TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-全馬診断

2017年05月18日

オークス 2017 出走予定馬全馬診断/後編〜レーヌミノルは能力だけならトップクラス〜

本記事では今週末のオークス2017の予想へ向けて、出走予定馬診断…後編!

今日はフローレスマジック/ホウオウパフューム/リスグラシュー/レーヌミノルなどなどについて書きます。

さて、2017年のオークスの話に移る前に…野球の愚痴?を少しだけ。

それにしてもですよ、中日はわざと負けてるのかと思ってしまいました(苦笑) 悲しいかな、もはや負けることに慣れてしまった。本当に強いときはどんな予定でも覆して帰宅して野球スタンバイしていたんですが、最近はそんなことも遠い過去となり、普通に帰宅して結果を知った上でお風呂で必要なところ(得点シーンとか)だけ観るって感じです。

阪神の桑原っていう投手は初めてきちんと観ましたが良い投手ですね。150キロを普通に超えて来る割にストレートの軌道が良い意味でキレイじゃない。いわゆる動くボール? というより小さなスライダーみたいな動きしますね。球威もあって低めにボールも集まるから今のデキなら大きく崩れることはなさそうですね。マテオにドリスに、左は高橋アキフミ(涙)がいますし、安定した戦いぶりも頷けます。甲子園だと頑張って1勝2敗、最悪3連敗が相場ですかね。弱いって悲しい。

 ↓先日食べたラーメンが美味しかったです(^O^)/
image

それでは、オークス2017の予想へ向けて出走馬全馬診断の続きです。



スポンサーリンク


〜オークス 2017 出走予定馬全馬診断・後編

フローレスマジック(戸崎)
→新馬戦で2着に敗れた際に、競馬ノートにおいて、

「結果的には断然人気を裏切る形となったが、今回はルメールが下手に乗ったのが敗因。好スタートからすっと折り合って運べたようにレースセンスは高く、直線追われてからの伸びにも見所があった。ただ直線は進路がいまいち開かず結果的に不利な内側に入ったことで伸びきれず、未勝利なら明らかに力上位は示したので、次走は人気必至でもほぼ勝てるだろう。また走りを見る限り距離にも融通が利きそうで、どちらかといえば中距離向き。多少時間は掛かるとしても先々は重賞戦線に乗って来れそうだ」


と書いた通りデビュー当初から中長距離への適性の高さと重賞級の能力を見せていた馬。なかなか歯がゆいレースが続くが、素質開花の舞台としては申し分のない条件が揃った。

ホウオウパフューム(松岡)
→前走はスローにハマった形でいかにもハーツクライ産駒らしい人気での不発だった。寒竹賞の内容からそれなりの能力と長丁場への適性はありそうだし、今回人気急落のタイミングは怖いといえば怖い。ジッとしていればハマる可能性も。ただ、松岡騎手がやたら強気なのは気掛かり。あまり強気に動くと持ち味は生きないか。

マナローラ(蛯名)

→スタミナはありそうだが一気の相手強化。さすがにココは善戦までか。

ミスパンテール(四位)
→チューリップ賞はややハマった面もあったように思う。前走は2走ボケかもしれないが、距離延びて良いタイプとも思えず、もう少し長い目で見たい。今回は苦戦では。ただレベル高いチューリップ賞で2着した実績はなんだかんだ見るべきものはあるので、人気があまりにもなければ押さえくらいには加えても良いかもしれない。

モズカッチャン(和田)
→前走は内枠を引いてどこまでやれるか…と全馬診断で書いた気がするが、終わってみれば追われてグイグイ伸びて差し切り勝ち。内枠に恵まれた面はあったが、ハービンジャー産駒らしい追っての良さがあり距離延長自体はプラスになる可能性も。ゴール前はまだ余力ありにも見えたし、再度人気が内容ならば一発に注意したい。

モーヴサファイア(北村友)
→ジリ脚タイプで距離延長は良いかもしれないが、さすがにいきなり久々がG1となると…。

ヤマカツグレース(横山典)
→この馬が前走は一番恵まれたように思う。距離に融通が利くのは半兄ヤマカツエース同様で、この馬も今後長い目で見れば成長してきそうだが、現状はやや厳しい印象。

リスグラシュー(武豊)
→阪神JFで2着した際に、競馬ノートでは以下のように…

「素直に見れば「出遅れたのによく追い込んだ」ということになるが、ややスケールという点では劣る感じも? 勝ち馬とは差を感じた内容で、伸びしろにはやや疑問も残る。クラシックで好勝負にはなるが、勝ち切れるイメージはあまりわかない。今後思ったほど成長しない可能性も少しは考えておきたい」


と書いた通り、その頃から見解は変わっていない。それなりの力はあるが勝ち切るところまで行けるかというと…というタイプ。ただ前走ズブさも見せており距離延長自体は問題なさそう。安定の3着内候補という感じか。もっとも人気自体もそんな感じになりそうで、取り立てて珍しい考えでもなく改めて書くことでもないが…。とりあえず相手には買う。ただ、感覚的には前走が買いどころだった気もしなくもない。

レーヌミノル(池添)

→正直この馬が一番迷っている。前走の桜花賞を終えた後に競馬ノートには…

「スタートを決めて好位から抜け出し完勝。これまではペースに恵まれないレースが続いたが地力の高さは示しており、大一番で持ち味を最高に発揮して有力各馬を一蹴、池添騎手の勝負勘も光った一戦だった。距離はこれくらいが限界でオークスとなると厳しいかもしれないが、NHKマイルCならば有力。出走となれば12年ぶりの変則2冠(ラインクラフト以来)に期待が掛かる。先々は千四以下で活躍するスプリンターだろう。能力は高く、今後も長く活躍しそうだ」


と書いた通りNHKマイルCなら勝ち負け、オークスだと…? と考えていたのだが、ココに来て迷いが出てきているのも事実。折り合いに不安があるタイプではなく、枠順に恵まれたとはいえ前走は完勝と言える内容。なんだかんだ溜める競馬もできるし、アイムユアーズが4着に来れるくらいだし…。

煮え切らない書き方になってしまって申し訳ありません。

レーヌミノルの扱いについては本当に迷っています。素質だけならメンバーの中でもフローレスマジックと並んでトップの2頭だとは思うのですが…。

〜PR〜

ヤバいサイトをご紹介します!

このサイトはとにかく無料公開レースがめちゃくちゃ当たります。

先週も見事、土曜京都10Rで、馬連1,370円 3連単17,150円 を本線的中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できる無料企画!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  オークス(GI)・鉄板3点勝負


 ソウルスターリングが絡んでも
3点で30倍を狙える理由を特別無料配信!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

  →オークスの3点勝負を見る方法!
ホースメン会議:オークス300_250


スポンサーリンク

yamamototaro at 16:16│TrackBack(0)clip!2017-全馬診断 

トラックバックURL

TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索