TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-全馬診断

2018年02月08日

京都記念 2018 出走馬全馬診断〜ドバイへ負けられないレイデオロ他・少数精鋭豪華メンバー集結!〜

今週の競馬の大きな楽しみと言えばやっぱり京都記念2018ですね。

少頭数ではありますが、今年は豪華メンバーが揃いました。

ドバイを目指すレイデオロを筆頭に皐月賞馬のアルアイン、エリザベス女王杯馬のモズカッチャン、秋華賞馬のディアドラなどなど、まさに少数精鋭。というわけで、早速ですが久々に全馬診断で各馬見ていきましょう。

スポンサーリンク


〜京都記念 2018 出走馬全馬診断

・アクションスター(太宰)
→既に8歳、現状全く重賞では通用していないが、それでも現役を続けているのは、それなりに(金銭的な)うま味があるからだろう。もともと陣営も建前上はともかく内心では本気で勝ち負けになると思って使ってはいないはず。今回も苦戦濃厚。

・アルアイン(川田)
→本質的には中距離型だが、菊花賞は地力の高さでそこそこ見せ場を作った。さすがに菊花賞のような極悪馬場はともかく、常識的、日常的な範囲ならタフな馬場を苦にしないパワーもあり、適距離に(近いところに)戻る今回は好勝負になる。

・クリンチャー(藤岡佑)
→菊花賞ではあわやの2着と、極悪馬場を苦にせず見せ場以上の走りをした。もともと皐月賞でも強気に仕掛けて4着とスタミナ勝負になれば強敵相手にも互角以上の戦いをしていた馬。そういう意味では今回も期待したいが、前走あまりにもうまく乗った面もあり、休み明け初戦で果たしてその再現ができるのかとなるとやや疑問。目標は先だろうか。

・クロコスミア(岩田)
→府中牝馬S、そしてエリザベス女王杯ともに展開に恵まれた面はあるとはいえ自分でレースを作る形をとれるようになったのは強み。今回はプリメラアスールとの兼ね合いが鍵になりそうだが、行かせて2番手でもOKなので、すんなりと先行できればあとは展開一つ。

・ケントオー(小牧太)
→中距離路線に転じてからそれなりに毎回末脚を使っており、どこかで一発あってもよさそうだが、さすがにG2のここでは厳しいだろう。そのうちOP特別なら出番もあるか。

・ディアドラ(福永)
→秋華賞では出遅れながらも抜群の立ち回りを見せて、待望のG1制覇。エリザベス女王杯では期待されたが、スローペースの流れに全く乗れず惨敗を喫してしまった。今回は久々になるがもともと安定タイプ。勝ちきるまではどうかも相手なりには走れそう。騎手もそういう競馬(だけは)得意だろうし。

・プリメラアスール(酒井)

→逃げてどこまでやれるかだが、さすがに今回は相手が強い。苦戦濃厚。

・ミッキーロケット(松若)
→昨年の日経新春杯を制して以降はいまいち伸びがないが、ここ2走はようやく徐々に復調気配を見せている。ただ前走にしても内容は完敗で、相手関係を考えても大幅強化となる今回は厳しい戦いになりそう。切れるタイプではないので荒れ馬場は歓迎。スムーズに先行集団で流れに乗りたいところ。

・モズカッチャン(デムーロ)
→エリザベス女王杯は鞍上の完璧なエスコートによる部分もあったが、好位から抜け出すレースぶりには安定感がある。持久力戦、かつ荒れ馬場になる京都記念の馬場はデムーロ騎手の得意舞台で、エリザベス女王杯と同じようなレースなら当時の再現があっても驚けない。タフな馬場は歓迎。

・レイデオロ(バルジュー)
→ホープフルSを制した頃は低レベル世代の中の暫定トップという感じで、さほど大物感はなかったが、消耗するレースをあまり経験していないのがよかったのか、この厩舎の流儀にもあっていたのか、その後の成長が著しく、神戸新聞杯、ジャパンCと安定したレースぶりで一流古馬とも差のない能力があることを証明した。久々は基本的には問題ないタイプ。ドバイ遠征、クラックスマンとの対決へ向けてここは負けられない一戦となりそう。正直、バルジュー騎手の起用は驚きと同時に、さすがに他にもっと良い日本人ジョッキーがいたと思うが、さほど乗り難しいタイプではないし、大きな減点材料にはならないか。

以上。10頭が出走する京都記念ですが、今年は恐らく1番人気はレイデオロ、2番人気はアルアインとモズカッチャンあたりになりそうです。ただ小頭数とはいえ馬券圏内ならチャンスのありそうな伏兵もそこそこそろっており、馬券的な妙味も期待できそうです。

それでは最後に本命予定馬をこちらで挙げます。
人気ブログランキングへ

大した捻りもないですが、ただ、このレースは意外と難しい結果になることも多いんですよね、特に近年は。したがって、軸としての信頼度は一番というところで、アタマまでとなると何かにやられる可能性はあると見ています。

そこらも含めて、今週末のブログでは恐らく共同通信杯より京都記念をフルで取り上げると思うので、是非ご期待ください。

なお、共同通信杯は枠順次第では大人の事情により…競馬ノート限定になるかもしれません。アレがアレで、イロイロと買いたいレースということでもあります。

3日間開催、もちろんフルで配信するので、是非競馬ノートもよろしくお願いします。明日は先週末の重賞以外の回顧を一斉配信しますのでお楽しみに。

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート




スポンサーリンク

yamamototaro at 03:09│clip!2018-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索