TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-日常

2018年02月17日

【今夜21:30〜】平昌五輪 男子ラージヒル 観戦のための予想展望〜葛西選手他、絶好調!小林陵侑選手などの可能性、海外の注目選手は?〜

競馬とまったく関係のない記事なので興味のない方は読み飛ばしてください><

スポンサーリンク


日本人の中からは葛西選手、小林潤志郎選手、小林陵侑選手、そしてノーマルヒルの伊東選手に替わり、竹内択選手を含めた4人が出場します。

kasai

いつも観ているマイナースポーツがほぼ4年に一度だけ注目される瞬間なので、予想と展望を書いていきたいと思います。

というのも…

普段オリンピックを見ていてつくづく感じるのは、

「公平な立場からの現状を知りたい」

ということ。

もちろん日本人選手に頑張ってほしいのですが、競技を楽しむためにはどの選手が強いのか、日本人選手はどれくらいの位置なのか、実際のところ、ひいき目抜きに可能性はどれくらいあるのか…こういうことがわかった方が、より楽しめると思うんですね。

なので、ココは敢えて日本人贔屓を封印して、リアルな可能性と各国有力選手の予想などを書きたいと思います。

最初に言い訳をしますが、平昌の台は非常に風が強く、予想が難しい。つまり不確定要素が多いです。比較的波乱の可能性は大きいと言えそうです。

一応ノーマルヒルでは◎ヴェリンガー選手が素晴らしいジャンプを見せて優勝しました^^

早速ですがまずは日本人選手の展望です。

【葛西選手】

言わずと知れたレジェンドですが、絶好調だったソチ五輪に比べると現状はあと一歩でしょうか。風を掴めばビッグフライトに至る可能性もありますが、反面現状真っ向勝負になるとやや厳しいかも。ノーマルよりはラージヒル向きのステイヤータイプなので、なんとか条件が向いてほしいです。ハマれば。

【小林潤志郎選手】

本来なら日本の今年のランキングでいえばこの選手が圧倒的にトップで優勝争いする力もあったのですが、どうもここに来ての調子がイマイチ。運も向いてきていません。ジャンプ競技は競馬でいえば、

普通の調子のロードカナロアvs絶好調のハクサンムーンが対戦したら、明らかにハクサンムーンが有利という競技なので、やはり調子がイマイチなのは気になります。

【小林陵侑選手】

ココに来て絶好調なのが弟の小林陵侑です。実績的には日本人選手の中では皆無なのですが、上昇度では間違いなくナンバーワン。競馬でいえば福島記念を勝って有馬記念に挑んでいるようなものですが、予選でもビッグフライトを見せて3位に食い込んでいますし、今の状況を考えると実は日本人で最も期待できるのはこの選手と感じます。

【竹内択選手】


実績だけなら葛西選手、そしてラージには出場していない伊東選手に次ぐ存在。ただ今季の調子がイマイチなので優勝争いまではちょっと厳しそう。それでも地力はある選手なのでひとつでも上を目指して頑張ってほしいです。

〜海外の注目選手〜

シモン・アマン(スイス)

この選手は2002年のソルトレイク、2010年のバンクーバーでともに2冠を獲得したいわばスーパースターです。世界的な知名度でいえば葛西選手の次に有名なのがこの選手(とシュリーレンツァウアー)でしょう。実は長野五輪にもまだ子供のようなルックスで出ていました。ソルトレイクの時はハリーポッターに似てるとして話題になっていましたが、まだまだ健在でここにきてまた調子を上げてきています。着地があまり上手くないのはご愛敬として、ビッグフライトに期待したい、個人的にもとても好きな選手です。

アンドレアス・ヴェリンガー(ドイツ)

今、たぶん世界で一番技術的に優れているのはこの選手だと思います。とにかく欠点が一つもなく、鋭さもパワーも美しさも兼ね備えています。普通に飛べばメダル争いは確実とみています。

カミル・ストッフ(ポーランド)

