応過去5年のうち4度は5番人気以下の中穴クラスが馬券に絡んでいるレース。荒れるとは言わないが、少しずれることはある。

その候補は…この馬!
人気ブログランキングへ

2走前はデムーロ騎手がなぜ京都の長丁場でイマイチなのかを改めて示すような内容だったが、それでもラストは伸びた。前走は明らかに距離不足だったが、ひと脚使った。スタミナだけならメンバー中でも上位。急坂コースもプラス。この馬の長所が生きる舞台は整ったし、現状の充実ぶりなら馬券圏内くらいはあるはず…だ。
----------------------------------------------------------

ようやく春が来たと思ったら意外と連日寒いですね…>< あとひと息。。

さてさて、黒船賞はキッチリ仕留めましたよ〜(・∀・)


スポンサーリンク


〜黒船賞 2017 結果

1着 ○12ブラゾンドゥリス
2着 ◎9キングズガード(2〜3着付け推奨)
3着 △6グレイスフルリープ

3連単 12→9→6 13,830円
20170314黒船賞結果
ブラゾンドゥリスは競馬ノートでも散々書いているように距離やコースよりもとにかく自分のリズムを保てるかどうか…

つまり外枠が良い馬です。

そしてキングズガード。

こちらは一見するとダート1400mベストの追い込み馬でカフジテイクあたりと同じようなカテゴライズをされがちですが、カフジテイクのようにトップギアに入るまでの助走が必要ない馬。

つまり、底力&強敵相手に戦える能力はカフジテイクが断然上位なのですが、小回りへの対応力、地方競馬への適応力を見るとキングズガードが上。

今回地方ダートが懸念材料ではありましたが、キングズガードは自分自身の特徴を上手く生かして、しかしながらやはり脚質的には高知は不利で、という絶妙なバランスが2〜3着付けという結論でした。

これは本日の黒船賞の予想の際に、

「いろいろ考えた末に、確率として、また馬券の組み方としてキングズガードが一番堅実かなという結論。ダート千四は(7552)と超安定条件。地方のダート適性は微妙だが、そこは上手く馬券に反映させて買いたい。

これはあくまでも馬券のパズルなので、交流重賞の予想とは半分は予想であるが、また半分は確率の問題…。

ニシケンモノノフが勝つ確率、ブラゾンドゥリスが連対する確率、キングズガードが好走する確率、でも勝たない確率、とかいろんなことを考えて組み立てて行こうということ」


と書いた通り、予想をする上で非常に重要なポイントでした。

繰り返しになってしまいますが、地方交流重賞は予想をする場であると同時に、馬券のパズルを組み立てる場所でもあります。そしてイメージの中で組み立てたパズルの中で確率と妙味の高いところを選んで、そこをベースに3連単を重ねて行く…というのが僕の基本的な考え方。

もちろん能力と適性比較である予想がきちんとハマり、さらにパズルもキレイに収まるのであればそれは文句なしですが、そういうことはなかなかないでしょう。

馬券はお金を賭けるというある種究極のリアリズムを体現する場であって、まして(競走ではなく)競争の原理からすれば明らかにおかしい地方交流という仕組みに挑むのならば、予想で当てようとするよりも別の視点から取り組んだ方が結果が出るのでは……。

これが僕が一貫して交流重賞に臨む際に意識していることです。

もちろん当然予想は大事ですが、予想をどう回収率に反映させて行くかという取り組みがさらに大事になります。

結果として、2015〜2016年は高回収率を維持できたので、現時点ではこのスタンスを継続していきます。

そして、2017年も本日の的中でようやく良い数字になってきました!

【2017年交流重賞の旅・成績】

5戦2勝 的中率 40.0% 回収率 190.6%
購入 50,000円 払戻 95,280円 収支 +45,280円



さぁ、水曜日も決めたいですね。

3月15日(水)は連日の交流重賞、今度は船橋競馬場でダイオライト記念が行われます。
こちらは既にお知らせした通り、note での配信といたします。

※途中まで読めます。

▽こちらから
TAROの競馬/note版〜交流重賞の旅2017第6章・ダイオライト記念〜

(新規の方はnoteへの登録が必要です)。


そういえば森野がオープン戦未だに打率.000 そろそろ深刻にヤバいですね…。

スポンサーリンク

yamamototaro at 00:11│TrackBack(0)clip!2017-交流重賞 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索