TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-回顧

2017年11月13日

【マイルチャンピオンシップ 2017 1週前予想・注目穴馬+先週末回顧】◎マキシマムドパリ、ラスト伸び切れず無念の4着。

京都に来ています。現地観戦の場合は仕事もあるので大抵が日曜日のみなのですが、京都に遠征するパターンは、土曜=移動→宿泊→日曜観戦、が最近はしっくり来ています。

土曜の移動がポイントで東京からの新幹線を土曜の競馬のコアタイム13〜16時半くらいにして、その車内でレースを観ながら仕事をするというのが一番流れが良いのです。

これが新潟だと、現地までの新幹線が短すぎる上にトンネルが多すぎてネットが繋がらない時間が長いというデメリットがあります。京都はこだまなら4時間近く掛かります。本当はあと1時間くらい欲しいというのが今回の移動の際の感覚でしたが、それでも効率よく競馬を観ながら仕事をできる気がします。

エリザベス女王杯は大所帯(15人くらい)での観戦となり大変盛り上がりました。また秋華賞〜菊花賞と天気が悪かったこと、エリザベス女王杯のメンバーが良かったこともあってか、現地の観客の入りも良かった気がします。ファンファーレがあまり良く聞こえなかったのが少し残念でしたが、レースも見応えがありました。

2017-11-12-14-26-17

それにしても予想は悔しい結果。

◎マキシマムドパリは想像以上に人気がなくかなり期待(配当的な面でも)したのです。道中も絶好の3番手、手応えも良く直線の入り口でスーッと詰めて行った時は一瞬やった! と思ったほど。馬券を買っていた皆さんは興奮されたと思うのですが、残念無念の4着。

現地では同馬のひと口馬主としても知られる餃子さんもともに観戦していたのですが、大健闘をたたえつつ、あと一歩の悔しさもありつつ、というところでしょうか。

予想としては悔いもなく、もう一度予想をしろと言われてもやはりマキシマムドパリに本命を打つとは思いますが、なかなかあとひと踏ん張りがきかなかったですね。


スポンサーリンク


〜エリザベス女王杯 2017 結果

1着 △モズカッチャン(5人気)
2着 …クロコスミア(9人気)
3着 ☆ミッキークイーン(3人気)
-------
4着 ◎マキシマムドパリ(12人気)


勝ったモズカッチャン。デムーロ騎手が好スタートを決めて好位、直線入り口で前を射程に捉えて、粘るクロコスミアを捕まえてゴール。待望のG1初制覇を成し遂げました。

これで秋華賞に続きハービンジャー産駒が牝馬G1を連勝、この世代の層の厚さを感じさせましたし、デムーロ騎手は中央G1において9戦連続馬券圏内という驚異的な記録を打ち立てました。オークス以降オール馬券圏内は凄いのひとこと。

2着クロコスミア。

府中牝馬ステークスは恵まれたようにも見えるスローでの逃げ切りでしたが、今度は2番手から流れに乗り直線もよく粘りました。

和田騎手はテイエムオペラオー以降遠ざかっている中央G1勝ちをまたもすんでのところで逃してしまった。勝ったモズカッチャンをG1戦線にまで引き上げて来たのも和田騎手ですから悔しさもひとしおとは思いますが、再三再四にわたる大一番での好プレーは負けたとはいえ素晴らしいものがありました。

◎マキシマムドパリは絶好位から良い競馬をしたんですけどね…渾身の本命で単勝万馬券の馬としては結構自信があったのですが、想像以上のスローでクロコスミアの粘り込みをあまり想定していなかったことも含めて、反省も多々です。

関西遠征の2日間は良いところもあり、悔しいところもあり、また本命馬の取り消しが2度(返還)もありと一進一退でしたが、爆発できなかったことは反省です。

やっぱり武蔵野ステークスが悔しかったですね…><

ここでアキトクレッセントかぁ〜〜。

 ↓的中は馬連の100円のみ…。
20171113武蔵野ステークス

ノンコノユメが一瞬3着まであるかなと夢を見た(800倍超×300円)のですが…。

予想の感覚としては悪くないので今週末あたり一撃当てたいですね。マイルチャンピオンシップは古くから好きなレース。

相性自体はそこまで良くないのですが、大勝負、という意味で忘れられないのは2000年の◎ダイタクリーヴァでしょうか。あの時は当日高橋亮騎手が乗れず、安藤勝己騎手に乗り替わり、当日3番人気からあれよあれよと1番人気に。レースは好位から抜け出す横綱競馬で、遂にG1制覇…と思ったのもつかの間、あと一歩のところでアグネスデジタルの強襲に屈したのでした。

