TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-全馬診断

2018年01月10日

日経新春杯 2018 出走予定馬全馬診断〜エリモダンディーの豪脚から20年、低調メンバーの中で主役を務めるのは…〜

さて、3日間開催明けということでもうすぐにも週末がやってきそうな今週ですが、京都競馬場では日経新春杯が行われます。

あの、エリモダンディーから20年。エリモダンディーのときがテンポイントの悲劇から20年ですから、テンポイントからは40年。

今年は全馬無事に走り抜けてほしいですね…。

今でも忘れられないエリモダンディーの天国まで伸びて行った豪脚…。




スポンサーリンク


〜日経新春杯 2018 出走馬全馬診断

・アクションスター(太宰52.0)
→明けて8歳を迎えたが、今更能力アップが見込めるはずもなく、本気で勝ち負けを目指して出走してくるわけではないだろう。馬券的には苦戦濃厚。

・カラビナ(幸52.0)
→使われつつじわじわと力をつけてきてはいるが、いかに手薄なメンバーとはいえ重賞となるとやや壁がありそう。田辺騎手が騎乗する際は上手く脚を溜めてよいパフォーマンスを見せているが、今回は幸騎手というのも割引。

・ガンコ(酒井52.0)
→初の芝の長丁場に出走となった前走の八坂特別では2番手に付けると、直線は後続の追い上げを楽々としのいで完勝、適性の高さを見せた。地味なタイプであまり人気にはならないが、今回もうまく先行できればチャンスもありそう。

・サンタフェチーフ(未定52.0)
→6歳牝馬とはいえまだキャリア10戦と数を使われておらず、馬は若い。久々だった前走も差のない競馬に持ち込めており、能力はそれなりに高く先々は重賞でも通用しそうだが、いきなりこのメンバー相手となるとどうだろうか。

・ソールインパクト(福永54.0)
→キレないがばてないタイプで、長丁場は合っている。前走のように先行してしぶとさを生かしたいところ。

・トルークマクト(未定52.0)
→ハマればひと脚は使うが、さすがにG2では荷が重い。オープン特別辺りでもう一発くらいありそうだが、今回は苦戦濃厚。

・パフォーマプロミス(デムーロ54.0)
→使われつつじわじわと力をつけてきており、ようやくオープン入りし、今回が重賞初挑戦となる。6歳とはいえまだキャリアは浅く、先行抜け出しのレースぶりにも安定感があるので騎手も込みで怖い一頭。ただ実績の割には相当穴人気をしそうで、妙味はあまりないだろう。

・ヒットザターゲット(小牧56.0)
→実績豊富な馬だが、すでに10歳で近走を見てもかなり衰えを感じる現状。奇跡の激走があるとすれば内枠を引いた時だが、さすがに厳しいか。

・ベルーフ(川田56.0)
→小倉記念での連続好走などベストはコーナー4回の2000メートル。上がりが早くなる京都の外回りでは厳しそう。

・ミッキーロケット(和田57.5)
→昨年のこのレースを制しているように、コース適性は高そうだが、その後の成績がいまいちぱっとしないのは気がかり。今年は相手も楽で引き続き好勝負になっていいが、ややジリっぽさもあるので、何かに足元をすくわれそうな気もする。

・モンドインテロ(ルメール57.0)
→ここ2走はやや脚を余している印象で、この馬の持ち味である長くいい脚を使える特徴を生かせていない。距離延長はプラスで京都は安定して走るのでそろそろ巻き返しがあるか。

・リカビトス(浜中50.0)
→最軽量ハンデでの出走となるが、秋華賞以来の久々に加えて一気の距離延長は楽ではなさそう。スタートも課題で、使ってからだろう。

・ロードヴァンドール(横山典56.0)
→とにかく行き切ればしぶとい馬で、前走も最後までよく粘っていた。ダイワメジャー産駒は短距離のイメージがあるが、かつて長距離で活躍したメイショウカドマツ、またダイワメジャー自身も有馬記念で2年連続3着するなど、潜在的なスタミナは豊富。騎手も込みで怖い一頭。

以上13頭を見てきましたが、どの馬も歯切れが悪いように今年は決め手に欠けるメンバー。G2というイメージよりはハードルを下げて予想した方がよさそうです。

というわけで、現時点で軸候補と閑雅ているのはこの馬。
人気ブログランキングへ

今年は再三書いている通りメンバーは低調で、適性的にも能力的にも上位争い必至でしょう。

〜PR〜

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第65回 日経新春杯(G2)


新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!


  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」


凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『日経新春杯(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
締切:1月14日 14時
    →完全無料・日経新春杯
暴露王:日経新春杯300_250

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

yamamototaro at 16:16│clip!2018-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索