ソチ五輪のノーマル・ラージの2冠、葛西選手の悲願を阻んだ選手ですね。今年の年末年始に行われたジャンプ週間では4戦全勝と圧倒的な強さを見せつけ、今回も有力でしょう。ただ、ここにきて絶好調時の圧倒的な感じと比べるとやや落ちている(とは言え高い次元の話)のが気掛かり。着地の柔らかさは世界一です。

〜その他・各国の有力選手

ドイツ勢 ヴェリンガー他 フライターク ガイガー アイゼンビヒラー
→皆有力です。全員が表彰台の力があります。

ノルウェー勢 フォーファン タンデ ヨハンソン スティアネン
→皆有力、特に最初の3人は表彰台の力ありです。

オーストリア勢 クラフト ハイベック他
→本来ジャンプ王国なのですが、今年は全体に不振。クラフトは可能性アリ、ハイベックは…ベスト10までかな。

ポーランド勢 ストッフ他 フラ クバツキ コット
→ストッフが一番強いが他もハマれば表彰台の力がある選手。三振かホームランみたいな魅力的なジャンプをするので風が当たると案外ドカーンがあるのはこの国)

スロベニア勢 プレフツ ダミヤン バルトル
→今年はやや不振、プレフツだけは可能性あるが、メダルまではちょっと厳しいかも。

その他 クリモフ(ロシア)

太字は表彰台圏内

こうしてみていくとドイツ、ノルウェー勢が強力で、そこに挑むストッフ他ポーランド勢とクラフト、食い込んでいきたい日本勢という感じでしょうか。


競技は2回、1回目50人が飛んで、上位30人が2本目に。1本目はW杯のランキング下位から順番に飛び、2本目は1回目の順位の低い方から飛んでいきます。

この後月曜に団体戦もあるので、そこに向けて各国の選手の調子やどんな選手がいるかなどを見ていくと、より団体戦も含めたトータルで楽しめると思います。

なお団体はやはり現状を見るとドイツとノルウェーの2強にポーランドがどれだけ食い込んでいけるかという3チームが有力だと思います。


では、予想をしてみます。上から順番に期待できる順という感じです。


【平昌五輪 男子ラージヒル 予想】

◎ヴェリンガー(ドイツ)


やっぱりいま世界で一番強いのはこの選手。確実に勝ち負けするとみる。イケメン。

○ヨハンソン(ノルウェー)

怖いのはヨハンソン。実績的にはストッフやヴェリンガーには劣るがとにかく勢いがあり一発の魅力もある。髭がトレードマーク。

▲ストッフ(ポーランド)


絶好調ではないがそれでも力はトップクラス。

☆アイゼンビヒラー(ドイツ)


怖いのはアイゼンビヒラー。向かい風を掴めばどこまでも飛んでくような一撃がある。ハマれば怖い…。

△フォーファン(ノルウェー)

当然有力。調子も良さそうで確実に上位争いにはなる。

△ガイガー(ドイツ)

調子上昇中、ドイツの中ではフライタークなどより今季の成績は下だが調子の良さを買いたい。

△フライターク(ドイツ)


本来なら確実に表彰台争いだがやや一時期に比べると調子落ちを感じるので。ベスト10圏内は確実だろうが…。

△タンデ(ノルウェー)


当然上位争い。

△クラフト(オーストリア)

オーストリア勢の勢いのなさは気になるが、それでもクラフトは力がある。

△小林陵侑(日本)

勢い侮れない。日本勢の中で最も期待できるのは実は現状を考えるとこの選手では。

△アマン(スイス)

ココに来て上昇感じる。大舞台での強さは怖い。


葛西選手は小学校から応援していた、当時から一番好きだった選手なのでやっぱり頑張ってほしいです。ハマればビッグフライトがある。

ちなみに昔は一時期葛西選手金髪だったんですよ、その後黒髪に戻して、何かの雑誌のインタビューで、

「黒髪に戻したんですけど相変わらずモテますね」

って言っていたのが懐かしいです(笑)。20年くらい前。当時からカッコ良かったです。

スポンサーリンク

yamamototaro at 20:30│clip!2018-日常 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索