TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-競馬ノート

2018年06月01日

6月の競馬が始まる―

まずは明日の東京メイン・麦秋ステークスの穴馬。
上位勢は降級組もいてそれなりに強力だと思うのですが、どの馬も条件替わりでもあり、必ずしも力を出せるかというと?? まだ本命は決めていませんが、確実に穴で面白そうなのはこの馬です。実績は1200mですがズブさがあり距離延長は案外向くのでは? 流れに乗れれば…。

さて、早いもので6月。


スポンサーリンク


今日から俺は!

みたいな決意表明は基本的にはあまりアテにしてなくて、イチローをみればわかる通り、本当の一流であればあるほど常に一定だと思っているんですね。

まぁ、イチローはさすがに極端な例ではありますが、別に超一流アスリートでなくても、ビジネスの世界でも、勉強でもなんでも、秀でた人ほど実は特別な変化よりも、まずはルーティンがちゃんとしている。

したがって、極力

今週から!

今年から! 

みたいなことは言わないようにしていたのですが、しかし、思うところがあって、この夏競馬、今月から夏の終わりまでは、トコトン負けないことに徹する、勝つことに徹してみたいなと。

今まで徹していなかったのか?

といえばまったくそんなことはありませんよ。

もちろん配信は常に全力、読者に対してはその姿勢です。

しかし、僕自身は楽しくやろうぜ〜 というのが大前提としての基本なので、配信以外のところ、つまりすべて自分の責任だけで完結する部分(具体手系には配信など一切しないレース)ではゆる〜くやっていて、まぁちょっと遊んで、ちょっとくらいダメでも自分だけならそれでいいかなという思いもあったのです…が、驚異の集中力と徹底的な分析により、ココから9月までは、自分だけの領域でもひたすらに勝つために、自分自身にもプレッシャーをかけて行こうと決意しました。読者の収支にはこだわっていたけど、僕自身はどこかでいいかなという、それをいったん捨てようと。

もっとも、これは配信やブログの上では何も変わらないので、読者の皆さんには関係ないかもしれませんが、自分自身への決意です。

新しい月になりましたので競馬ノートの読者も募集します。

TAROの競馬ノートは2012年4月に創刊した、TAROの競馬有料版で、月額1,620円で予想から回顧から何まで読めるというスペシャル版です。

ご指定のアドレスに週末の朝〜昼に予想、そして基本的に平日の夜に回顧が届きます。

競馬って適当にやっても勝てるときは勝てます。でも、長期的に…って考えると、適当にやっていると負けます。

でも、元も子もないことを言うと、競馬は娯楽だから僕は負けてもいいと思うんですよ。だから、別にブログだけ読んでいてくれる方もたくさんいると思うし、それでも全然OKですし、ありがたい読者です。

このブログで、勝ち組、負け組ということはを使ったことがない、そもそも僕自身この言葉はあまり好きではないのですが、それは勝ち負けなんてのは、そもそも他人が決めることではないと考えているからですね。

収支がプラスなら勝ち、マイナスなら負けなんていうのは、ただ金銭至上主義の中で、つまり競馬の中のほんの一部を切り取っただけの話で、究極言えば回収率がプラスだって負けることもあるし、回収率がマイナスでも勝ってる人はいるんですよ。

だから、勝ち負けはどうでもいいといえばいいんです。

正確には、どうでもいいわけではなく、他人が決めるものではない、ということですね。

わかりやすく言えば、競馬のためにすべてをかけて、徹夜で予想して、回収率150%!

でも、体壊して早死にしました…これは果たして勝ちなの? ということです。極端な例ですが…。

何はともあれ、ココで言いたいのはそれを他人が決めるものではないということです。

僕にとっての勝ちとはまず、何より楽しむことです。これは競馬のみならず、競馬があって人生があるのではなく、人生があって競馬があるのだから、人生を楽しむための娯楽として競馬があれば最高だということです。

もちろん、だから負けていいのかといえばそうではない。

楽しんで勝つ!

これが究極。

楽しんで勝つにはどうすればいいか?

