TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-全馬診断

2018年01月04日

そろそろ通常モード…中山金杯2018出走馬診断

昨晩『君の名は。』を久々にみたんですが、1年半近く経つと意外と忘れるものだなと思いました。こんなシーンあったっけ…とか。個人的に、同時期に見た『この世界の片隅に』と混同している部分があって…。

とそんな話はさておき、今朝起きてじゅん散歩をみたらようやく日常モードに戻ってきました。

競馬ノート、振り込みの方はとりあえず明日お知らせをお送りします。今しばらくお待ちを。

まぐまぐ版はこちらから。初月無料です。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


スポンサーリンク


〜中山金杯 2018 出走馬全馬診断

・アウトライアーズ(蛯名)
→3歳時はスプリングSで2着するなど重賞でも活躍していたが、その後の成長がいまいち。ヴィクトワールピサ産駒は早期に完成する割にその後の成長力がなく、本場も壁に当たっている現状。

・ウインブライト(松岡)   
→福島記念では内枠を生かして器用な立ち回りを見せて重賞2勝目を挙げた。大物感はないが、コーナー4回の2000mはベストに近い条件で、ここも内枠を引ければ好勝負になる。

・カデナ(福永)
→大物感はないが、器用に立ち回り、確実に差して来れるタイプのディープ産駒。G1戦線になると厳しいが、これくらいの相手なら通用してよい。タフな馬場より軽い馬場の方が合う。

・ケントオー(勝浦)
→近走は中距離でも結果を出し始めているが、それでも勝ち負けまではあと一歩届いていない。ここもよほど展開や馬場が向かないと厳しそうだ。

・ショウナンマルシェ(三浦)
→前走はジョッキーの腕もあり好勝負に持ち込んだが、重賞で相手強化となる今回は少し厳しい。

・ジョルジュサンク(吉田隼)
→アウトライアーズと同じヴィクトワールピサ産駒で、成長力に乏しい印象。コーナー4回の2000mは合うが、先行してどこまで粘れるか。

・ストレンジクォーク(柴山)
→修学院Sでは前半かなり掛かる素振りを見せながらも、最後までしぶとく伸びた。折り合いが難しい面はあるが、能力は通用してよい。前半でうまくリラックスして走れるかどうかが鍵。内枠を引きたいところ。

・セダブリランテス(戸崎)
→初の古馬との対戦となった。アルゼンチン共和国杯では好位からうまく立ち回って3着に粘った。距離もこれくらいの方が合っており、荒れ馬場も問題なくこなすので順当に有力。

・タイセイサミット(北村宏)
→近走はいまいち結果が出ていないが、もともと一昨年のクラシックトライアルでも好勝負をしていた能力の持ち主。2000mも問題なく、立ち回り次第で通用してよい。

・ダイワキャグニー(横山典)
→マイルから2000までまだ適性が見えないが、能力的には今回のメンバーでも引けを取らない。右回りが課題になるが、菊沢厩舎の勝負騎手でもある横山典弘騎手を迎え、能力的には通用してよい。どちらかと言えば内枠を引きたいところ。

・デニムアンドルビー(川田)
→既に8歳になるが、前走のチャレンジCでは久々に勝ち負け争いに加わって十分やれるところを見せた。今回も展開や馬場次第になるし、多頭数になるのはやや不安もあるが、侮れない一頭。

・トーセンマタコイヤ(内田)
→もともと能力を高く評価されてきていた馬だが、なかなか順調に使えずようやくオープン入り。勢いは侮れないが、前走の内容を考えると果たしてどこまでやれるか。

・パリカラノテガミ(田中勝)
→近況を見ても重賞では厳しそうだ。

・フェルメッツァ(田辺)
→中日新聞杯はやや不利もあり力を出せずに終わってしまった。昨年のサマー2000シリーズでは好勝負を繰り広げたように、能力的には重賞でも通用する馬。中山に強い騎手も込みで押さえには加えたい。

・ブラックバゴ(岩田)
→乗り難しい面はあるが、溜めれば確実に脚を使う馬。中山2000でも重賞での好走実績があり、今回も前半うまくリラックスして走れれば侮れない。

・マイネルミラノ(柴田大)
→既に8歳で全盛期と比べるとやや粘りがなくなっている印象。ここも先行してどこまでやれるかだが、ここのところの内容を見ると、よほど恵まれない限り、馬券圏内までは厳しそう。

・レアリスタ(石橋)
→明け6歳になったが、まだキャリア10戦と馬自身はとても若い。前走はマイルでも掛かる素振りを見せていたように、2000mへの距離延長が課題になりそう。血統的には晩成型で、これからの馬だが、果たして重賞でどこまでやれるか。

ちなみに今年はまだ馬券買ってません。我慢我慢…。

スポンサーリンク

yamamototaro at 23:48│clip!2018-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索