TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-日常

2018年01月02日

2018年・今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

2018 新年あけましておめでとうございます。

2017年は、皆さんどんな年だったでしょうか?

スポンサーリンク


TAROの競馬は馬券的にはあとひと押しが利かず…どちらかと言えば多少苦しみの多いシーズンだった気がしています。

特に秋競馬〜年末にかけては本当にあとひと息のところがハマらず、なかなか煮え切らなかったですが、これも競馬、それも競馬、ということで、ストイックになり過ぎても良くない。悪かった悪かった、運が悪かった、と時に思うことも大事かなと思っております。

2018年はきっと流れが向いてくれると思っております。

それでも、心の中には期するものがあります。反省もありますし、希望もあります。

じっくりやって行きましょう。

新年の目標というかそこら辺は明日書くと致しまして、年末年始は実家にも帰り、寒さに震えながら、物音ひとつしない北関東で新しい年を迎えました。

20年前に退屈を感じた町も今では落ち着く部分もあるのですが、やはり寒いのは得意ではなく、春〜夏の方が良いなぁという思いを強くしました。

新年から2日目は恒例の箱根駅伝を観戦(テレビ)。

初めてみたのは1994年くらいだったかなと思うのですが、そのときにマヤカ(山梨学院)vs渡辺(早稲田)を見て感動して、学校でその話を友達と一日中して、以来毎年見るようになりました。

当時2区で走っていた山梨学院のマヤカ選手が今は桜美林のコーチになっているということを知りました。オツオリ選手が亡くなったニュースを幾年か前に聞いて寂しい気持ちになりましたが、マヤカは頑張っているんですね。

今年は勝負としても面白そうで、大本命の青山学院は往路では前を捕らえきれず2番手。制したのは今年は中穴? とも言うべき東洋大学でした。

なるほど、これはグラスワンダーを倒したエアジハードくらいの感覚か。2着グラスワンダー、3着早稲田はシーキングザパール…うむむ、しっくりくるぞ、4着拓殖大学、これは伏兵だ、なるほどツクバシンフォニー…などとくだらないことを考えるうちに正月が終わりそうです。

多少時系列が前後しますが、大みそかにはお馴染み馬券は買い方勝負のいくお君と、2016年末と同じ店で、同じ時間にランチをしました。話の90%は競馬です。しかも、今の競馬はちょっと変わって来たとか、そういう話。

まじめか!笑 いや、結局好きなんですね。

ちなみに残りの10%は、あの人は●●●だとか、あの人は可愛いだとか、あの人は本当によく当たっていたとか、そういう他愛もない話です。

そろそろまじめな話をしますが、TAROの競馬ノートも大幅に変えて行こうかなと、地味な継続路線から改革路線に切り替えていきます。回顧のやり方についてもいろいろ思うところがありまして、変えていくつもりです。

※振り込みの継続募集は明日から開始予定です。

▽TAROの競馬 2018年もよろしくお願いいたします!
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



中山金杯の注目馬を挙げておきましょう。
人気ブログランキングへ

また今年もランキングクリックもブログもメルマガも、いろいろとよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

yamamototaro at 21:21│clip!2018-日常 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索