TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-全馬診断

2017年11月16日

【マイルチャンピオンシップ2017】予想&展望/出走馬診断・前編〜エアスピネル・ムーアへの電撃乗り替わりがどう出るか他〜

本記事はマイルチャンピオンシップ2017の予想へ向けて各出走馬たちの見解を前後編に分けて書いていきたいと思います。今回は前編から…。

京都では競馬を観た後はゆたぽんさんやボスさん(あとカズさん)と飲みに行きつつ紅葉を…と思いましたが少し早いですかね。なんだかんだ週末は予想、そして週明けは回顧があるので月曜〜火曜あたりの夜が一番何も考えずに過ごせます。

 ↓3軒目で行った先斗町のたこ焼き屋さんがとても美味しかったです。脂っこくないのでいくつでも行ける。
image

11月も後半に入り今年も残すところあと1カ月半。一発大きいのをあと1回、2回、3回くらい当てたいところ。

マイルチャンピオンシップは混戦模様で非常に面白そうな一戦ですが、想像以上に人気がないと感じる馬あり、ちょっと人気し過ぎと感じる馬もあり。

人気がないなぁと、あくまでも予想オッズの段階ですが感じる馬が一頭。この馬はそれなりに不安材料もあるものの目下の勢いは侮れず、騎手とも手が合う。馬群も捌けるタイプで内枠を引きたいところ。

人気ブログランキングへ



スポンサーリンク


先日京都でご飯食べたときに、マイルチャンピオンシップのキョウエイマーチの逃げが凄かったという話をしたのですが、改めて確認のためにいろいろ調べてみると数字を見ても凄いですね。

1997年、3歳牝馬の身で秋華賞2着から参戦したキョウエイマーチは5番人気。

そして、紅一点臨んだこのレースで刻んだラップがこれ。

12.1-10.5-10.6-11.4-11.9.......

前半3F 33.2
前半5F 56.5


このラップは過去20年で最速。つまり21世紀になってもこれ以上速いラップで逃げた馬は皆無。それでいて2着に粘ったキョウエイマーチはやっぱり凄かったんだなと。


ダンシングブレーヴ(キョウエイマーチの父)は極端な脚質の馬が多くて、それを見事に生かした松永幹現調教師の騎乗も見事だった。

ちなみにキョウエイマーチに絡んで行ったのが、まだ若かりし日のサイレンススズカ。凄いレース。

極限に溜めるか、あるいは極限までスピードを生かすか…これで能力が開花するダンシングブレーヴ系といえばあの馬を思い出します。

スマイルトゥモロー


府中牝馬Sの逃げがまた凄かった。

11.7 - 10.9 - 10.6 - 11.3 - 11.8

前半3F 33.2
前半5F 56.3


これ、府中の千八です(笑)

普通なら大失速逆噴射ですが、スマイルトゥモローはレディパステル、ローズバドから1馬身半差の3着に粘ります。

なお、

レディパステル 上がり 33.8
ローズバド 上がり 33.7
スマイルトゥモロー 上がり 38.4


一頭だけ別のレース。


このレースは個人的にも◎スマイルトゥモローで単勝買ってたので結構直線は熱かった。そして悔しかった。

やっぱり強い逃げ馬がいると競馬は盛り上がりますね。

マルターズアポジーはどうですかね。

ガンガン行くタイプというよりは溜め逃げタイプなんですが、エリザベス女王杯の日の馬場なら枠順次第でかなりやれると思うんですが、マイルCS自体はあまり逃げ馬にとって良いレースでもないんですよね。そこらが悩ましい。

前置き長くなりました。


〜マイルチャンピオンシップ 2017 出走馬診断/前編

アメリカズカップ(松山)
→きさらぎ賞、そして前走のカシオペアSともに上がりの掛かる馬場状態で行われた京都芝千八の外枠でスムーズに運べたのが勝因。さすがにマイルG1となると能力的にかなり厳しい印象。

イスラボニータ(ルメール)
→本馬に関しては昨年の産経大阪杯の際に、

「4コーナーでマクリ気味に進出する蛯名騎手の乗り方が根本的にこの馬には合っていない印象。一瞬の脚を生かすような騎乗ができるタイプの騎手に乗り替わればもうひとつ違う面がありそうだが、このコンビが続く限りは難しいレースが続きそう」

さらに昨年の安田記念の際に、

「絶好の手応えで直線に向いたが、追われて一瞬しか脚使えず。蛯名騎手は基本的に外から押し上げるタイプで、この馬とはあまり手が合わない印象。もう少し溜めて待てれば面白いが、現状蛯名騎手が乗り続けている限りは小回り以外では厳しいか」

