TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2017-重賞予想

2017年12月17日

朝日杯フューチュリティS2017 予想+ガチ馬!

本記事では朝日杯フューチュリティS 2017 の予想を掲載します。

〜日曜日のガチうま(`・ω・´)@阪神12R妙見山特別〜

・日曜のガチうま→前走は初距離ながらも強敵相手にキッチリ2着確保。相手関係を考えても現級なら力上位は明らか。今度は決める。

 ↓狙いはこの馬→ 人気ブログランキングへ

※お手数ですがよろしくお願いします…m(__)m

遅くなりました!朝日杯フューチュリティSの予想です!
DSC02054



スポンサーリンク


【朝日杯フューチュリティS】

2歳戦線が多様化したことによりメンバーは分散、今年でいえばルーカス、ワグネリアンなどはココに見向きもせず、暮れ、あるいは来春を見据えている。

だから、出てくる馬の力差は大きい。今回のメンバーを見渡しても半数くらいは勝負になりそうもなく、紛れの少ない阪神芝千六ならばまずは能力比較が何より重要だろう。

そうなるとダノンプレミアムの死角は少ない。

最内枠が唯一の不安点ではあるが、スタートを決めて行きっぷり抜群に追走する本馬にとっては大きな問題にはならない可能性が高い。隣は幸い同厩舎の先行馬フロンティア。これの背中を追い掛ければ良い。

デビュー戦の際に「ディープブリランテタイプ」と書いた通り距離に限界はあるだろうが、この時期のマイル戦ならば不発の可能性は限りなく低いだろう。

同じく力上位の存在、ステルヴィオの方がやや危うさはある。前走は後方からよく追い上げてきたが、本質的にはもう少し距離があった方が良さそうなタイプでペースが上がらなかったときは不発の可能性もあるか。

それでも能力は上位。順当に走ればこの2頭の激突となるだろうが、ココは割って入る存在を探してみたい。

そこで面白いのがこの馬。
人気ブログランキングへ

正直スケール自体はそこまで評価しているわけではないが、完成度の高さ、スピード能力の高さはこの舞台向き。もともと朝日杯はクラシックホースを探す舞台ではなく、この馬とてクラシックではまったく用なしだろうが、ギュッと詰まったパワー型の馬体から阪神千六なら出番もある。流れ乗れず不利もアリ、また平坦コースだった前走は度外視して、ココでこそ狙ってみたい。枠も良い。

当然ステルヴィオ、あとは外枠がどうかだが前走まったく力出せず終わったダブルシャープもスムーズなら通用の能力はありそうだ。上手く折り合って運んでしぶとさを生かせれば…。

以下、前走チグハグだったフロンティア、タフな流れになれば浮上の余地あるファストアプローチまで。

タワーオブロンドン、ダノンスマッシュも能力は上位。特にダノンスマッシュは今後スプリント路線なら重賞で楽に勝ち負けできる素質があるが、外回りのマイル戦になるとともに上位2頭と比較すると劣勢に感は否めず、タワーオブロンドンは今回不利のリスクも5割くらいはありそう。あと一席を埋めてしまえば仕方ないと割り切って、ココは切り捨てて勝負してみたい。

◎ダノンプレミアム
人気ブログランキングへ
▲ステルヴィオ

☆ダブルシャープ…穴推奨
△フロンティア
△ファストアプローチ

〜全重賞のフル予想&買い目は競馬ノートで〜

TAROの競馬では、重賞の実際の馬券&買い方に関しては『TAROの競馬ノート』にて詳細を配信しています。現代競馬は予想を生かすも殺すも"買い方次第"の側面もあり、場合によっては「◎○▲」で決着してもハズレている場合もありますし、一方で◎が馬券圏外でも的中している場合があります。その基準に関しては競馬ノートでの 『【馬 券】』 のコーナーの記述に則っております。

重賞は推奨馬券も記載、これらすべてが競馬ノートに登録すれば読めます!

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



スポンサーリンク

yamamototaro at 12:42│clip!2017-重賞予想 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索