TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-回顧

2018年01月09日

【回顧】2018年、新たな一年の長い戦いが始まった&日経新春杯2018・今年のメンバーなら通用する穴馬

2018年、年が明けて早速の3日間開催。敗戦―。
2018-01-08-12-17-50

最終日、人もまばらな時間から意気込んで臨んだ一日だったが、チャンスを生かせず。

チャンスは京都最終。1番人気◎ハニージェイドが勝利、12番人気○メイショウタラチネ…穴推奨が3着、しかし6番人気2着マテラスカイが抜け。

惜しいとかそういうことを言いたいわけではない。ただのハズレ。ただ…詰めが甘い。

競馬って結局こういうヒモを拾えるか拾えないかで、10万15万になるかならないか、そういうことを1年間続けていくのだから、口だけではなく反省は生かして行かないといけない。

単複勝負ならそういうことは考えずシンプルになるのだけど、3連系を買う以上はやっぱりヒモの精度が大事。

決め打ちしすぎる悪い癖が出てしまったけども、正月早々そのことに改めて気づけただけでも良しとしたいところ。


スポンサーリンク


というわけで、簡単に重賞の回顧を。

詳細な回顧は競馬ノートでじっくり火曜日に振り替えるつもりなので、こちらは気になったことを。

まずは戸崎騎手の3連勝。昨年はイマイチ大一番で弾けきれなかったところもあったが、年が明けて運気も変わったのか。初日に勝てた余裕が2日目、3日目に生きた。特に2日目のフェアリーSの4角の余裕は、初日の勝利があったからこそ待てたという気がする。2着馬が必死に押し上げて、結果的に明らかに早仕掛けになったのとは対照的。

アーモンドアイは初勝利の勝ちっぷりだけなら現世代でもナンバーワンクラス。明け3歳の世代の中で、新馬・未勝利の勝ち上がりの7段階評価で、6つ星「★★★★★★☆」を付けた数少ない馬。

ダノンプレミアム・ロックディスタウン・ルヴァンスレーヴあたりが同様の評価だったが、アーモンドアイもそれに負けず劣らずの素質を示した。

母フサイチパンドラという血統面からもまだまだ伸びそうだし、案外距離は持つと思う。まだレースをじっくり見ていないが、距離適性的な部分の評価も含めて、明日の回顧版にてお送りする予定。

競馬ノートの重賞回顧は基本的に月曜(今週は火曜)配信。
レースの真の評価・価値がわかり、今後狙える馬もわかる。
これだけでも読む価値があるはず。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



日経新春杯は某氏から、

「なかなかのメンツです」

と言われたので、

「好メンバーですね!」

と適当に答えたのですが、あとになってちゃんと登録馬をみたら、罠でした。笑

一応連覇を目指すミッキーロケットが主役になる…のか、あるいはソールインパクト、ロードヴァンドール、モンドインテロ? いずれにしても手薄。

今年の相手関係ならばこの馬でも出番がないか。
人気ブログランキングへ

前走は強気の競馬で直線も楽々通し切り勝ち。地味血統でもあり人気にならないだろうが、芝の長丁場への適性は高い。強気の競馬で活路を見出したい。

というわけで、また新たな一年がスタート。来週の回顧は的中報告を思い切りしたいものです。

スポンサーリンク

yamamototaro at 03:11│clip!2018-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索