まだ当時はダートが主戦場だったアグネスデジタルでしたが、このあたりからオールラウンダーとして活躍の場を広げ、2001年、テイエムオペラオーを撃破した雨の天皇賞(秋)、そして香港での活躍と芝ダート問わず、また国内海外問わず飛躍する足掛かりとなった一戦でした。

模試の日に結果が気になって仕方なかった2001年の◎ロサード、学園祭を抜け出してみた◎テンザンセイザ、カンパニーでの大勝負…◎アルビアーノ…昨年は渾身の勝負度【A】での◎ネオリアリズム3着もミッキーアイルが抜け…悔しい思い出の方が多いですが、今年はそろそろ。

そんなTAROの競馬@マイルチャンピオンシップ2017の現時点での本命候補を挙げておきましょう。

今年のメンバーはそこまで強力ではない。前走久々の勝利を飾った予想オッズ1番人気エアスピネルにしても全幅の信頼までは至らず、脚質的にはアテにしづらいサトノアラジン、安田記念でこなしたとはいえマイル延長に加えて乗り替わりと克服すべき課題は多いレッドファルクス、すでに6歳となる古豪イスラボニータ…。

それならば、一芸が輝くこの馬の一発快走があっても良いのでは?

人気ブログランキングへ

デムーロ、ルメール…外交人騎手が席巻する昨今のG1戦線、こんな地味なベテランジョッキーの一撃もたまには見たい。自分の形がある強み。強気の競馬でゴールまで一直線、一発穴、期待できないだろうか。

詳細な重賞回顧はこちらから。競馬ノートにて配信中、既に重賞回顧はお送りしているので登録と同時に届きます。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


また想像を巡らせ、頭を悩ます1週間が始まります。

PR

□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第34回 マイルCS(G1)

 万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のマイル王決定戦・安田記念はサトノアラジンが制したものの、未だ絶対的な存在が不在のマイル路線。今秋のマイルCSも、新聞紙面やネットニュースなど、各マスコミは一様に"大混戦"と喧伝することはまず間違いないだろう。しかも、今年のマイルCSは、前哨戦の多くが台風の影響を受けた極悪馬場のレースばかり。レースの評価だけでなく、レース後のダメージまで推し量るのは、一介のマスコミやファンレベルでは、極めて困難と言っていい。

そんなレースになればなるほど、創業23年を誇るシンクタンクの【重賞特捜班】の情報力やデータ分析力が大きく発揮されることになる。名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師が率いる【重賞特捜班】の下には、マイルCSに関する、競馬関係者のありとあらゆる情報が入ってくる。一般マスコミが流す情報しか知らない人たちが見れば

「こんなネタがあったのか」
「そんな話、どこにも載っていないぞ」

と、さぞ驚くことだろう。もちろん、導き出される最終結論も、他の情報媒体とは一線を画し、他の情報媒体と一線を画したものとなる。

実際に、重賞・メインレースからは、11月5日開催終了時点で43週連続的中。【重賞特捜部】が入手した関係者情報が馬券的中へと直結しているが、まずは『論より証拠』。シンクタンクの【重賞特捜部】の情報力を知って頂くには、実際に情報を入手した頂くことが手っ取り早いはずだ。そこで、初めてシンクタンクをご利用する方に限り、今週は 【マイルCS・3連単勝負馬券】を筆頭に、馬券に役立つ内部情報・買い目情報の数々を無料公開させて頂く。是非ともこのチャンスに"本物の情報"を体験していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第34回 マイルCS(G1)

 万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

公開時間は11月19日(日)14時 無料!
    →ココをクリック!
シンクタンク:マイルCS300_250


スポンサーリンク

yamamototaro at 17:59│clip!2017-回顧 | 2017-展望
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索