TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-G1

2018年06月24日

【宝塚記念 2018 予想】〜横綱大関不在の大混戦・●●●●の能力通用〜

本記事では宝塚記念 2018予想をお送りします。
IMG_7915

この間始まったと思った春G1もあっという間にラストですね。

宝塚記念といえばやっぱり中学3年のときのサイレンススズカが忘れられません。今年もメンバーは微妙ですが思い出に残る好レースに期待しましょう。

土曜は朝の一発だけ。

◆==阪神1R 2歳未勝利 

1着 ◎1タガノジェロディ(3人気)
2着 ○7ディープダイバー(2人気)
3着 ▲6ファビュラスギフト(4人気)

馬 単 1−7 1,650円
3連単 1-7-6   8,600円

20180623阪神1R馬単
20180623阪神1R3連単

メインがまったくダメでしたので、今日は午後の勝負レースで決めたいです。

本日の勝負レース配信

→阪神9R 皆生特別

その他配信

→東京11R パラダイスS

また13時メドに函館メインなどを追加でお送りする予定です。渾身の予想は競馬ノートにて。

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート



スポンサーリンク


【宝塚記念】

春のドバイ遠征がすっかり定番となり、それに呼応するように国内の新G1として昨年大阪杯が昇格。G1を実質的な叩き台にした昨年のキタサンブラックは例外で、これらのレースを狙う馬たちは京都記念〜中山記念あたりから始動することになる。

まだ厳寒期の京都・中山で使い始めれば、下半期を見据えるとき、必ずどこかで休養が必要になる。秋のG1連戦、果ては有馬記念を考えれば、大阪杯〜天皇賞(春)と戦った馬が、あるいはドバイ遠征を経た馬が、ではもう一戦、夏の仁川へ…とならないのは自然なことだろう。

現代の宝塚記念はいわば僻地の温泉地のようなもの。行けば魅力的ではあるが、通り道ではないのでついでに寄って行こう…とはならない。

加えて、最強と言われた現5歳世代は多くが故障引退、あるいは低迷。逆に最弱と言われた現4歳勢は、昨年後半から続々と重賞勝ちを積み重ねたが、レイデオロもアルアインも、スワーヴリチャードも前述したような昨今の事情もあり、ココには駒を進めてこなかった。

結果、迎えた春のグランプリ宝塚記念は、スッカスカの隙間G1になった。

主役を張るサトノダイヤモンドはかろうじて戦力を保ってはいるが、それでも輝いていた3歳時と比較すると現状は物足りず、現時点では菊花賞以外何もしていないキセキ、年明けデムーロパワーでようやく重賞を制したパフォーマプロミスあたりが人気を集めてしまうのだから、横綱不在どころか、まともな大関すらいない、カド番大関vs関脇のような構図が出来上がったというわけだ。

今年の相手関係ならば、伏兵台頭の余地あり。怪しい人気馬に飛びつくくらいならば、中穴〜中穴〜中穴、あるいは中穴〜人気〜大穴あたりでの波乱を狙って行きたい。

本命はこの馬から入りたい。
人気ブログランキングへ

戦績から未知の面はあるが、好スタートからスッと流れに乗れる器用さと持久力が武器で、血統的にも阪神芝2200mへの適性は高い。

もともとこの舞台はブエナビスタやジェンティルドンナといった歴史的名馬級でも勝ち切れなかったように、現代競馬のいわば溜めての末脚の速さを問う東京芝2400mとは全く適性が異なる。したがって、むしろ少し切れ味で劣るくらいのこの馬には向きそうだ。

現状の馬場状態を考えれば、外からじわっと行けるのもプラスで、外目の好位で流れに乗って直線抜け出せるとみた。

対抗にはサトノクラウン。

立ち回り戦で軽視、持久戦で重視が基本で、ジャパンカップや有馬記念のような内枠有利競馬は向かなかった。京都記念連覇、また昨年の当レース制覇など2200mは最も合うだろう。

パフォーマプロミスの成長力とタフな馬場への適性を評価して3番手。実績では劣るが大崩れにないタイプで、目下の成長力に期待したい。

大穴でスマートレイアーも侮れない。

大阪杯は流れに乗り切れず追い出しが遅れて脚を余し、天皇賞(春)では外枠から後方一気では厳しかったが、それでもラストは上がり2位の脚で伸びており衰えはない。上がり掛かる阪神は間違いなく合うので、この馬の持久力を生かす強気の競馬で活路を見出したい。

タフな馬場&外枠プラスのキセキ、距離短縮で持ち味生きそうなゼーヴィントが続く。

サトノダイヤモンドはやはり近走を見る限り押さえが精一杯。

距離合うダンビュライト、能力は落ちるがタフな馬場の持久戦は向くノーブルマーズを最後に加えたい。

ヴィブロスは千八ですら行きたがる馬で、阪神の持久戦は恐らく合わないだろう。ココは思い切って切り捨てて勝負したい。

人気ブログランキングへ
○サトノクラウン

▲パフォーマプロミス
☆スマートレイアー…穴推奨
△キセキ
△ゼーヴィント…穴推奨
△サトノダイヤモンド
△ダンビュライト
△ノーブルマーズ

最終的な買い目は競馬ノートをもとにしています。

現代競馬は言うまでもなく『買い方が大事』です。

それは当然で、単複馬連しかなかった時代は 予想印=買い方 でほぼ底に工夫の余地はなかったわけですが、

今は3連複・3連単の時代

予想印をどう料理して買い方に落としていくかが大事なのです。

いわば、予想=食材、買い方=調理方法

美味しい食材も調理方法がダメなら台無しになってしまうのと同様、良い予想をしても、買い方がダメだと全く生かせずに、「印は来てるけど払い戻しはゼロ」という悲しい事態に。

重賞のフル予想&買い方については競馬ノートにて。オール重賞のフル回顧、全馬回顧もお送りしています!月額1,620円(税込)の元はすぐ取れるはずですよ!

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)

回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド (扶桑社新書)

好評発売中です。

スポンサーリンク

yamamototaro at 10:00│clip!2018-G1 | 2018-重賞予想
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索