TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-回顧

2018年06月20日

【回顧】ユニコーンSは◎エングローサーから上位3頭で本線的中!+宝塚記念2018注目馬

今年の天皇賞(春)で久々の再会をした腐れ縁のK君が大阪の茨木に住んでいて、職場がほぼ震源地に近いところだそうなのですが、地震の瞬間は、

「10トンの鉄球が突然降ってきたような感覚」

だったそうです。工場は即停止→帰宅となり、未だにガスが供給されないということ。一日も早く日常を取り戻せると良いですが、改めて地震の怖さを感じました。準備できることとできないことがありますが、できることはしておきたいなと思いますよね…。

さて、昨日はワールドカップ初戦……


スポンサーリンク


日本勝利!!
驚きました!!

サッカーはあまり詳しくないのですが、やっぱり戦前の評判通り厳しいのかなと思ってみていたので、いろいろ幸運もあったとは言え、本番一発で結果を出したのですからお見事! これに合わせて函館から帰ってきた甲斐がありました(笑)

22年前のマイアミの時と言い、西野監督はそういう星のもとに生まれた、何か持っているのかもしれませんね。もちろん持ってるだけで済ませては失礼ですが。

というわけで、5年ぶり2度目の函館競馬から戻ってきました。函館の街自体はたぶん人生で3度目。

1度目は何歳の時だったか、3歳くらいの頃に来たような気がします。ハッキリした記憶はないのですが、駅前のホテルの部屋で海を眺めながら、青森で買ってもらった『八幡馬』の置物をベッドの上でいじくってたシーンだけはなぜか鮮明に覚えています。

2度目は5年前の2013年。ただこの時は大雨で、以前も書きましたがアイフォンが壊れたり、全く観光できなかったりと散々だった記憶が。苦笑 あの函館連続開催の”歴史的不良馬場”の時ですね。

というわけでまともな記憶のある観光は実は今回が初めてでした。

 ↓函館の街の散策もしつつ…
IMG_7903

もちろんメインは競馬

宝塚記念の話はいつするんだっていうことですが、とにかく最近は週末の予想に集中しているので、そのための時間が平日。なので、展望は基本僕の中の脳内だけで終わらしてしまうことも多々。今週も間に合えば何かしら書きますが、週末の結論をその分楽しみにお待ちいただければ幸いです。

先週の函館競馬で一番自信があったのは、9レースの◎アイスストームでした。

→競馬ノートでの配信内容

【函館9R 3歳上500万下 芝2000m】

◎8アイスストーム
→ココは強力な降級組もいないメンバー構成で、それならば未勝利勝ちが好内容のアイスストームが即通用。立ち回り問われる函館も合うし距離もベストで勝ち負け。

この馬はそもそも予想根拠にもあるように前走が強く、”次走狙い馬”として挙げていた馬でした。

前走時の配信内容はコチラ。

京都4R アイスストーム
→スンナリ先手から楽々逃げ切り、ストーミングホーム産駒らしいセンス抜群の柔軟性に富んだ走りで、見た目や数字以上に出世できる馬。フワッと出していける二千以上◎、引き続き順調ならクラスの壁はない、立ち回り戦◎、千八以下はやや危うさあり。

回顧を上手く予想に生かせた一戦でした。この一戦で旅費を稼ごうという安易な発想でしたが、単勝5倍くらいつくかなと思いつつ、思いのほか安かった…
20180617函館9R
20180617函館9R3連単

それでも、良い感じでメインへ。

 ↓現地馬券も。
20180617函館9R現地馬券

岩田騎手は函館開催全体に乗れてましたよね。やっぱり人間にも得意な場所はありますね。

さて、その勢いで臨んだ函館スプリントSは◎ワンスインナムーンが惨敗。ずっと狙っていたタマモブリリアンがココで来なくてよかった…。

そして、ユニコーンS。先週の日曜の重賞の中での勝負レースはココでした。

渾身の勝負!ということで◎エングローサーから馬連をメインで3連単へ…。

馬連…惜しかった…大勝利とはいかずも本線的中。

〜ユニコーンS 2018 結果

1着 ○14ルヴァンスレーヴ(1人気)
2着 ▲5グレートタイム(3人気)
3着 ◎12エングローサー(7人気)

ワイド 12-14 1,420円 5-12 2,870円
3連単  5-12-14 22,430円

20180617ユニコーンS1
20180617ユニコーンS2

そりゃ馬連まで獲れたら大勝利でしたが、そこまで贅沢は言わないでおきます。

とりあえず函館スプリントSは低調な一戦、ユニコーンSに関してはルヴァンスレーヴの強さが際立っていましたが、将来性って意味では2着のグレートタイムにもかなり期待しています。

ちなみにこの2頭は2歳馬診断で、★6つのこの世代ではMAXの評価をしていた馬たちでした。

なので、競馬ノートの読者でしたら結構獲れたレースじゃないかなと思います。ぜひ、競馬ノートも読んでください。


下半期、振り込み募集も今週中にはする予定なので、カードを使いたくないという方、しばしお待ちください。

宝塚記念の話は次回から少しずつ書いていく予定ですが、現時点での注目馬をあげておきましょう。
人気ブログランキングへ

正直この馬をG1で買いたいかと言われれば…なんですが、今年の宝塚記念は様々な要因があるとはいえ、ひとつは大阪杯G1昇格の影響がモロに出てますよね。春の始動が早くなった分、ココに出てこれない、出ない馬が増えて、かなり手薄。となれば近走不発もまともなレースできていないこの馬も出番はあるのでは?

やっぱり、この男は大一番では怖いです。先週気合の逃げ切りを見せた騎乗を見て、改めて思いました。

スポンサーリンク

yamamototaro at 09:35│clip!2018-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索