TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-地方競馬

2018年05月23日

【大井記念2018】予想&目黒記念2018大穴候補

本日は帝王賞の前哨戦、大井記念2018が開催されます。

中央から移籍後破竹の連勝を続けるリッカルド、地方の大将格で昨年のJDDの覇者ヒガシウィルウィンなどなかなか好メンバーが揃いそうな一戦。

昨日は今季初めて現地観戦。
IMG_7377

今週の運を使い果たしたんじゃないかと思えるような鮮やかな勝利でした。まさか山井が完封するなんて…(;'∀')  山井大介(40)がこれだけ頑張れば、松坂も吉見もまだまだ若いですね。少しだけ希望が持てる試合でした。

というわけで、最近中日の調子が良くて今日はのんびり家で野球を観ようと思っていたら、そんな日に限って中止になるという…笑 なのでダービー資金を稼ぐべく、大井記念を予想しようというわけです。

日本ダービーの出走馬診断の続き、後篇についてはまた夜か明日の朝くらいに更新する予定でおります。


スポンサーリンク


【大井記念】

少数精鋭、なかなかの好メンバー。

中央で衰えた馬が地方へ…これがかつての常識ではあったが、今は元気なうちに地方に行き、そこで環境が変わり一気に覚醒するパターンが増えてきている。

競馬は経済的な側面も当然あるから、南関東の賞金を考えればそういった判断が今後増えてくるのも当然だろう。ただでさえ中央勢にとって狭き門となっている交流重賞の出走も、移籍によってチャンスが広がるという側面もある。いずれにしても、よりレベルの高い馬が中央からやって来て、それに立ち向かう地元勢…長期的に見ればこの構図は全体のレベルアップにも繋がる。

中央→地方の移籍が見事にハマったのがリッカルド。もともと中央時代から素質の高さは見せていたが、鞍上、コース、様々な条件でなかなか結果を出し切れなかった。地方に移籍し一気に能力開花も当然だろう。

ただ、大井2000mとなると付け入る隙もありそうだ。本質的にはもう少し短い距離向きで、この距離もこなせる(実際こなしている)がベストではない。

この舞台ならヒガシウィルウィンの方を上位に取りたい。前走は明らかに距離不足。年明け初戦で叩き台の側面も強かったか。

もともと不発の多いタイプではなく安定型で、現状ベストに近いこの舞台ならば当然巻き返しがある。

相手には素直にリッカルドの地力を評価したい。

以下は混戦模様。

順当ならモンドアルジェンテ。距離延長も歓迎のタイプだが、大型馬の体力勝負タイプで、反動が出やすい点は気掛かり。久々の前走から中2週。順当なら好勝負になるが、ココはひと捻り加えてみたい。

伏兵候補は2頭。

最内枠のペイシャゴンジセはダート馬ながら非常に器用なタイプ。追っての良さもあり距離延長&最内枠歓迎の典型的なストーミングホーム産駒だろう。真っ向勝負だとキツイが、隊列のスポットに上手くハマって追い出しが叶えば差のない競馬になってよい。トラックレースでの強さを生かしたい。

ウマノジョーも展開一つで出番があるか。サブノクロヒョウが前走スタート後手で先手を奪えず終わっているだけに、今回はこの距離で何が何でもの気持ちだろう。多少前がやりあうような流れになれば、漁夫の利的な差しが決まる可能性もあるか。

◎ヒガシウィルウィン
○リッカルド
▲ペイシャゴンジセ…穴推奨
☆ウマノジョー…穴推奨

△モンドアルジェンテ
△ディアドムス
△キングニミッツ

勝つのは◎○のどちらか、ヒモで少し穴が来てくれれば…という期待をしつつ買うつもり。

〜目黒記念2018 大穴候補〜

日本ダービーの後の恒例行事となった目黒記念。

ただ、今年は上位勢に付け入るスキがありそう。チェスナットコートはやや強行軍で状態的には現状維持が精一杯、受けて立つ立場に変わりどうなるか…フェイムゲームは健在とは言え高齢で、ダイヤモンドSからの距離短縮はやや不安もある、パフォーマプロミスも年明け以来の久々となれば、十分に伏兵勢が突っ込んでくる余地もあるか。

その中で大穴として期待してみたいのはこの馬。

近走は全く見せばなく敗れているが、本質的に中距離ではやや短いのでは? もともとキレるタイプでもないしむしろ持続力とスタミナが武器。長丁場の持久力戦になれば一変の余地もありそう。おそらく全く人気はないが、一枚押さえておきたい一頭だ。

スポンサーリンク

yamamototaro at 18:33│clip!2018-地方競馬 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索