TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-地方競馬

2018年04月17日

【ブリリアントカップ2018】予想

雨の火曜日。

昨日ダービーのことを少し書いたけど、現時点で別路線組で最注目はこの馬。
人気ブログランキングへ

京都新聞杯出走予定。是非ダービーへ…無事に。

ブリリアントカップ2018。

今週はなかなか大井が熱くて明日の東京スプリントは馬券的にも面白そう。今年、交流重賞はサッパリ当たっていないのですが、私のモットーは自分や相手の状況によって態度を変えないこと。

上手く行くこともある、行かないこともある、でも同じように接して、同じ態度でいたい。自分も同じ。ハズレても卑屈になることはない。1年あれば波はある。

その前に、今日のブリリアントカップ、リッカルドも出て来てなかなか好メンバー。ということでカンタンに予想を。

明日の東京スプリント2018は今夜のうちの予想を更新できる予定ではいます。

いつも通りnoteでの公開となりますので、是非こちらもチェックしてください。

TAROの競馬@note

スポンサーリンク


【ブリリアントカップ】

当然リッカルドの充実ぶりを評価したいが、千四からの一騎の距離延長は少しだけ気掛かり。どちらかといえば大箱コースよりもグッと溜めが入る方が良い馬で、溜めが入らないなら体力勝負、かつ外からスムーズな1400mが合う。前走はそういうことでの勝利。

付け入る隙あり…。

展開はスロー想定。そこまで行きたい馬は多くない。ムサシキングオーがハナへ行くか。

サブノクロヒョウが怖い。

典型的なロージズインメイ産駒のギアで、ふわっと入ってガシガシ入れていく競馬が合う。だから前走のように前半加速部分で溜めざるを得ない競馬になるとラストでキレ負けする。逆に言えば止まってもいない。

だからこそ距離延長の外枠替わりは大きなプラス材料。これならフワッと入ってそこから長く脚を入れていく競馬ができる。その過程で減速すると再加速までにかなりロスがあるが、今回に関してはひとつ外のタービランスさえパスできれば、あとは大きな障害はないだろう。

4角外から押し上げていくような競馬ができれば、チャンスも訪れるのではないか。

対抗には順当にリッカルド。今年の交流重賞を荒らす存在になって欲しい。

距離延長でムサシキングオーの粘りも怖い。スンナリ先行できれば脚は持続する。最初のコーナーまでの入りがポイントになりそうだ。

◎サブノクロヒョウ
○リッカルド
▲ムサシキングオー

☆トロヴァオ
△15.12.16.3.6.7.8

買い方については考えるが上位3頭をメインにフォーメーションを組む予定。


スポンサーリンク

yamamototaro at 18:18│clip!2018-地方競馬 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索