TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-G1

2018年05月20日

【オークス 2018 予想】〜アーモンドアイvsサトノワルキューレの一騎打ち!!・食い込む伏兵は!?〜

本記事ではオークス2018の予想をお伝えします。

こんにちは!

いよいよオークス〜ダービーですね。

オークスというと現地観戦した1998年が忘れられません。初の東京競馬場、当時はまだものすごい人で券売機の待ち時間が10分とか当たり前の時代でした。もう20年も前ですか…。

IMG_7325

今日も良い天気。ガチうま!は先週の不振もあり今週はお休みです。

競馬ノートの配信内容は以下です。

日 曜  日曜競馬予想・オークス予想版

重賞予想:オークス(G1)
メイン予想:新潟11R 韋駄天ステークス 京都11R 下賀茂ステークス
その他予想:新潟8R 4歳上500万下

以上はすでに配信済み。

そして13時までの追加版にて…

東京10R フリーウェイS 東京12R 丹沢ステークス などをお送りします。

▽TAROの競馬ノート(メルマガ)は下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート
※内容については予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

現代競馬についての考え方、予想方法については…

以下の書籍に詳しく書いています。
回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド (扶桑社新書)

好評発売中です。


スポンサーリンク


【オークス】

今年の牝馬路線は力関係がハッキリしている。

阪神JFが、ラッキーライラック→リリーノーブル→マウレア→トーセンブレス。

チューリップ賞が、ラッキーライラック→マウレア→リリーノーブル。

そして桜花賞は、2着がラッキーライラック。以下、リリーノーブル→トーセンブレス→マウレア。

ラッキーライラックを起点として、それ以下の序列も極めてハッキリしており、桜花賞は極めて順当、紛れの生じにくいレースだった。

そのレースを楽々と突き抜けたアーモンドアイは、素直に世代上位と評価して良い。もちろん歴史的名牝といったレベルではまだないが、折り合いに不安のあるタイプでもなく、またロードカナロア産駒らしい伸びのあるフットワークを見ても、距離延長自体も同世代対決ならば大きな死角にはならないだろう。

そもそもロードカナロア自身、素材として生粋のスプリンターだったかどうかは怪しいところで、フジキセキ産駒のドリームパスポートが松田博厩舎の育成なら菊花賞でもキッチリ走ったように、安田隆厩舎がスプリンターとしての資質を伸ばした面も大きい。

むしろ唯一気になるとすればスタートの悪さと、それに伴う位置取り。それでも極端な出遅れさえなければ、何かに負かされることがあったとしても確実に好勝負になりそうだ。

焦点は、打倒アーモンドアイ、あるいは相手争い。その中でもっとも警戒すべきはサトノワルキューレだろう。やや硬さのあるタイプのディープ産駒だが、長くいい脚を使えるという点ではアーモンドアイを上回る。フローラSでもデムーロらしいやや強引なスパートからまとめて差し切っており、距離への不安が全くないのは強み。逆転候補筆頭として評価する。強気のスパートから持ち味を生かしたい。

この2頭の激突が有力とみるが、能力的に対抗し得るとしたら、何の捻りもないがラッキーライラックだろう。

ただ、有力どころで不安があるとすれば、このラッキーライラックか。

サトノワルキューレの出方次第だが、デムーロが出遅れ後方の平常運転になれば、恐らく昨年の青葉賞・アドミラブルのようなラスト5F地点からのスパートが濃厚だろう。4コーナーで先行集団に取り付いていくような緩やかなまくりの流れになると、インの好位に位置するラッキーライラックにとっては仕掛けどころが難しくなる。下がって来る脆弱な先行勢と、押し上げて来る差し勢の中でどう動くか。基本的にオークスが内枠有利にならないのはこうした隊列構造ゆえで、1枠2頭が絡んだ昨年は、近年としては例外的にイン先行からの隊列がすんなり決まったことも要因。今年の逃げは恐らく外からサヤカチャンが行くだろうし、昨年ほど隊列は落ち着かない。デムーロ主導の持久戦になったときに、死角が生じそうだ。

馬券的にはラストひと枠に何が飛び込むか、そこも順当なら何もないが、今年のオークスが紛れるとすればココ。

そして、割って入る可能性がある最大の惑星はこの馬だ。
人気ブログランキングへ

前走は強敵相手に接戦。デビュー以来大崩れせず走れているのは、本馬の父ルーラーシップ産駒全体に通じる特徴で、ココも相手なりに走れる。桜花賞で下手に実績を積んだ組に期待が集まるなら、妙味を考えてもコチラを狙いたい。距離延長に全く不安がないのは強み。

以下は押さえということになるが、怖いのは予想以上に人気落ちのマウレア。新興勢力と実績勢の中で埋没しているが、長丁場向きそうな小柄な体型に加えてこの条件なら武豊は怖い。

持久力豊富なランドネ、田辺流で流れ向きそうなカンタービレまで。波乱はないと見る。

◎アーモンドアイ
○8サトノワルキューレ
人気ブログランキングへ…穴推奨
☆ラッキーライラック
△マウレア
△ランドネ…穴推奨
△カンタービレ

重賞の最終的な買い目は競馬ノートをもとにしています。

現代競馬・特に今年のオークスは言うまでもなく『買い方が大事』です。

重賞のフル予想&買い方については競馬ノートにて。オール重賞のフル回顧、全馬回顧もお送りしています!月額1,620円(税込)の元はすぐ取れるはずですよ!

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)

スポンサーリンク

yamamototaro at 11:30│clip!2018-G1 | 2018-重賞予想
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索