TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-日常

2018年06月04日

『G』の話と『POG』の話など…馬券に役立つ話はひとつもありません(;'∀')

現在住んでいる家は昨年引っ越してきたのですが、ゴキブリ(G)が出そうな気がしてなりません…。地域的に虫が多いというか。

家でGさんが最後に出たのは恐らく2006年の4月だったと思うので東京に来てからほぼ見ていないのですがややビビっています。

Gには嫌な思い出があって、大学の頃、家で半殺しにしてピクピク動いている動画を友達に送り付けたら、食事中だったらしくていたく怒られました(笑)。

とはいえ僕も平気って程ではないので、今から心の準備をしております。外にいたり、他人の家にいる分には全然平気なんですけどね←

自分の家に出るのは避けたい。大騒ぎするほどではないですが…。でも、それすらメンタルを強化すれば平気になるんじゃないかなとも思っていて、どうなんですかね。例えば大谷とかはやっぱりGが出たらビビるのでしょうか? イチローとか、稀勢の里とか…。なんかそれも嫌だなぁ、とかどうでもいいことを考えております。

読者の皆さんはどうなんでしょう? 昨年だったか30過ぎた男がGが出て家じゅうバルサン焚いて家帰れなくて実家に帰ってるとか言ってるのを聞いて、そんな情けない奴にはなりたくねーなと思ったのは覚えています。営業妨害になるので詳細は言いませんが、昔、京都は北野白梅町の某有名飲食チェーンの厨房にはよくいましたよ。あれは嫌だったな〜。


スポンサーリンク


さて、エプソムカップもマーメイドステークスもまだ何一つ考えていないので、その話は置いといて…

先週から2歳戦が始まりましたが、POGも今真っ盛りですね。

僕は2つほど参加する予定なのですが、一つはほぼ終わりました。BOSSさんとともに開催して20人ほどで10頭持ち、同一種牡馬は基本1頭、牡馬牝馬にわけた1頭に限り2頭持ちOK(説明下手かw)というルールなのですが…(ほかにもルールあるけど割愛)。

1位 パロネラ 牝 ロードカナロア×モシーン

→プリモシーンの下。父がロードカナロアに変わるがディープより軽めに出てくれれば柔軟性のあるスピードタイプとして期待できるという読み。評判も良さげで、木村厩舎なので最短距離で桜花賞へ!

2位 オーサムウインド 牝 ディープインパクト×オーサムフェザー

→惜しくもダービーを逃したスーパーフェザーの全妹。センスありそうで牝馬の方がより持ち味生きるはず。

3位 ジャミールフエルテ 牡 オルフェーヴル×プリティカリーナ

→セレクトセールで1億超。早速開幕週でインから差し切り勝ち。

4位 クラージュゲリエ 牡 キングカメハメハ×ジュモー

→プロフェットの半弟。素軽さもありそうで使いつつ地力をつけていくイメージでクラシック狙い…と言いつつ京都2歳S&京成杯狙い(笑)

5位 アドマイヤマーズ 牡 ダイワメジャー×ヴィアメディチ

→出世開催となりつつある夏の中京でデビュー予定。血統の字面通りマイルでの活躍に期待。

6位 ウインゼノビア 牝 スクリーンヒーロー×ゴシップクイーン

→センスあふれるスピードタイプ。開幕集デビューで2着。未勝利で勝ち上がってフェアリーSあたりで一撃狙いたい。

7位 DATTTS LADY DI の2016 牡 CAIRO PRINCE× DATTTS LADY DI

→アルビアーノ・メラグラーナ・ストロングバローズらを輩出したファシグティプトン・ガルフストリームパーク2歳セール(旧フロリダセール)出身。このセールのKATSUMI YOSHIDA名義の落札馬高確率で走る。動きも良かったので馬名未定も指名。カイロプリンスはパイオニアオブザナイルの直仔の新種牡馬で日本への適性も高いはず。

8位 SILAR RULES の2016 牝 SQUARE EDDIE× SILAR RULES

→こちらも同セールでSHADAI FARMが落札。父はスマートストライクの直仔で同様の期待。牝馬なので恐らく繁殖入りしてディープインパクト他主力種牡馬に種付けすることも想定しての購買だろう。社台の運動会などとPCの前でうだうだ言ってる人たちがいる一方、当の社台G(このGはグループのG)は海外のセールで着々と次の戦略を練っているということ。

9位 リスト 牡 ディープインパクト×シルヴァースカヤ

→種牡馬縛りルールによりここに残っていた。この血統は正直体質が弱くて好きじゃないし距離にも限界がありそうだが、ノウハウはあるはずなので、大事に壊さず使えればポテンシャルは高い。サッと新馬で勝って2戦目で重賞くらいのイメージ。

10位 クィーンユニバンス 牝 ヴィクトワールピサ×レディスキッパー

→まだ指名待ちなので確定ではないが、早期デビューに加えてアドマイヤミヤビ、グランアルマダの下という血統背景も含めて指名。既に東京開催でのデビューが確定しており、早期に使い出せそうな点はプラス。ヴィクトワールピサなら田辺Jとの手も合いそうだし、牝系は優秀。ヴィクトワールピサ産駒は少々尻すぼみ気味ではあるが、一発ホームラン狙い。

こんな感じの指名になりそうです。

ちなみに1位で迷った馬がいて、もしかしたらこっちが良かったかも…と思っているのはこの馬。
人気ブログランキングへ

早くも今週デビュー、おそらく断然人気でしょうがこの血統はまず無事使えることだけでも第一段階突破。お父さんのポテンシャルの高さからしても無事に行けば大きなところを狙えるとみています。

スポンサーリンク

yamamototaro at 23:45│clip!2018-日常 | 2018-POG
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索