TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-全馬診断

2018年01月11日

京成杯 2018 平日予想版・出走馬診断

久々に繁華街にある回転ずしに行ったのですが…いわゆるタッチパネル式の安いところ。

大前提として…ですが、最近新宿、渋谷などのターミナル駅には回転寿司が増えています。サブウェイとかが潰れて回転寿司ができる。なぜかと言えばそりゃ外国人観光客が増えたから。

彼らはなんだかんだ言っても、

JAPAN=SUSHI SAMURAI NINJA GEISHA


ですからね…。サブウェイで面倒な注文するよりは観光出来たらSUSHI屋に行きますよ。そりゃ。

それはさておき、激安回転寿司に久々に行ったんですが、隣にいたマイケルムーア風の欧米人が、なんとなくドギマギしていて、見ていたら、醤油を皿に垂らした後、そこに緑茶の粉を入れ始めたんですね。

いやいやいや。笑

見て見ぬふりが得意なJAPANESEですが、さすがに教えてあげました。WASABIだと思ったらしく、いやいや、WASABIはこの袋、そのグリーンパウダー? はお茶だと。

マイケルムーアさんからニコっとお礼を言われました。良いことした気分ですが、同じ値段でももっと美味しい回転寿司が近くにあることを教えてあげたくもなりました。

さすがにそれは大きなお世話だと思うし、そもそも語学力が追い付かないので止めましたが…。

日曜日中山競馬場では3歳馬による中距離のG3、京成杯が行われます。皐月賞と同じ舞台で行われるレースですが、近年はメンバーレベルが低く、クラシックに繋がらないことが増えています。

2010年にはエイシンフラッシュがこのレースを足掛かりにダービー馬にまで上り詰めましたが、ここ5年の勝ち馬を見るとその後はいまいちなケースが多く、クラシックではほぼ出番なし。今年は何頭か素質のありそうな馬がいますが、それなりに内容のある勝ち方をしない限り、G1に繋がっていく可能性は低いかもしれません。

というわけで、現時点での注目馬。
人気ブログランキングへ

デビュー戦は負けたとはいえ好内容。前走の勝ちっぷりも優秀で、タフな馬場も問題なくこなしそうなタイプ。あまり極端な内枠は避けたいが、まともなら好勝負になって良いはず。ジェネラーレウーノが人気を集めそうだが、お金をいれたいのはこちらだ。
2018-01-08-16-44-26

それでは早速全馬見ていきます。

スポンサーリンク


〜京成杯 2018 出走馬全馬診断

・イェッツト(蛯名)
→デビュー戦は、派手さはないがセンスのある勝ちっぷりで今後の成長次第では可能性を感じさせる内容だった。カンパニー産駒ということで個人的にも将来を期待したい存在ではあるが、キャリア一戦でのいきなりの重賞挑戦となる今回は果たしてどうだろうか。過去5年で、キャリア一戦で馬券に絡んだのはアデイインザライフのみでどちらかといえば苦戦傾向。

・エイムアンドエンド(三浦)
→8年前のこのレースの覇者であるエイシンフラッシュの初年度産駒。だが、未勝利をやっと勝ち上がった前走の内容からいきなりの重賞挑戦では少し分が悪い。

・ギャンブラー(津村)

→大型馬で不器用な印象を受けるが、半面荒れ馬場には強そうで、冬の中山の芝への適性は高そう。このレースはハービンジャー産駒が過去3年で2勝上げるなど相性がよく、血統的にも注意したい一頭。

・コズミックフォース(戸崎)
→未勝利戦の勝ちっぷりはメンバーの中でも上位で、まだまだ伸びシロを感じさせる内容だった。レースぶりに安定感があり、いきなりの重賞挑戦でも侮れない。勢いのある戸崎騎手の手綱にも注目。

・コスモイグナーツ(柴田大)
→アイビーSはかなり特殊な馬場状態での逃げ切り勝ち。しぶとさは光るがどちらかといえば逃げ先行馬にとって苦しいレースで果たしてどこまで粘れるか。

・サクステッド(吉田隼)

→使いつつよくなる印象のあるタートルボウル産駒だが、それなりの相手のそろったデビュー戦を勝っており、それなりに素質は秘めていそうな一頭。今回は比較的相手関係も楽で立ち回りしだいではチャンスもあるか。

・ジェネラーレウーノ(田辺)

→デビュー前から非常に調教で動いており注目されていた馬で、初戦こそ取りこぼしたが、そこからきっちり2連勝で重賞に駒を進めてきた。まだ幼い面もあり完成は先だろうが、中山への適性は高く素質は通用しそう。この舞台で田辺騎手が乗れるのも大きい。ただ、脚質的にはもう少し幅が欲しいところ。落ち着いてレースに臨めれば…。

・ジョリルミエール(木幡初)
→6戦目にして初勝利を挙げた前走は大穴だったが、ペースに恵まれた面が大きく、今回は苦戦濃厚。

・スラッシュメタル(柴山)
→デビュー戦はセンスと安定感のある走りできっちり差し切り、素質の高さを見せた。コーナー4回の2000mは合っていそうでうまく流れに乗れれば通用してもおかしくない。

・タイキフェルヴール(北村宏)

→2連勝でここに参戦してきたが、いずれもダートで血統的にも完全にダート馬。芝では厳しそうだ。

・ダブルシャープ(田中勝)
→朝日杯では見せ場を作れなかったが、外回りのマイル戦は条件的にも合わなかった。豊富な持久力が武器なだけに内回りの2000mに変わるのはプラス。勝負根性が生きる展開になれば面白い。ただし、(言うまでもないが)騎手は割引。

・デルタバローズ(石橋)

→初戦はパワーのある走りで完勝だったが、どちらかといえばマイラーの印象で距離延長が大きな課題になりそう。キャリア一戦も割引材料。

・マイハートビート(※)

→前走G1ということでそこそこ人気を集めそうだが、展開が向いた割に伸び切れなかった。上がりが掛かれば出番もありそうだが…。

※回避し若駒ステークスへ。

・ヤマノグラップル(柴田善)
→初勝利は1200でそれもギリギリの内容。ここは相手も強く苦戦濃厚。

・ライトカラカゼ(大野)

→キングヘイロー産駒らしいしぶとさのある立ち回り型で、中山の2000mへの適性は高い。全兄クリールカイザーも中山での重賞を制しており、将来性はありそうだがいきなりの重賞挑戦でどこまでやれるか。

・ロジティナ(内田)
→大型馬で不器用さが目立つタイプで、前走はいろいろとうまくいった面も多かった。相手も一気に強くなる今回は果たしてどこまでやれるか。多少馬場が荒れた方がよいかもしれない。

というわけで、混戦模様で決め手に欠ける一戦ですが一応人気の中心はジェネラーレウーノになるのでしょうか。ただこの馬もまだまだ未完成という印象で今年は波乱もありそうな気がしています。

〜PR〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上の
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 2/11まで無料

 しかも今週限定で日経新春杯の
  重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

12/24 有馬記念 5420円的中
12/23 阪神6R 2万1390円的中
12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中
11/26 ジャパンC 1万3340円的中
11/25 京都7R 1万4530円的中

『7割当たる』『万馬券も獲れる』と大好評!
1日1鞍の渾身予想!

配信時間は開催当日13時

1/13〜2/4まで4週間、特別無料配信。

是非お試しください!


  →1日1鞍の渾身予想を見る方法
ホースメン会議:日経新春杯週300_250




スポンサーリンク

yamamototaro at 23:59│clip!2018-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索