TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-重賞予想

2017年05月14日

【ヴィクトリアマイル 2017 予想】〜ハイレベル阪神牝馬Sで好内容のアノ馬を狙い撃つ!〜

本記事ではヴィクトリアマイル2017の予想を書きます。

昨日の京王杯スプリングカップ他東京競馬場の芝コースは軒並み外枠有利。内枠の馬は泥を被り真っ黒になっていました。

クラレントなんかはまさに外枠恩恵があっての激走で、道悪が得意なことと道悪で走ること、道悪が苦手なことと道悪で走らないことがあまり因果関係がないということを証明する典型的なレースでした。

今回でいえば例えばミッキークイーンはヴィクトリアマイルなら多少道悪、渋った馬場の方が良いかもしれませんが、ココが仮にオークスやエリザベス女王杯ならば良馬場に越したことはないでしょう。道悪の巧拙と道悪でその馬を買うかどうかは少し違うということです。

もっとも日曜日は雨も上がる予報。さて、その上でどうするか、じっくり考えて結論を出しましょう。

それでは早速ですがヴィクトリアマイルの結論へ…。

本も引き続き好評発売中!

そして本日の競馬ノートでは勝負レース3発配信です!

購読と同時に届きます!
競馬ノート@ガラケー版の購読はコチラ
競馬ノート@PC&スマホ版の購読はコチラ

共によろしくお願いいたします!

下記の本回収率を上げる競馬脳の作り方には、僕(TARO)の競馬に対する取り組み方、考え方などが書いてあります。是非馬券のお供にして下さい。

※メルマガや本を読めば買う馬がすぐにわかるというものではありません。最低限の読解力と前向きな気持ち、自分から情報を得ようとする生活習慣、そして投資などではなく競馬を楽しむという気持ちのある方向きです。ただたくさん売ることだけを考えれば 「誰でも読んでください!」 と言うべきですが、ミスマッチを防ぐための事前告知としてご理解いただければ幸いです。


競馬本としては異例の1万部突破!(3刷突入!)

↓よろしくお願いいたします。

回収率を上げる競馬脳の作り方 (扶桑社新書)  


予想へ行くぞーーーーーーー!!!!!!!!!!((^O^))



スポンサーリンク


ヴィクトリアマイル2017の予想へ行きます。

【ヴィクトリアマイル】


大きなポイントは2つ。

1つは現在の牝馬路線の新陳代謝があまり起こっておらず上位勢の層があまり厚くないこと。本来主役を担うべき、明け4歳勢のクラシック路線の主役たちはほとんどが引退してしまい、メジャーエンブレムもシンハライトもジュエラーもいない。そのためにミッキークイーン、ルージュバック、レッツゴードンキといった一昨年の牝馬クラシックの主役たちがスライド式に主役を務めているが、全体の層としては厚くはない。

もう1つは展開。どう見ても先行勢が少なく、今年はスローペース濃厚だろう。かつては本格派のコースとして知られた東京芝千六も、近年はしばしばスローによる前残りが頻発している。昨年の安田記念は最たる例で、結局モーリスはロゴタイプを捕えることができなかった。

そう考えると人気のミッキークイーンにも死角はある。不発の少ないタイプではあるが、エリザベス女王杯〜有馬記念と歩んできた本格派で、牝馬同士のマイルのスローとなると果たして?

前走にしても4角でズブさを見せており、結果的にタフな馬場でマイルとしては直線スピードとスタミナを問われるこの馬向きの流れになったから差し切れたが、立ち回り優勢のマイル戦になるとどうかという懸念はある。

嫌う必要はまったくないが、例えば伏兵を狙う場合の相手として、「3着は外さないだろう」というような逃げの予想をすると、せっかく本命馬が走ったのに「信頼したミッキークイーンが…」ということになりかねない。もし伏兵から入るならば、”逃げの2頭軸”は、せっかく伏兵を見つけることができたのに馬券に生かせず終い、という事態を引き起こす可能性があることだけは考えておきたい。多少ともミッキークイーン不発の可能性も考えておきたい一戦だ。

ジュールポレールを狙いたい。阪神牝馬ステークスが直線スピードとスタミナを問われた一戦と書いたが、その恩恵を受けたのがミッキークイーンならば、その不利を被ったのはこの馬、ジュールポレールだろう。先行して速い上がりを使って突き放せる本馬にとって、前走はいわば「適性外」の一戦。初の重賞挑戦&牝馬限定戦としては豪華メンバーが揃ったレースで、苦しい条件ながらも崩れなかった3着は、むしろ今後への可能性を広げたレースと言えるだろう。

今度はスロー濃厚。土曜には外からの差しがビシバシ決まったとはいえ、恐らく日曜は乾いて来る可能性が高い。内有利とまでは行かなくても、普通の馬場になれば前走内容から十分逆転まで可能と見る。前走戦った相手を逆転できるならば、今年の相手関係ならば勝機十分。先行策からの押し切りに期待したい。

相手筆頭にはクイーンズリングを抜擢する。この馬も前走の阪神牝馬ステークスで先行して失速組。馬場の悪い中の内枠で、位置取りも予定外、度外視OKだろう。今度は自分のリズムで運べそうだし、巻き返しへの期待は大きい。

ミッキークイーンも能力上位は明らかで3番手からは落とせない。

レッツゴードンキは昨日の雨、荒れ馬場が追い風。外枠もプラスで上手く流れに乗れれば有力だろう。

アドマイヤリード、ルージュバック、スマートレイアーまで奇をてらうレースではないだろうが、伏兵ならば最内アットザシーサイド、外枠クリノラホールか。どちらもハマれば通用する能力はある…かも。アットザシーサイドはターコイズSの内容とハマれば…の最内枠、クリノラホールは重賞挑戦後まともな競馬できておらず、一縷の望みに賭けてみたい。

◎ジュールポレール
○クイーンズリング

▲ミッキークイーン
☆レッツゴードンキ
△アドマイヤリード
△ルージュバック
△スマートレイアー
△アットザシーサイド…穴推奨
△クリノラホール…穴推奨


スポンサーリンク

yamamototaro at 09:11│TrackBack(0)clip!2017-重賞予想 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索