TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-全馬診断

2017年10月17日

菊花賞2017 予想へ向けての出走馬診断/前編〜キセキで挑むG1ハンターデムーロも、淀長丁場では平凡なジョッキー疑惑〜

今回は菊花賞2017の予想オッズ&全馬診断を書いていきます。出走予定馬は今年は18頭。17頭が確定で、残るひと枠をアドマイヤウイナー他が狭き抽選突破を願う形。

それにしても天気が悪いですね。そして寒い。久々に火曜日、本日は晴れ間もわずかに見えましたが、それも一瞬。基本的に情緒安定(昔はともかく)、めったなことではあまり不安定にならない方ですが、太陽の光がこれだけ当たらない日々が続くと少し気分が落ちてきますね。人間にとって日の光にあたることがどれだけ大切かということを考えさせらえる日々です。さらに台風も接近しているみたいで、週末淀の天候が気になるところです。

青空を観たい。
DSC01860

期日前投票に行って参りました。最近は情勢調査、世論調査の精度がかなり上がっており、事前の調査から大きく乖離した結果にはならないのが常で、今回も恐らく報道されているような結果になるのでしょうか。それでも我が選挙区は結構注目度が高くて、自民党候補vs旧民進党から立憲民主党に籍を移した候補vs希望の新人という構図。

東京の中では確か前回は唯一選挙区で民主党(旧)が議席を守った選挙区ですが、それはさておき、この希望の新人というのがいかにも急ごしらえ感満載で、いわくつきの人物でもあります。身体検査をしたのかと言いたくなるような(苦笑)。希望というよりは無謀でしかなかったか…。

さて、久々に全馬診断を書きます。菊花賞。ラスト1冠。ダービーの1〜3着馬が不在。かねてから低レベルと言われた路線がさらに混迷を深めています。

〜菊花賞 2017 予想オッズ

1番人気 ミッキースワロー 4.0倍
2番人気 キセキ 5.1倍
3番人気 アルアイン 5.4倍
4番人気 サトノアーサー 8.0倍
5番人気 ダンビュライト 9.1倍
6番人気 サトノクロニクル 11.5倍
7番人気 トリコロールブルー 15.0倍


上位はこんな感じでしょうか。いずれにしても混戦模様。

〜最終結論&推奨馬券は競馬ノートで〜

菊花賞はG1なのでいつも通りブログにもフル予想を書きますが、最終的な馬券も含めた買い目までは競馬ノートをご覧下さい。現時点での今週末の配信予定です。

土曜日→ ブログでは富士ステークスの本命馬&室町ステークスを公開予定
日曜日→ 菊花賞を公開予定


すべてのフル予想、さらに勝負レースなどは競馬ノートにてお送りします。良かったら是非読んでください。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


スポンサーリンク


〜菊花賞 2017 出走予定馬全馬診断/前編

アダムバローズ(池添)
→既に4勝は出走馬の中でもアルアインと並んで最多タイだがそのほとんどはスローの立ち回り戦で相手関係にも恵まれたモノ。さすがにG1で、しかも3000m級で同行できるほどの力はないか。忘れたころにローカルG3あたりで一撃…を待ちたい。

アルアイン(ルメール)
→前走は皐月賞馬として恥ずかしくない程度の2着確保ではあったが、パワー型のこの馬にとって中山コースが向いていたということもありそう。さらなる伸びしろや期待感を持たせるような内容でもなかった。ここまでの重賞2勝はいずれも阪神、中山と急坂コースで、ディープ産駒としてはパワーに偏ったタイプ。果たして淀の長丁場でどれだけ力を出し切れるかは未知数だろう。同様に距離が不安視されたエアスピネルが昨年3着に来ているだけにまったくダメとまでは言わないが、先週の雨、また今週の不安定な天気から昨年より馬場状態が悪くなりそうな今年の菊花賞。なんだかんだスタミナを問われると果たしてどこまでやれるか。

