TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-重賞予想

2017年10月15日

【秋華賞 2017 予想】〜世代最強証明!ラスト1冠で巻き返す●●●●●●●〜

本記事では秋華賞 2017 の予想を掲載します。

〜日曜日のガチ馬(`・ω・´)@東京11R オクトーバーS〜

昨日のガチ馬は間に合わずツイッター掲載しましたが、京都最終のヴェンジェンスがギリギリ3着確保という微妙な結果に…。何はともあれ、確実に3着までに来る馬を指名するガチ馬。今日は…

※ガチ馬とは……平たく言えば”ガチガチの馬”つまり”堅い馬”。確実に3着以内には来れるような馬を1日1頭推奨します。ネーミングはかつてJRAとAKB48のコラボで行われていた企画から。

【東京11R オクトーバーS】

日曜のガチ馬→前走も狙ったのだが、スタートで出負けした上に1〜2コーナーで致命的な不利を受けまったく流れに乗れないまま万事休す。能力的には重賞でも勝ち負けできる馬で、この程度の相手のOP特別なら力上位。東京コースも問題なく、例え道悪になってもまったく問題ないだろう。勝ち負け濃厚。

 ↓狙いはこの馬→ 人気ブログランキングへ

※お手数ですがよろしくお願いします…m(__)m

おはようございます!
いよいよ秋華賞。秋G1もここから本格化します。1999年まで、かつては秋華賞が秋G1の開幕戦で、未だにそのイメージが強く、このレースが来るといよいよ始まる…ということでワクワクします。

そしてこのときのCMのワクワク感!


好きだったなぁ。このとき高校生だったのですが、電車の中でまったく競馬とか興味なさそうな女子高生が、

「競馬〜競馬〜♪」

って歌っていたのを覚えています(笑)

まだキムタクがSMAPだったころです(当たり前)。

ブゼンキャンドル〜クロックワーク。忘れられない。

個人的には初現地秋華賞となったファインモーション、そして3冠すべて本命にしたスティルインラブなど現地観戦も忘れられず。

ファインモーションは本当に強かった。たぶん100回やっても全部勝っただろうと思えるくらい。その後の成績が微妙だったことと繁殖としてダメだったので印象が薄れていますが、間違いなく21世紀を彩る名牝の一頭でしょう。

今年もここから名牝の物語が始まることを信じて、期待して、秋華賞2017の予想へ。

なお、本日はWIN5対象全レースを予想を敢行しています!競馬ノートで配信しているので興味のある方は是非購読してください。購読開始と同時に全レースの予想が届きます。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 




スポンサーリンク


【秋華賞】

春の主役・ソウルスターリングが天皇賞(秋)路線に向かい、より一層混戦に拍車がかかった今年の秋華賞。ポイントはローズSだろう。

昨年こそ重賞昇格効果で紫苑S組がワンツーを決めたが、その背景にはローズS勝利のシンハライト離脱もあったか。今年は昨年に比べると紫苑S組のレベルは高くなく、本番で好勝負級の素材がズラリと揃ったのがローズSだった。

ただし問題はその中身。ローズSは阪神芝1800m外回り、秋華賞は京都芝2000m内回り、この違いは思いのほか大きく、過去10年で連勝を決めたのはダイワスカーレット&ジェンティルドンナのみ。誰もが認める歴史的名牝だった。

まして今年のローズSは厳しい流れになり末脚比べ。結果として差し馬が台頭。中京芝1600mを勝ち上がって来たラビットラン、ミリッサが1・4着。カワキタエンカ、リスグラシュ―、メイショウオワラなどいずれも実績の大半が外回りや直線の長いコースというタイプが上位を占め、立ち回り型、つまり秋華賞に向く馬にはまったく向かない流れになった。

今年と似たような結果だったのが2013年。厳しい流れのローズSで台頭したのはデニムアンドルビー以下差し追い込み勢。秋華賞はどうなったか? ローズS1着のデニムアンドルビーが人気で4着に敗れた他、1〜3着馬が馬券に絡めず、4着メイショウマンボ、そして最下位のリラコサージュが巻き返した。今年も再現があるとみる。

ローズSのレベルが高い。ただし着順はアテにならない。

本命はファンディーナ。ローズSは久々の影響もあり6着に敗れたが、厳しい流れを外から追い掛け前を捕まえに行く厳しい競馬ながら6着に粘ったのは地力だろう。皐月賞は牝馬にとっては過酷な競馬で負けて強しの7着、ローズSも同様に6着、デビューから3連勝の後、一見すると壁に当たったようにも見えるが、その中身は不向きなレースで厳しい流れに巻き込まれたものだった。

