TAROの競馬トップへ(╹◡╹)

2017年10月22日

TAROの競馬式・衆議院議員選挙 2017 議席予想

本日の【衆議院議員選挙 2017 議席予想】の記事です。興味のある方だけ。菊花賞の予想は8時31分くらいになります。


大学時代、競馬好きでも知られる選挙ではお馴染みの某政治学者(最近見ない)に、

「お前の競馬予想は当たらないけど、選挙の予想は当たる」

と言われたくらい大学時代にゼミで行っていた選挙予想は精度が高かったんです←何の自慢だ。

私の予想法は単純で、既存メディア、週刊誌などの予想&過去の結果から、各メディアの特徴を分析し、それを利用した上でまずは全選挙区の分析、さらに直前の世論や天候などを加味して総合的に判断するものです。

 ↓週刊誌の予想にはかなり傾向がある。得手不得手もある。
image

回数を積み重ねるごとに精度が増している気がします。なお、こんなことをして何になるかと言われれば何にもなりません。ただひとつ言えることは、意味のないこと、生産性のないことに労力を費やすことができることは幸せなことです。

というわけで、まずは前回の予想とその結果から。赤字が実際の結果。

-投票率予想-- 54.2%(53.7-54.7)  →   52.66%

-議席予想---------------------
 党 名 合計 小/比(min-max)
------------------------------
 自 民 311 236/75(303-314)  → 291
 公 明  34    9/25(31-35)   →  35
------------------------------
 民 主  72   34/38(71-80)   →  73
 維 新  27    4/23(25-31)    →  41
 次世代   2    2/0 (2-3)    →  2
 共 産  18    1/17(15-19)   →  21
 生 活   3    2/1 (2-3)    →  2
 社 民    2    1/1 (1-2)   →  2
 無所属  6    6/- (6-10)    →  8
------------------------------


まずまずいい線には行っていたのですが、前回は事前の世論調査から最後に少し揺り戻しがあって自民党の票が減ったのを読み切れなかった。投票日前日の橋下徹さんのいわゆる"敗北宣言"で維新に同情票が集まって少し巻き返した、そこら辺を読めなかった気がします。

そして今回…問題はこの天気…投票率が全く読めなくなってしまい、そこらが少し不確定要素。

それでは早速、今回の議席予想を…発表します!!

-2017年衆議院議員選挙議席予想-

-投票率予想-- 51.0%


-議席予想---------------------
 党 名 合計 小/比
------------------------------
 自 民 258 199/59
 公 明 
32    8/24
------------------------------
 希 望 
54 26/28
 立 憲 
52   16/36
 維 新 
19    8/11
 共 産 
17    1/16
 社 民  
  2    1/1
 大 地 
1     0/1
 無所属(与党) 
5
 無所属(野党) 25
------------------------------


(総評)

広く言われている通り与党の勝利でしょう。後述しますが、今回は自民党という逃げ馬の後ろで野党が勝手に叩き合ったり進路妨害したり落馬したりしていた選挙でした。

ただ、自公で300議席までには届かず、現有議席とほぼ同じか微減。定数自体が減るので実質的には平行線。比例区で多少伸び悩み。選挙区では野党分裂により漁夫の利的な勝利を収める区が多数。

安倍政権にとっては…

雨 → 多少追い風
株高 → かなり追い風 


という要素もある。なんだかんだ現首相は勝負師に大事な運も持っているなと思います。小池批判をしない作戦も戦略的には正解だったと思います。

公明党はこの悪天候により相対体に少しだけ浮上。

一方、希望の党は広く報じられている通り失速が止まらず。

さらさら発言&排除発言で相当数の票を失った。言葉は怖い。そして、ブレーンも大事です。

大票田であるはずだった東京選挙区ではたぶん1〜2議席しか取れない見込み(当予想では東京21区における1議席のみ、あと取れるとしたら15区だが可能性は5分5分くらいか。10区の若狭さんはもともと選挙に強い人ではなく、この情勢では小選挙区は恐らく通らないでしょう)。

希望の党で小選挙区で通るのはもともとどの党にいても通るような選挙に強い人のみ。大半は落選。なんだかんだ政策がきちんとできていなかったのも痛かったですね。急ごしらえ感が半端なかった。

花粉症ゼロ、満員電車ゼロ、あたりはギャグかと思いました…。

かわって、立憲民主党が形の上では躍進。これも広く言われている通り。特に比例区で伸ばしそう。

他方、その煽りを少し受けそうなのが共産党で、やや埋没気味。20議席に届くかどうか微妙も、当予測ではわずかに届かず17議席止まり。比例区的に言えば立憲と食い合う形になった。

維新はなんだかんだ大阪での存在感は健在。

というわけで、結論から言えば現政権が堅実に勝利。

ただ勝利の中にも多少影があり、恐らく今回北海道&沖縄での苦戦は恒例として、象徴的なのは新潟が壊滅。下手すると小選挙区でひとつも取れない。前述通り比例区もやや伸び悩む。

有名候補は前述通り若狭さんは小選挙区では落選、不倫疑惑が報じられた山尾さんはなんだかんだ当選、菅直人さんは今回も小選挙区は落選も、悪運強くまた比例でギリギリ復活を果たしそうな気配。

カイワレ大根を食べていたころはこんな現状をだれが想像したか。

未来はわからないものです。

投票率はこの天気だし、そもそも今回は関心が低いしで前回をさらに下回りそう。一応50%台はキープの51%という予想。

競馬でいえば今回は、

逃げ馬である自民党に対して、追い掛ける差し馬たる野党が一瞬小池さん作成の緑の勝負服を渡されて一致団結して追い上げるか…と思いきや、そこでいろいろこの服を絶対着なさい、というようなことを言い出したため、分裂。

逃げる自民党の後方で、野党は勝手に叩き合って体力を消耗、お互い不利を与えたり落馬させしたりして自滅。結果として、一時期詰め寄られたものの逃げ馬は漁夫の利を得て余力残しでゴール。

終わってみれば民進党が分裂したくらいで選挙前と大して変わらず…。

大山鳴動して鼠一匹解散

って感じでしょうか。

株価は与党の勝利を織り込んでいるとはいえ、週明けは多少上がって、でもそろそろ水準的には相当高いので日経に連動するようなベタな銘柄は売り時も近いかもしれないですね。

というわけで今夜は、できれば菊花賞の的中の余韻に浸りながら(←理想)、のんびり選挙速報を見て過ごそうと思います。

余談ですが、個人的には政治家の皆さんには結構好意的で、何党であれ、思想はどうあれ、良い人は良いという立場です。

先日何かのテレビで選挙プランナーの人が、日本において政治家はその責任の重さに比して決して給与が高いとは言えないし恵まれてるともいえない、と仰っていましたがある面ではその通りだなと思います。少なくとも顔出し名前出しで戦っている皆さんは凄い。豊田さんですらそう思います。

私も昔から人よりは少しだけ政治が常に近いところにあった気がしますが、本音を言えばこんな気を遣わずに、三浦瑠璃さんみたいな美人とお酒飲みながら思想信条を超えて選挙の話をしたいです(笑)

台風にはくれぐれもお気を付けください。


スポンサーリンク

yamamototaro at 08:21│clip!
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索