TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-予想前夜

2017年06月16日

ユニコーンステークス展望&整備が必要な3歳ダート路線の話

先週末は午前中の狙い馬も多数走りました。

◎6アドマイヤアロー(4/1着)単勝 850円 複勝 210円
◎7コイヲダキシメヨウ(6/1着)単勝 1,140円 複勝 350円

などなど…

コイヲダキシメヨウあたりは、僕の競馬ノートを読んでいれば間違いなく本命にできる馬でした。

コイヲダキシメヨウ

20170611東京4R
   馬連 7−14 5,500円

詳細な回顧、また毎週平日にお送りしている狙い馬や穴馬などは競馬ノートですべてチェックできます。もちろん今週末の渾身の東西重賞予想他もすべて競馬ノートでは余すことなくお送りします。ブログを読んで興味を持たれた方は是非、競馬ノートも読んでみてください。最初のひと月は無料です。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


※ハズレることの方が多いのが競馬予想です。ただ丸乗りして儲けたい、お金を増やしたいという方には向かない可能性が高いのでご注意ください。

最近、

「週半ばの展望や全馬診断は辞めたんですか?」

と聞かれたのですが、そんなことはありません!

ただ、週半ばからいろいろ考えた方が良いレースとあまり先入観を持たずに臨みたいレースとがあって、後者の場合はあまり具体的な予想などは考えずに週末に臨むルーティンにしています。前まではなんとなくブログの更新を保つために書いていたのですが、そこら辺は優先順位として、当てることが大事ということでご理解を。

宝塚記念は久々に全馬診断とかも書く予定なのでどうぞお楽しみにお待ち頂ければ。

(全馬って10頭くらいだろっていうツッコミはさておき…)


ところで今週末、日曜日の東京・青梅特別が例によってもの凄い好メンバーです。藤田菜七子騎手のコパノアラジンも楽しみですが…


例によって……

というのは毎年のようにユニコーンS除外組がこちらに回って好メンバーになるのが青梅特別。もちろん良い馬が揃うことは競馬にとっては素晴らしいことなのですが、こと青梅特別に限っては諸手を挙げて喜んで良いのかどうなのか…


スポンサーリンク


先週末は陣営の懸命な努力も報われずエピカリスの遠征が残念なことになってしまいましたが、青梅特別の好メンバーにしても、UAEダービーや米国3冠への積極的な遠征にしても、背景には3歳ダート路線の整備が遅々として進まない現状があると思うんですよね。

芝路線はこれだけ2歳から重賞が増えて(増えすぎて)いるにもかかわらず、ダートの世代限定JRA重賞は今週末のユニコーンSだけ。地方との兼ね合いや芝クラシック路線の充実などいろいろ理由はあるにしても、もう少しダート馬の目標になるようなビッグレースがあっても良いでしょう。

いっそのこと、ユニコーンSをG2に昇格させてダービーDAYに持って行きトリプル重賞にするとか、そういう大胆な試みに期待したいところです。JRAは現状目先の売り上げを確保することに躍起になっていますが、比較的経済状況も競馬を取り巻く状況も良い今だからこそ新しい試みを…と強く思いますよね。

社会情勢を見れば競馬の売り上げ回復基調もあと3〜5年続くかどうか。新たな一手は良い時にこそ打つべきなのですよ。

閑話休題、そのユニコーンSをあまり考えなかったのは抽選待ちの馬が多すぎてまだ考えるに及ばない状況だったからってのもあります。

出走馬が決まったので注目馬を挙げておきましょう。

現時点では…

サンライズの2頭、特に人気を考えるとサンライズノヴァでしょうか。

大型馬で安定した能力発揮の叶わないタイプではありますが、広いコースに替わるのはプラスでしょう。あとはスムーズに走れるかどうかですが、4枠8番は許容範囲。戸崎騎手とも手が合いそうな気がします。

人気になるであろうリエノテソーロはちょっと中間の乗り替わりを巡る一件で少しミソを付けた感じもありますし(本当のところはわかりませんが、普通はあり得ないスイッチでしょう)、2枠4番も良いとは言えない気がします。

人気次第では、

「危険な人気馬がいるレースは勝負すべきレース」

というセオリーに則って、少し突っ込んでみたいレースになるかもしれません。

危険な人気馬については『競馬研究所2』にて少しお話しました。亀谷さんとの対談形式です。※しれっと宣伝(笑)