TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-G1

2018年02月18日

【G1】フェブラリーS 2018 予想〜距離短縮まったく問題なし!◎テイエムジンソク堅軸〜

いや〜…羽生選手は凄いですね。昨日は馬券購入の手を止めてさすがに見入ってしまいました。大一番での強さは尊敬の域。この大舞台でプレッシャーのかかる中、また怪我を乗り越えての連覇は凄いです。フィギュアはあまり詳しくないのですが、今回は素直に感動しました。

ジャンプはヴェリンガー…惜しくも2位、連覇のストッフ、底力でした。これも強かった。ヨハンソン3位。一応昨日の予想の▲◎○。こんなところで当たっても仕方ない。それより良い勝負が見られました。小林弟も成長しましたね。これを続けてほしい。この感覚を忘れずに、この後の団体はもちろん、ワールドカップに持ち帰って欲しい。葛西選手は今回はちょっと調子が合わなかったですかね。あまり風のことをいうのは逆に頑張った選手に失礼ってもんでしょう。今の出来だとヴェリンガー、ストッフあたりは条件問わず飛んで来れる力があります。日本人選手も再びその域に行かないと。長野の時は葛西選手がノーマルで7位に入ったにも関わらずラージと団体で国内4人の枠に選ばれなかったのですから、いかに層が厚かったかわかりますよね><

それでは、今年最初のG1予想へ。
IMG_6039



スポンサーリンク


【フェブラリーS】


群雄割拠のダート界。カネヒキリやヴァーミリアンクラスの地方中央を問わない圧倒的な存在はなく、条件次第ではチャンピオンがコロコロ変わる状況。地方には地方の、中央には中央の適性があり、そこを素直に見極めることがひとつめのポイント。

もうひとつ。土曜のダートを見る限り現状は前が有利。極端な差しは決まりづらく、差し追込みタイプよりはある程度流れに乗せていく組を重視したい。

テイエムジンソクが本命。チャンピオンズカップは最後差されたとはいえ、1.3着はフェブラリーS勝ち馬で、当レース向きのスピードを問われた一戦だった。

好スタートから流れに乗っていくスタイルは大崩れがなく、掛かるくらいのスピード、またクロフネ×母父フォーティナイナーという血統を見てもむしろ千四からマイルくらいがベストでは。今のスピード志向の馬場も合う。

対抗にはゴールドドリーム。脚質的にややアテにしづらい面があり似たような人気なら前に行ける組が有利とみて落としたが、それでも得意舞台なら当然有力だろう。前半以下にスムーズに流れに乗れるかがカギになるが、芝スタートの方が出遅れリスクは低い。

以下は混戦模様。

地方交流転戦組はお世辞にもレベルが高いとは言えず、収得賞金という既得権で出走し、あとは展開次第でコロコロと勝ち馬が変わっている状況。

アウォーディーもサウンドトゥルーも、結局は走るたびに順番が変わる暫定チャンプに過ぎず、ケイティブレイブだけはもう少し上のランクに行ける馬だが、その馬とて主戦が勝負に行けない騎手ではたまたま出遅れて追い込んで勝つか、たまたま逃げ馬がいなくて勝つか、という程度で上記の馬たちと同列の存在に過ぎない。武豊と田辺という2大名手の手で数々のタイトルを手にしたコパノリッキーとの決定的な違いだろう。

となれば、ここは伏兵台頭の余地あり。そこで狙いはこの馬。
人気ブログランキングへ

前走こそ適性外条件で凡走も掛かるタイプでこれくらいの距離がベスト。大型馬ながら馬群も大丈夫で、並んでのしぶとさも強みだ。今の馬場なら好勝負になって良い。

さらなる大穴ならニシケンモノノフ。昨年は厳しい流れを粘ってあわやの見せ場。過去の千六も決して力負けではない。昨年不利な状況から差し切ったJBCスプリントは見た目以上に価値が高く衰えはない。今年の相手関係と馬場状態ならば、名手の手綱でひと泡吹かす可能性はある。

テイエムジンソクの安定感を信頼しつつ、相手には少し伏兵を狙う一戦だ。

◎テイエムジンソク
○ゴールドドリーム
人気ブログランキングへ…穴推奨
☆ニシケンモノノフ…穴推奨

△サンライズノヴァ
△ケイティブレイブ
△ノンコノユメ
△アウォーディー
△ロンドンタウン

印はココまでですが、現代競馬では言うまでもなく『買い方が大事』です。

時代が変わっても、買い方の重要性は増すばかり。

それは当然で、単複馬連しかなかった時代は 予想印=買い方 でほぼ底に工夫の余地はなかったわけですが、

今は3連複・3連単の時代

予想印をどう料理して買い方に落としていくかが大事なのです。

いわば、予想=食材、買い方=調理方法

美味しい食材も調理方法がダメなら台無しになってしまうのと同様、良い予想をしても、買い方がダメだと全く生かせずに、「印は来てるけど払い戻しはゼロ」という悲しい事態に。

そこで競馬ノートでは買い方を含めた、すべての結論をお送りしています。

軸馬はアタマから流すのか、あるいは3連複の軸なのか、また、手広く行くのか、本線に厚く行くのか、そういった判断をきちんとできてこそ、予想を生かせますし、

もっと言えば、予想は大したことなくても、買い方次第でどうにでも回復できてしまうのもまた現代競馬なのです。

買い方も含めたすべての結論については今年も競馬ノートをご覧いただければ幸いです。

大幅リニューアルして大好評の回顧号も、より馬券に生かせる読みごたえのあるものになっています。こちらは来週平日をお楽しみに。

下記リンクより登録と同時にフェブラリーS&小倉大賞典他すべての結論が届きます。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



スポンサーリンク

yamamototaro at 12:00│clip!2018-G1 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索