TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-回顧

2017年10月23日

天皇賞(秋)2017 1週前予想+菊花賞回顧〜藤岡佑騎手が魅せた大一番での最高の騎乗〜

本記事では天皇賞(秋)2017の予想&展望とともに、まずは菊花賞を振り返ります。

キタサンブラック、リアルスティール、マカヒキ、ソウルスターリングなどビッグネームが揃ったこの秋注目の好カード。その中で期待したいのは…?

ようやく本格化。今の馬場も合いそうだし、目下の勢いを以てすればココでも好勝負。

天皇賞(秋) 本命候補&注目馬は?
↓1週前注目馬こちらから↓


菊花賞は雨の中での大変なレースでした…。回顧へ。


スポンサーリンク


というわけで、まずは先週末もお疲れ様でした。選挙の予想もサラッと書いたので、そちらについてはまた別に触れます。

何はともあれ、菊花賞◎クリンチャーの激走にも関わわらず、キセキが勝利、結果ポポカテペトルとのワイド万馬券のみ的中という悲しい結末になりました。

〜菊花賞 2017 結果

1着 …13キセキ(1人気)
2着 ◎4クリンチャー(10人気)
3着 △14ポポカテペトル(13人気)

ワイド 4-14 12,360円

 ↓1万円買ってこれだけ><
20171023菊花賞ワイド

期待して頂いた皆さん、申し訳ありませんm(__)m

本命馬が走ったからそれで良いではダメです。単複で勝負しているわけでもなく、競馬ノートの勝負は馬連ワイド&3連複でしたからね。

ココからは少し振り返りを。

◎クリンチャー ですが…

実は当日の馬場状態が当初の想定を超えてしまい、正直内枠だと厳しいかなとも思いました。予想段階では立ち回り戦をある程度考えていただけに。

したがって、スタートを決めて先行したらまずノーチャンス、上手く外に出せるタイミングがあれば…と思いつつ、予想したからには当然その通り購入。期待半分、不安半分でしたが…

藤岡佑騎手、最高の騎乗!!

スタートから気合を入れつつ、しかし追走一杯で後方へ。ここまでは、

「行こうとしたけど行けなかった」


というのが正直なところかもしれません。

 ↓スタートから結構押しています。真ん中の4番がクリンチャー。
20171023菊花賞藤岡

 ↓とにかく内が悪いのでスタート直後は追走で一杯。
20171023クリ2


1周目の第3コーナー〜第4コーナー。

 ↓昨日はこの地点で赤で描いた部分に距離ロス覚悟で出して行かないと厳しい馬場でした。
20171023クリ3

クリンチャーは左から4頭目、インにいてこの時点でもやっぱり厳しい。

 ↓正面スタンドに入ります。赤で囲ったのが藤岡兄。少し外に寄せる意識が見えますね。ちなみに赤数字が最終着順です。昨日の馬場ではこの時点で外、できれば中団より後ろにいないと厳しかったということがよくわかると思います。8着までの馬はすべて外に。クリンチャーは内ですから、そろそろ出さないと厳しい。
20171023クリ4

……ところが、です。

昨日の藤岡兄貴はココからが違った!

なんとこの7秒後…
 
 ↓一気に外へ。他の馬の位置関係は変わってないですから、藤岡騎手の意識の高さが際立っています。
20171023クリ6

 ↓1周目の正面スタンド〜2周目1コーナーへ。ただ一頭さらに外へ。完璧!
20171023クリ7

行きっぷりもかなり良かったですし、内の馬はほぼノーチャンス。他の馬の動きを見ても、この時点でヘタを打たなければまず馬券圏内には来るんじゃないかなと、個人的にも急に気分が高揚して参りました。

対抗のトリコロールブルーは厳しそうでしたが、相手の中でも人気がなかったマイネルヴンシュが上手く外に促していたのでこれと一緒に来るかも? と、ちょっとソロバンを弾き始めました(笑)

ただ…そもそも予想の段階でここまでの馬場になることを想定していなかったので、キセキを完全に軽視していました。

道悪=デムーロは鉄板で、実は芝重賞で重不良馬場のときは、先週前までの段階で、21度経験があり…

恐るべき成績→ 人気ブログランキングへ

思えばネオユニヴァースのダービー制覇も重馬場でただ一頭インを上がってきていましたが、あの頃も今も滅法強いんですよね。

適切に馬場を読めなかったことで、余所行きの予想になってしまったかなと思います。力不足ですね。

馬場を読むことはやっぱり大事です。今さらですが。参考までに昨日の菊花賞の直線。
20171023菊直線

参考までに2013年の菊花賞の直線。同じ不良馬場です。
20171023菊2013

ひとくちに道悪と言っても色々あるんですよね。

何はともあれ、スポーツとしても見応えのある良いレースでした。現場の騎手やファンの皆さんは大変だったでしょうが、こういうこともたまにはあっても良いですね。



今週末は天皇賞(秋)2017。この週末、雨の中で行われたことでどれだけ馬場に損耗があるかもポイントになりそうです。そして、今度こそ本命馬をビシッと仕留め、さらに相手も仕留めて、堂々と的中! と言えるような予想をしたいと思います。

今週末はスワンS&アルテミスSもあります。競馬ノートではフル配信するので、是非こちらもブログと共に読んで頂ければ幸いです。初月無料です。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


菊花賞その他の詳細回顧も今夜か明日の夜に配信する予定です。

……と書きつつ、有料なので無理に読まなくても良いです(笑)。もちろんお金を頂いている以上読んで頂ける方に満足してもらえる内容を毎週書いているつもりです。

ブログだけでも良いので、今後ともよろしくお願いします。

それでは、ひとまずブログの回顧はココまで。

スポンサーリンク

yamamototaro at 15:44│clip!2017-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索