TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-全馬診断

2018年03月29日

【大阪杯2018】出走予定馬全馬診断〜後編/スワーヴリチャード、トリオンフ他〜

今週の日曜日は大阪杯2018。というわけで久々に、大阪杯2018の出走予定馬全馬診断を書いていきます。

前編はコチラ

本日は後編です。

その前に名古屋大賞典、◎サンライズソア頭勝負本線でキッチリ来たんですが…メイショウスミトモ、まさか落馬とは…。◎→☆→△で獲れず…。次頑張ります…><

大阪杯の話へ。まずは怖そうな穴馬を一頭。

この鞍上の信念というか、腕と思い切りは鞍上の仕掛けどころ次第でどうにでもなる阪神芝内回りなら怖い。レースぶりを見る限り案外これくらいの中距離の方が合いそうだし、前走のように守りに行く立場でもなく、今度は人気急落。一撃ある…かも。
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク


〜大阪杯 2018 出走予定馬全馬診断・後編(・∀・)

スワーヴリチャード(デムーロ)

→前走は着差こそ僅かながら早めに動いてキッチリ差し切り、余力残しの勝利には価値がある。右回りには一抹の不安があるが、それでも有馬記念ではロスがありながらも2着とは差のない4着。急坂コース向きのパワーがあり、右回りで考えられる中では阪神芝2000mはかなりベストの近い条件だろう。動きやすい枠を引きたいところ。

ダンビュライト(浜中)

→大物感という意味ではイマイチ物足りないが、好位からジワジワと伸びて来れる安定感が武器で、阪神の2000mは合いそう。どちらかといえば前が有利な馬場状態も向きそうだし、勝ち切るまではともかくとして馬券圏内なら十分にありそうだ。

もっとも、デムーロ→浜中の戦力ダウンは考えておきたい。浜中騎手は個人的に好きだし悪く書きたくはないのだが、それでも比較対象がデムーロになってしまうとさすがに…。浜中騎手の一連の競馬でよくヨレて迷惑を掛ける騎乗を観ていると、恐らく同騎手は美味しいものを最後まで残しておいて一気に食べるタイプの気がするが、どうなのだろうか(;・∀・)

トリオンフ(田辺)

→デビュー当時から面白い穴馬として期待していた馬ではあるが、去勢をキッカケにポンポンと出世していよいよG1の舞台へ。平坦実績が目立つものの、決して急坂がダメというタイプではなく、むしろ大柄な馬体から繰り出すパワフルなフットワークは阪神コースには向くのでは。機動力戦になると分が悪いので、できれば淀みない流れの持久戦になって欲しいところ。距離延長はプラス。川田騎手が乗れないのは痛いが、田辺なら飛車を失って角を得たようなもので問題はないだろう。スムーズなら大駆けも…。極端な内枠は避けたいところ。

ペルシアンナイト(福永)

→伸びのあるフットワークから繰り出す末脚が武器で、中山芝千八がまったく合わなかった前走は度外視でOK。ある程度助走が必要なタイプなので阪神外回り(※訂正。間違えて外回りって書いちゃいました。助走が必要なタイプなのでロングスパートが効く阪神芝2000は合いそうだってことです。内容はそのまま解釈でOKでふ。ご指摘ありがとうございます!)は合いそうだ。乗り替わりで人気落としそうだが、福永騎手にとっては手が合わないタイプではない。展開待ちにはなりそうだが、流れさえ向けば差し込んでくるシーンもあるかもしれない。現状内が止まる馬場は期待しづらいので、あとはせめて前が流れてほしいところ。この馬本来のストライドを生かすような競馬ができれば好勝負になって良い。直線は外に出すとして、4角でロスなく捌いてインサイドアウトを使えるかがポイント。福永スペシャルのサングレーザーをやってくれれば出番もある。

マサハヤドリーム(北村友)

→この馬こそダービー卿CTに向かうべきだと思うのだが…。毎度折り合いに苦心する現状で、なぜ距離を伸ばして来るのかはよくわからない。もっとも折り合いさえつけば少なくとも今の戦績のイメージよりは上を目指せる器。後方で死んだフリ、折り合って直線勝負なら、そこそこ来れる可能性はある。2ケタ着順濃厚と見せかけて9着くらいに来る可能性は考えておきたいが、馬券とは関係ないか…。

ミッキースワロー(横山典)

→先日のハイランドピークで何の迷いもなく馬の行く気がないとみるやスッと控えた横山典騎手をみて、改めて恐ろしい男だと思った。あれだけの信念を持って騎乗するからこそ数々の大一番で実績を残して来ているのだろう。今回は馬の力だけならばやや劣勢ではあるが、鞍上の仕掛けどころ次第で工夫できる条件だけに、怖いと言えば怖い。

メートルダール(松山)

→前走はさすがに位置取りが後ろ過ぎた。条件自体は悪くないが、さすがに地力面で劣るか。ひと雨欲しいがそれも望み薄で…。この馬に松山なのか!

ヤマカツエース(池添)

→近走を見る限り少し衰えがあるのかなという感じ。昨年は素晴らしいデキで3着に突っ込んできたが、当時と比較すると臨戦過程を含めて割り引かざるを得ない。同馬主ヤマカツライデンが引っ張る流れをどううまく生かせるかだが、今年は厳しい戦いになりそうだ。

ヤマカツライデン(酒井)
→恐らく逃げるのはこの馬だろう。どの枠に入るかによって多少展開面に影響を与えるかもしれない。まずは一生懸命逃げて、盛り上げてほしい。

〜PR〜

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第62回 大阪杯(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」


凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼最近も凄穴◎・激走○で高額的中続出!▼

3月11日 阪神11R
『第52回フィリーズR』
◎リバティハイツ
(8人気・単勝22.3倍)
△アンコールプリュ(2人)
△デルニエオール(5人)
3連複  9140円
馬 単  9680円

━━━━━━━━━━━

3月10日 阪神11R
◎タガノエスプレッソ
(9人気・単勝33.4倍)
△サトノファンタシー(4人)
△ラテンロック(6人)
3連複 4万4340円
馬 単 2万2030円

━━━━━━━━━━━

3月3日 中山11R
『第13回オーシャンS』
◎ダイメイフジ
(1人気・単勝5.0倍)
◯キングハート
(10人気・単勝31.3倍)
△ナックビーナス
(2人気・単勝5.1倍)
3連単13万4890円
3連複 1万3740円

━━━━━━━━━━━


2月26日 中山11R
『第92回中山記念』
◎マルターズアポジー
(6人気・単勝14.1倍)
○ウインブライト
(2人気・単勝5.3倍)
△アエロリット
(5人気・単勝7.4倍)
3連単 4万1500円
3連複   8640円

━━━━━━━━━━━

暴露王はメインレースに強いです!
G1シーズンも要注目!


 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『大阪杯(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼


本物の【凄穴馬情報】を無料公開
    【買うべき穴馬はコレ!】
  →完全無料・大阪杯
暴露王:大阪杯300_250

━━━━━━━━━━━━━━━


スポンサーリンク

yamamototaro at 20:52│clip!2018-全馬診断 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索