と書いた通り、蛯名騎手のスタイルが合わなかったのが一時期の低迷の要因。

3歳のジャパンカップから蛯名騎手で、

9→5→3→3→3→9→5→5着

その後ルメールに乗り替わった昨年の富士ステークスから、

2→2→2→1→8→2着

は偶然ではない。

もちろんデビューから、

1→2→1→1→1→1→2→1着

とセントライト記念までほぼパーフェクトな戦績を刻んだのは蛯名騎手。いわずもがな関東ベテランの中では屈指の腕のあるジョッキーであることは誰もが認めるところで本馬の出世に関しても多くの功績はあるが、向き不向きという点で考えればこの馬に関してはルメールが合っていたということ。

適性的にも安田記念よりは平坦京都のマイルCS向きで、6歳秋を迎えたが大きな衰えがない限りは好勝負になって良い。

ウインガニオン(津村)
→3連勝での重賞制覇から関屋記念でも2着と出世の階段を上り続けているが、当時絶好調だった夏の連戦、全力でのサマーマイル王チャレンジからひと息入って果たしていきなりのG1ではどうだろうか。立ち回り能力の高さを生かしてどこまでやれるか。

エアスピネル(ムーア)
→前走は結果的に道悪が向いた印象もあり、久々の快勝の裏には馬場のアシストもありそう。本馬自身が道悪巧者というよりはやや距離不足のマイルにおいては道悪になることで結果ギアチェンジ性能やスピードを問われなくなり、反面底力とスタミナを問われることで相対的な優位性が発生する。従って平坦マイルのスピード勝負になったら前走のように上手く行くかどうか半信半疑。有力馬の一頭ではあるが全幅の信頼までは至らずという評価。

(……その後電撃乗り替わりの発表があり)


以前東京新聞杯で3着に敗れた際に競馬ノートの回顧にて、

「感覚的に距離を持たせようとする路線ならば武豊Jは合っているが、バリバリのマイラーとして戦っていくには、イマイチ合っていない印象。もう少しキツく当たってもガンガン出していけるジョッキーが乗った方がマイラーとしての資質は伸びそうな気がする」

と書いた通り、わかりやすく言えば菊花賞で好走できるとしたら武豊騎手がベスト、しかしマイルCSで好走するにはもう少しキツメの騎手の方が良い気がするのでムーア乗り替わりは良さそう。

前走は道悪競馬でマイル的な勝負にならなかったが、今回京都で通常のマイル戦になれば、ムーア乗り替わりが良いスパイスになるかも。

ガリバルディ(岩田)

→昨年の中京記念、今年の京成杯AHと重賞好走はパワーを生かして末脚を伸ばす形。平坦京都のG1となると余程展開がハマらないと厳しいか。

クルーガー(未定)
→回避馬が出てどうにか滑り込めそう。前走は久々ながら力のあるところを見せた3着だが、馬場状態が向いた面もあったし外枠がやや有利だったなど枠順も向いた。純粋なマイルのスピード勝負になるとやや厳しいか。ひと雨欲しい。


PR

□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第34回 マイルCS(G1)

 万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のマイル王決定戦・安田記念はサトノアラジンが制したものの、未だ絶対的な存在が不在のマイル路線。今秋のマイルCSも、新聞紙面やネットニュースなど、各マスコミは一様に"大混戦"と喧伝することはまず間違いないだろう。しかも、今年のマイルCSは、前哨戦の多くが台風の影響を受けた極悪馬場のレースばかり。レースの評価だけでなく、レース後のダメージまで推し量るのは、一介のマスコミやファンレベルでは、極めて困難と言っていい。

そんなレースになればなるほど、創業23年を誇るシンクタンクの【重賞特捜班】の情報力やデータ分析力が大きく発揮されることになる。名馬サクラスターオーを育てた平井雄二元調教師が率いる【重賞特捜班】の下には、マイルCSに関する、競馬関係者のありとあらゆる情報が入ってくる。一般マスコミが流す情報しか知らない人たちが見れば

「こんなネタがあったのか」
「そんな話、どこにも載っていないぞ」

と、さぞ驚くことだろう。もちろん、導き出される最終結論も、他の情報媒体とは一線を画し、他の情報媒体と一線を画したものとなる。

実際に、重賞・メインレースからは、11月5日開催終了時点で43週連続的中。【重賞特捜部】が入手した関係者情報が馬券的中へと直結しているが、まずは『論より証拠』。シンクタンクの【重賞特捜部】の情報力を知って頂くには、実際に情報を入手した頂くことが手っ取り早いはずだ。そこで、初めてシンクタンクをご利用する方に限り、今週は 【マイルCS・3連単勝負馬券】を筆頭に、馬券に役立つ内部情報・買い目情報の数々を無料公開させて頂く。是非ともこのチャンスに"本物の情報"を体験していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第34回 マイルCS(G1)

 万馬券を狙う【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開!

公開時間は11月19日(日)14時 無料!
    →ココをクリック!
シンクタンク:マイルCS300_250

スポンサーリンク

yamamototaro at 12:05│clip!2017-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索