TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-全馬診断

2017年09月14日

【セントライト記念2017】1週前予想+出走予定馬全馬診断・後編〜セダブリランテス回避、ダービー上位勢離脱で菊花賞戦線異状アリ〜

セントライト記念 2017 予想オッズでも1番人気確実だったセダブリランテスが回避するとのこと。


本番には今のままなら間に合うかもしれないが、それはそれとしても菊花賞戦線もかなり混沌としてきた。

日本ダービー上位勢が出て来れなそう。

1着 レイデオロ → 菊花賞には向かわず
2着 スワーヴリチャード → まだ復帰のめど立たず
3着 アドミラブル → 故障離脱


アドミラブルに関しては競馬ノートのダービー回顧号で、

この馬の場合は無事に行くかどうかもカギになりそうだが、現状不器用さも目立つだけに今後は差し損ねも増えそうだ」(第964号 2017/05/30)

と記載したように故障リスクがありそうな走り方だったが、まさかその他の馬たちもここまで故障が出るとは…。

状況がかなり変わりつつある中、全馬診断の後編。

image



スポンサーリンク


セントライト記念 出走予定馬全馬診断〜後編〜

A=有力 B=伏兵 C=押さえ D=苦戦

ストロングレヴィル C

→条件自体は合いそうだが、さすがに一気の相手強化で楽ではない。持ち味のしぶとさと適性を生かしてどこまでやれるか。

セダブリランテス A(※回避)
→無敗の重賞ウィナーということでかなり人気を集めそうだが、同様のローテで臨んだ10年前のロックドゥカンブあたりと比べると距離延長に一抹の不安もありそう。馬力はあるので急坂コースは問題ないが、前半をスムーズに運べるかがカギになるか…。もっとも馬券的なことを言えばここを無敗で突破して菊花賞で人気になって……というような邪な気持ちもあるが、あまりそういうことを考えると目の前のレースの予想をする上ではよろしくないので考えないことにしている…。←考えてる

チャロネグロ(※回避)
→中山で2勝を挙げているようにコース適性は間違いないがいずれも田辺騎手の好騎乗ありきの印象も強い。相手も強く、今回は苦戦か。

ブラックギムレット(※回避)
→抽選対象。不器用なタイプだが末脚に見どころあり。パワータイプ。たださすがに相手強い。

ブラックロード ※これから観る
→まだレース映像を観ていないので判断が付きませんが、馬柱を見る限りは厳しそう。これから映像を見て改めて判断をします。血統的にはなかなかチャレンジングな配合で面白い馬。(ロベルトの3×3にサンデーを介したヘイルトゥリーズンの多重クロス。

プラチナヴォイス D
→多少力む面があり2200mは少し長いかも。重賞実績はあるが適性面で疑問も。休養を挟んで気性面の成長がどこまであるか。

ミッキースワロー A

→元来叩き良化型に加えて前走は完全に脚を余した。未勝利時から将来性を感じさせた馬で、距離延長の今回は一変の余地あり。菊沢厩舎が全幅の信頼を置く横山典騎手とのコンビ(アエロリットと同じ)でもあり、ココは一発注意。

ロードアルバータ B
→ディープ産駒ながらズブさがあり追ってグイグイ伸びるタイプ。その点からも中山の長丁場は合いそうだ。今年の相手関係ならばやれても良さそう。母系も中山の中距離は得意。

ローリングタワー C

→持久力あり長くいい脚を使えるタイプで距離延長はプラスになりそう。長くいい脚を使えるタイプで上がりが掛かった方が良いので道悪になれば面白そう。

以上。

回避馬も出たので状況が少し変わる可能性がありますので出走馬に関しては必ず最新情報をチェックしてください。

こうなってくるとどの馬がどうとも言いづらくなるが、メンバーも手薄になり伏兵勢のチャンスは当然広がりそう。

▽狙いたい穴馬。

中央競馬ランキング

芝2400mで2勝を挙げているようにスタミナ面の課題はない。多少の道悪なら問題なさそうだし、この相手関係なら一撃に期待できそうだ。

〜PR〜

□■□■□■□■□■□■□■□■□

    昨年のローズSでも
  ◎−穴で7430円的中をお届け!

    第35回 ローズS(G2)

   先着100名様限定!
  重賞特捜部が好配当を狙う
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

オークスを完勝し、世代トップの座に就いたソウルスターリングは、秋の盾を目指すことになり、3歳牝馬路線は王者空位の状況に。そんな中、秋華賞を目指す強豪達の多くが、西の前哨戦・ローズSへと集結。秋華賞、エリザベス女王杯といった牝馬GI戦線を占う上では、非常に注目の1戦となった。

そのメンバーは、桜花賞馬レーヌミノル、牝馬ながら皐月賞で1番人気の支持を集めたファンディーナを始め、アドマイヤミヤビ、モズカッチャン、リスグラシューといったGI好走馬など、春の実績馬がズラリと顔を揃えている。もちろん、夏の上がり馬の存在も無視はできず、前哨戦であるが故、このレースへ向けた”各陣営の思惑”がバラバラであることは言うまでもない。

例えば、秋華賞へ向けて、既に賞金を十分に持っている実績馬は、無理にココで勝ち負けする必要もないため“叩き台”や“試走”に過ぎないことはよくある。逆に秋華賞のボーダーにいる馬であれば「何としても権利が欲しい」と、本番ではなく“ココがメイチ”という場合も。これはあくまでも例示であり、実際には、各陣営の複雑な思惑が渦巻いているのだ。

当社シンクタンクは、昨年も11番人気馬クロコスミア(2着)の激走情報を入手し、馬連7430円的中をお届け。今年も同様に人気の盲点となるであろう伏兵の存在をマーク済みだ。今週は、ローズSの馬券を買うつもりならば絶対に知っておいた方がいい【ローズS・穴の1点馬券】の情報を、シンクタンクを初めてご利用頂く先着100名様に限り、特別無料公開。重ね重ねにはなるが、ローズSの馬券を買うつもりならば、この情報は絶対に見逃さないほうがいいだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    昨年のローズSでも
  ◎−穴で7430円的中をお届け!

    第35回 ローズS(G2)

   先着100名様限定!
  重賞特捜部が好配当を狙う
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!
 
↓こちらから
シンクタンク:ローズS300_250


スポンサーリンク

yamamototaro at 12:12│clip!2017-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索