TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-G1

2018年05月27日

【日本ダービー(東京優駿) 2018 予想】〜府中2400mで本領発揮のアノ馬から!〜

本記事では、日本ダービー2018の最終結論・予想をお送りします。

おはようございます!

土曜は葵ステークスが上手いこと拾えて上々の滑り出し。そしていよいよワクワクのダービーDAYですね。初めて現地で見たのは2001年のジャングルポケットの年で、もの凄い人波に揉まれながら観たのを昨日のことのように思い出します。

IMG_8332

馬券的には実はあまり良い思い出が多いレースではないのですが、過去は過去、今年は今年ということで、思い切って狙っていきたいと思います。

本日のメルマガ・競馬ノートのメニューです。

日 曜  日曜予想・日本ダービー版

重賞予想:日本ダービー 目黒記念
メイン予想:京都10R 安土城ステークス(※追加版で正午までに配信予定)
その他予想:東京9Rむらさき賞 京都12R 御池特別

日本ダービーは印だけでなく馬券を買う上で重要なオススメ券種〜買い方までお送りしています。ぜひご覧ください。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



なお、振り込みでの購読について最近問い合わせをいくつかいただいておりますが、宝塚記念の前に下半期の募集を行う予定ですので今しばらくお待ちください。

回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド (扶桑社新書)

好評発売中です。

それでは、日本ダービー2018予想へ行きます。



スポンサーリンク


【日本ダービー】

デビューから破竹の連勝でいとも簡単に2歳チャンピオンの座を射止め、年明け初戦の弥生賞も難なく突破。いざ、クラシック本番へ…。

今年はこの馬で決まりか!?  皐月賞を前に衆目一致のクラシック候補として認められていたまさにそのとき、

ダノンプレミアム回避―

この一報の瞬間から、一気に混戦へと突入したのが今年の牡馬クラシック戦線。アーモンドアイが派手に桜花賞を、そして危なげなくオークスを制し2冠を達成した一方で、牡馬路線はまさに混沌としている。

今年のダービーをさらに難しくしたのは、波乱となった皐月賞だろう。当日朝は激しい雨が降り続き、昼前に止んだとはいえ馬場は最終週らしい荒れた状態。加えてレースは先行集団の3頭が後続を突き放す特殊な隊列となり、より比較を困難にした。

となれば、やはり能力なら元祖・横綱のダノンプレミアム、ただ異例のローテに加えてマイルでも行きたがるほどのスピードの持ち主、順調さを欠いたこと以前に、もともと距離への不安はある。他方、皐月賞組はタフな競馬で反動が懸念される上に、前述通りそもそも特殊な条件が各馬の実力を見えにくくしてしまった。

最内枠という幸運を掴み取ったダノンプレミアムが結果的に抜けた人気になってはいるが、現実はかなりの混戦、それも大混戦だろう。例年以上の戦国ダービー、どの馬にもチャンスはありそうだ。

今年は別路線組の大駆けがあるとみる。本命にはこの馬を狙いたい。
人気ブログランキングへ

2歳時の連勝以後は不完全燃焼の競馬が続いたが、すべては距離が要因だろう。共同通信杯もスプリングSも、脚を使ったのは本当にゴール板を通過する直前くらい、完全に脚を余した一戦だった。

それを証明したのが前走。一気に600mの距離延長となったが、スムーズに好位を追走すると直線は力強い伸びで後続を2馬身突き放した。それもゴール前はまだまだ伸びており、完勝してなお余力を感じさせる文句ナシの内容だった。

ゆったりとしたローテに加えて、前走はかつてのペルーサやハイアーゲーム、昨年のアドミラブルのように反動が出そうな派手なパフォーマンスではなく、ウインバリアシオンやフェノーメノのように、堅実さの中に確かな実力と成長を感じさせる好内容。相手は強くなるが、引き続き同条件。内寄りの好枠に入った幸運を生かし、激走の舞台は整った。鞍上もそろそろラストチャンスは近い。平成最後の日本ダービーで悲願達成…は少々デキ過ぎかもしれないが、勝ち負け争いに加われそうだ。

対抗にブラストワンピース。異なる距離で崩れず結果を出しているように、大型馬ながら適応力も高く、パワフルなフットワークをフルに発揮できればチャンスは大きい。使い込めるタイプではなく故障リスクもそれなりに抱えているが、だからこそ皐月賞に見向きもせずこの一戦に賭けて来た本気度は侮れない。

皐月賞組の中ではキタノコマンドールが最も怖い。明らかに先を見据えた前走から、今回は距離延長、東京替わりと条件は好転する。全姉デニムアンドルビーが小回り2000mの秋華賞で不発のあと強敵相手のジャパンカップで巻き返したように、ココは一変に期待したい。

以下は大混戦。

正直、無理に絞るくらいなら可能性のある馬は全部押さえた方が良い。絞るのは勇気がいるが、手を広げるのもまた勇気。

その中で、大穴ならオウケンムーン。非力ながら才能を感じさせる走りは間違いなく中山より東京向きだろう。

皐月賞では流れに乗れなかったが最後に伸びたグレイル、反動気掛かりも抜群のセンスで距離克服可能なエポカドーロ、気性的に危うさがある反面、底知れぬ伸びシロを感じるジェネラーレウーノ、前走相当強引な競馬で最後まで伸びた絶好枠アドマイヤアルバも侮れない。

ステイフーリッシュ、ステルヴィオ、ワグネリアン、サンリヴァルなど、印の回らない組にも波乱の可能性を信じて思い切って手を広げてみたい。

○ブラストワンピース
▲キタノコマンドール
☆オウケンムーン…穴推奨
△グレイル…穴推奨

△ダノンプレミアム
△エポカドーロ
△ジェネラーレウーノ
△アドマイヤアルバ

〜PR〜

□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第85回 日本ダービー(GI)

 先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!

    →ココをクリック!


━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞は7番人気馬エポカドーロが制し、2着は9番人気のサンリヴァルで、3連単の配当は【37万2080円】と波乱の決着に。「最終週に雨が降って馬場が悪化した影響が大きかった。皐月賞の結果がそのままダービーに直結するとは思わない」と関係者は口を揃えており、今年の日本ダービーはますます混戦の様相を呈してきたと言えるだろう。

そして今回、皐月賞馬・エポカドーロ以上に注目を集めるのは、皐月賞に出走していれば1番人気濃厚だった、無敗の2歳王者ダノンプレミアムだろう。挫石でレース回避が決まった後、ほぼ2週間、馬房から出すことができなかった調整過程を考えれば、今回は決して順調なローテーションとは言えない。それでも、時計を出し始めてからは流石の動きを披露している。

かつて、フェノーメノ陣営が「本当は自信があったがプレッシャーをかけないように煙幕を張った」とレース後に関係者に明かしていたように、大レースになればなるほど、各陣営の本音は表に出づらくなる。
ホースマンが誰しも憧れる日本ダービーの大舞台であれば、表に出ないような陣営の本音が、いつも以上に多く存在するのは間違いないだろう。

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎−穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。競馬の祭典である日本ダービーの馬券を購入される方は、是非とも”本物の関係者情報”を味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第85回 日本ダービー(GI)

 先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎−穴1点馬券】を特別無料公開!


    ココをクリック!
シンクタンク:日本ダービー490_160

スポンサーリンク

yamamototaro at 08:30│clip!2018-G1 | 2018-重賞予想
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索