そうなればデビューからの圧倒的な内容だった3連勝がを改めて見直したい。いずれも楽勝で、大型馬ながら柔らかい走りは立ち回り勝負向き。急坂よりも平坦となる京都内回りは3冠の中ではベスト条件だろう。やや外寄りの枠になったが、雨が降る可能性もある日曜の京都。カワキタエンカ、アエロリット辺りを行かせて縦長の展開になれば特別不利な枠ということもないだろう。最後の1冠で素質が開花するとみる。

対抗にはモズカッチャン。本命馬同様にローズSでは厳しい流れを追い掛ける形で失速。元来が叩き良化型で、コーナー4回の2000m戦に変わるのも大きなプラスだろう。枠も絶好のところを引けた。

ディアドラが3番手。紫苑S組の中では唯一好勝負に期待できるのがこの馬だろうか。前走は力でねじ伏せ、地力での勝利。オークスの内容を見ても格負けすることはなく、前がやり合うような流れになればチャンスは広がる。

安定のリスグラシューが4番手。本質的には瞬発力型ではなく、内回りへの対応は問題ない。あとはスムーズに捌けるかどうかだけ。

問題は人気のアエロリットだが、前走の逃げ切りがやや気掛かり。もともとフィリーズレビューあたりでは千四巧者の印象が強く、NHKマイルCも勝ったとはいえ道中掛かり通し。千八延長のクイーンSはいわば「目の前の果実を取りに行った競馬」で、それはそれで間違いではないのだが、手の内を明かしてしまったことは本番に向けては割引だろう。カワキタエンカとの兼ね合いも難しく、特別内有利と言えるわけでもない秋華賞でこの枠順が特別良いとも思えない。それでもG1で怖い鞍上も込みで押さえたが、今回はやや危険な人気馬と見る。

それならば、一撃期待したいのはこの2頭。
人気ブログランキングへ

前者はもともと桜花賞を制したように能力的には世代屈指のものがある。オークスはさすがに距離が長かったようだが、前走は距離よりも久々と展開だろう。内回りに変わるのはプラスで、2000mならこなせてもおかしくない。

後者はまったく人気ないが、戦績的には4年前に大穴をあけたリラコサージュに極めて近く、血統的にも秋華賞で怖いディープ産駒。穴をあけるには好枠を引けたし、内回りに強い鞍上も込みで狙ってみたい。

あとは判断が難しいが、厳しい流れをよく粘ったローズSを素直に評価してカワキタエンカを押さえたい。

◎ファンディーナ
○モズカッチャン

▲ディアドラ
☆リスグラシュー
人気ブログランキングへ…穴推奨
人気ブログランキングへ…穴推奨
△カワキタエンカ
△アエロリット

〜重賞の買い目などフル予想は競馬ノートで〜

TAROの競馬における重賞予想の最終的な買い方・推奨券種については、『競馬ノート』をご覧ください。

TAROの競馬では、重賞の実際の馬券&買い方に関しては『TAROの競馬ノート』にて詳細を配信しています。現代競馬は予想を生かすも殺すも"買い方次第"の側面もあり、場合によっては「◎○▲」で決着してもハズレている場合もありますし、一方で◎が馬券圏外でも的中している場合があります。その基準に関しては競馬ノートでの 『【馬 券】』 のコーナーの記述に則っております。

競馬ノートは月額制のメルマガですが、「1,620円(税込)/月」にてすべての重賞予想&買い方、また次走の狙い馬や重賞の詳細回顧、ブログではまったく公開しない勝負馬や勝負レースを余すことなく配信してます。

既に2012年から5年以上にわたり多くの方に支持して頂いている競馬ノート。是非ブログ 『TAROの競馬』 とともにお読み頂ければ幸いです。

競馬の有料サービスはちょっと…という方も競馬ノートはその値段と、読み物としての面白さもあり広く支持をして頂いています。

丸乗りして儲けたい!
馬券で家を建てたい!


というような考え方の方には合わない(その考え化を否定はしません)と思いますが、

・お小遣いの中で馬券を買うが、少しでも回収率を上げたい
・大金を使わなくても大きな馬券を当てたい
・自分の力で予想をして穴馬券をゲットできるようになりたい
・予想や回顧の方法、知識、見識を広げたい
・馬券の買い方をさらに磨きたい
・競馬の見方を広げ、もっと競馬を楽しみたい
・生涯の趣味として競馬を楽しみ、同時にたくさん当てたい
・とりあえずどんなものか読んでみたい


という方は最初のひと月は無料で読めるので、是非以下のリンクより読んでみてください。

本日は秋華賞に加えてWIN5対象全レースを配信!既に配信済みですので、購読開始と同時に予想が届きます。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート

スポンサーリンク

yamamototaro at 09:34│clip!2017-重賞予想 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索