出てきた数字に丸乗りして馬券買ってはい儲かりました、それが楽しければいいですが、それだったら競馬やらなくていいんじゃないの? というのが正直なところ。

もちろんこれも価値観は人それぞれですが…

趣味でもなんでも、深く知ることで楽しみも深まると思うんですね。

すべてのものは知ることで楽しくなるんですよ。

今、バッタに命を懸けた人の本を読んでいるんですが、その情熱たるや凄いです。バッタを求めてアフリカの砂漠へ一人旅立ち、現地で人を雇い、キャンプをして、バッタの群れを観察して、生態を調べ、英語で論文を書く。

普通の人にはただの虫にしか見えないかもしれませんが、バッタに命を懸ける人からしたら、その行動の一つ一つが宝石のように輝くわけです。

競馬も興味のない人からしたら馬のカケッコだし、実にくだらないものかもしれません。

しかし、興味を持ったならば、やはりトコトン知ることでより楽しみが広がると思うんですね。

なぜ、こんな印のない馬が来るの?

逆に何故こんな印だらけの馬が負けるの?

例えば先週のダノンプレミアムはなぜ負けたの?


そういうことがわかるようになるとより楽しくなるし、深く知りたいと思う。

知りたい欲求に限りはありません。

その欲求に応えるのが競馬ノートです。

なので、これはただ勝った負けたに一喜一憂するだけでなく、その先にある楽しみを見出すことが究極の目的です。

勝ち負けはどうでもいいのか?


そうではありません。

勝ち負けは何より大事です。どんなに楽しくても、やっぱり買うたびにお金が減って行ったらそりゃ人間命の次に大事なものがなくなるだけなら、嫌気がさしますよ。

そうではなく、勝ちたいからこそ、勝ち負けへの執着を少し捨てようということです。

競馬って不思議なもので勝とうと思って必死になると不思議と勝てなくなるんですね。

野球でもそうでしょう。

チャンスだと思って力みまくったら凡打する。

気楽に打とうと思って振り回したらスコーンといい打球が飛んでいく。

……この話は長くなるので止めましょう。エッ( ゚Д゚)。

この話は最新著書、

回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド (扶桑社新書)

好評発売中です。

に書きました。

コイツを読んで、頭の中引っ掻き回して、そうすると少し競馬の見え方とか、馬券への取り組み方が変わる、いや、なんとなく当たりそうな気になるはずです。

当たりそうな気になるのは大事ですよ。

楽しみの話に少しだけ戻すと、つまり、競馬を楽しもうというのは、それが結局は勝つことに繋がるからです。

競馬で勝つことにこだわるからこそ、勝つことにこだわらず、楽しむことを考えよう、という、もはやこの呪文のような禅問答のようなことです。

競馬ノートでは、よりわかりやすく、予想を伝え、より分かりやすく競馬の見方がわかるようになる…ものを目指しています。

今週末の配信予定です。

6/2(土)競馬ノート配信予定

東京9R 国分寺特別
阪神11R 鳴尾記念(G3)
東京11R 麦秋ステークス


土曜の朝配信します。

他、狙えそうなレースがあれば勝負していきます。

日曜の配信予定はまだ未定ですが、当然メインはお送りしますし、その他勝負レース&狙い馬をお送りする予定です。

平日の回顧版、ご質問などに答える金曜版、重賞以外の回顧や狙い馬、穴馬などがわかる木曜版などすべて読むことができます。

今楽しんでいる競馬が、より深く楽しめるようになり、回収率の底上げにもつながるはずです。

予想は推奨券種や買い方なども書いているので、

どう買えばいいの?
印は当たるのに儲からないよ…

といった悩みにもお答えしていきます。

新しい月になったら最初に読むのが最もお得ですので、6月、梅雨のじめじめした季節が近いですが、そのじめじめで財布を潤してやりましょう!

では、次回は予想で!

……言い忘れてました。

購読は以下のリンクからすぐにできます。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


なお、お振り込みでの購読希望の方は今月の宝塚記念の前に募集をかける予定ですので、今しばらくお待ちください。

長々書いて何書いてるのか自分でもよくわからなくなってしまいましたが、

まとめると… クラシックも終わり6月から新たな競馬が始まる。

気合入れていくぞー!!期待してくれ〜〜!! 

ということでしょう!(;'∀')

次回は明日の予想にて。

スポンサーリンク

yamamototaro at 21:05│clip!2018-競馬ノート 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索