ウインガナドル(津村)
→古馬相手の裏街道を歩んで来て比較が難しいが、ラジオNIKKEI賞、新潟記念ともにスローに持ち込んでの逃げ粘り。菊花賞は逃げ馬受難のレースだけに…。

キセキ(デムーロ)
→前走は初の一線級相手の競馬だったが最後はキッチリ伸びて来て力のあるところを見せた。今夏最大の上がり馬、既成勢力が大したことない以上は当然注目だが不安も多い。不安その1は距離延長。大跳びで長丁場自体はこなせそうだが、器用さが致命的にないのと、新潟の2000mで32秒台を記録しているように本質的には末脚の生きる中距離向きという感じ。不安その2はデムーロ騎乗。当然G1で怖いジョッキーだが、こと京都の長丁場に関しては凡人に近い。ネオユニヴァースとの3冠に挑んだ2003年の菊花賞から14年、本質的にこの舞台ではあまり上手くない(※)のは未だに変わっていない。

※人気馬への騎乗が少ないとはいえ、過去菊花賞および天皇賞(春)でのデムーロの成績は(0-0-1-6)。ネオユニヴァースでの菊花賞3着(1番人気)のみ。現在5戦連続2ケタ着順。今年の天皇賞(春)でもレインボーラインで挑むも7番人気12着と惨敗。立ち回り戦、繊細にスタミナを残す、脚を残す競馬にあまりフィットしていない印象。

クリノヤマトノオー(幸)

→前走は和田Jの絶妙な騎乗もあったが、馬自身も脚があった。目下地力強化の只中で先々は重賞戦線でも通用する器だろう。ただ現時点でいきなりのG1、しかも3000mとなるとさすがに厳しい印象も。乗り替わりも痛い。

クリンチャー(藤岡佑)
→単勝万馬券での未勝利勝ちから藤岡佑騎手の力で皐月賞4着をもぎ取りダービー出走までこぎつけたのに、少しミスをするとやいやい言われる鞍上には少し同情を禁じ得ないが、それはさておき距離が伸びること自体はプラスになりそう。ココに来てズブさが出て来ておりなかなかテンに行けないのは悩みの種だが、立ち回り次第で今年の相手なら出番があっても良いかも。

サトノアーサー(川田)
→前走はガッツリ掛かるのを必死に抑えながらの追走だったが、それでもラストまで脚を使ったように力のあるところは見せた。ただ、さらなる距離延長となると楽ではないか。京都外回りに替わるのはプラスになりそうだが…。

というわけで、最後に危険な人気馬を挙げておきます。今年は馬場状態がポイントになりそう。恐らく例年よりはスタミナを問われる可能性が高く、そうなるとただでさえコース適性、距離適性に疑問を持つこの馬だが、より不安が大きくなる…。

→人気ブログランキング

上位3番人気以内は確実も、信頼度は高くない。

〜PR〜

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン

先週の府中牝馬Sでも無料公開予想で3連単19,390円的中!

今注目の好調サイト。菊花賞ではなんと…
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
   菊花賞(GI)・鉄板3点勝負

キセキが絡んでも3点30倍を狙える
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

10/9 東京10R 2万2940円的中
10/8 東京8R 1万7160円的中
10/7 東京7R 3万5880円的中
10/1 凱旋門賞 1万0600円的中
9/24 阪神7R 4万1370円的中
9/23 中山6R 1万4270円的中
9/18 阪神10R 1万0620円的中
9/17 中山7R 4万6300円的中
9/16 阪神12R 1万7510円的中


今回はチャンス。無料登録だけで菊花賞の勝負予想を見ることができます。

丸乗りするもよし、片足だけ乗っかるもよし。

  →10/22(日)13:00 特別無料配信!菊花賞の鉄板3点勝負を見る
ホースメン会議:菊花賞545_140


スポンサーリンク

yamamototaro at 18:30│clip!2017-全馬診断 | 2017-予想オッズ
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索