TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-日常

2018年07月03日

感動したよ。素人サッカーファンなりのベルギー戦の感想+プロキオンS

順調に牛丼ウィークを過ごしています。まずは吉野家から。
IMG_8088

牛丼並盛、Aセット、ポテトサラダ変更、生卵。美味美味。


スポンサーリンク


人間とは欲深いもので、期待していない中でも結果が出始めるとどんどん期待が大きくなって、

戦前
→せめて1勝でもできれば…

コロンビア戦後
→あわよくば決勝トーナメント

ベルギー戦前
→何とか良い試合を!

後半
→勝ってくれ!


ってなりますね…。

ホント惜しかったです。深夜に良いものが見れました。

W杯前には昌子選手の名前をみてリアルに「マサコって誰?」ってレベル(笑)で全く詳しくないのですが、素人なりの感想を。

あ、でもサッカーは好きでしたよ。昼休みはいつもサッカーでしたし、なぜか僕の野球部は冬になると「体力づくり」の名目で野球の練習ゼロでサッカーやるのが決まりでした。だから弱かったんじゃないか…?  余談。

前半戦は序盤こそ攻めたもののその後は防戦一方。ただ、最後の一戦は越えさせないという感じで、イメージよりは決定機は作られておらず、きちんと守れているという印象でした。ベルギーより少ないながらもシュートも枠を捉えており、逆に少ないチャンスをモノにできそうな雰囲気も感じつつ…。粘り切って0−0で前半を終えた時には正直、

「コレ、行けるんじゃね?」

と思い、ワクワクしながらハーフタイム。個人的にもトイレ&燃料補給…。本当は見ながら週末の予想展望を軽くしようと思っていたのです。ところが、いざ始まってみたらそれどころじゃなかったですね(;'∀')

後半。

柴崎選手の本当にココしかないという針の穴を通すようなスルーパスに、これまたそれなりにシュートコースを消されてたと思うのですが、細い道を通すような原口選手のシュートがサイドネットへ転がって先制。

行けるかも…?(;'∀')


さらに乾選手の一撃がゴールを揺らし、2−0。

コレ、本当に勝てるんじゃない…?( ゚Д゚)


サッカーの2−0。しかも、後半。まだ時間はあるとは言え、これって野球で言えば4−0でもう7回くらいじゃないですか。9回が仮に田島でも、確率考えれば勝てそうな予感がしてくるってもんです。

しかも2−0になってからの時間帯、相手もさすがに点取らなきゃヤバいし、その分スペースも生まれてむしろ3点目も期待できそうな感じ。

息の根止めてやれ〜!!(^O^)

と思いながら徐々に高まるベスト8への期待。

しか〜し…。

あのなんとなく偶然飛んできたようなヘッドが川島の頭をフワリと超えて入ってしまった…。

あれラッキーパンチな感じもしましたが、それまでにベルギーのシュートはポストに嫌われたりもしてたので運の総量としては帳尻があったのかなという気もしました。

その後は再び守る時間帯…まだ勝ってるぞ! 

と考えたものの、間もなく同点。

まだ同点だ―。

その後は守る時間帯がやっぱり多くて、徐々に底力の違いを感じつつ…。それでも何とか粘りに粘って、とりあえず延長には行けるかも…粘り切ればPKならなんとかなるかも? と思ったんですが。

最後は本当に一瞬でした。

ベルギーってデカイですね。あのガタイであのスピードで4〜5人でフルでスピードに乗って走ってくるとホント迫力があります。

ルカク選手? は何となく体格もプレーも全盛期のドログバっぽくて、テレビ越しに観てるだけでも怖かったです。ドログバって野球でいえば柳田のイメージなんですよね。デカいんだけど、速い。そして上手い。

スラムダンクで山王工業の河田兄を、

「おっきくてうまい」

と言ったじゃないですか。そんな感じ。小学生レベルの感想ですが。笑

試合を決める3点目が入ったときはさすがにガックリ来てしまいました。

本田のコーナーキックに絡んでいった昌子選手がその後のカウンターに対応するためにフルで追い掛けて、ルカクがスルーしたボールにあと1〜2完歩で間に合ったと思うんですが、相手も本当に速くて追い付けなかったですね…。90分間戦って、それでもなお途中出場の選手もいたとは言え、あれだけ広がって走って、それでいて、ちゃんと決めるとこ決めるんですから、やっぱりこの僅かな差が大きな差なんでしょうか…。

素直な感想をいえば、やっぱり後半で2−0の状況まで行ったら勝ってほしかったし、ブラジル戦の日程を改めて確認したくらい(金曜27時)でしたが、これが世界の壁か〜…。

ツイッター観てたらオルフェーヴルの凱旋門賞(1度目の方)のようだ〜って言ってる感想が流れてたけど、本当にそうですね。

スミヨン、ベルギー人だからな〜!!

どっちか一つでいいから勝たせてくれ〜。

最後は競馬になっちゃいましたが、本当にあと一歩でしたね。

それでも熱い夜を過ごすことができましたし、一瞬でも夢が観れました。

あんまり心で思ってもこういうの言わないんですが、今回は素直に、

感動をありがとう!


と思いました。

…あ、競馬の話もいりますでしょうか?

プロキオンSの現時点での注目馬&狙い馬。
人気ブログランキングへ

今週末雨ですかね。逃げ先行勢が揃ったし不発少ないタイプの差し馬なので狙いたいなと。差し追い込みでもこの馬は内枠がいい。ダートの差し馬好きなんですよね。あんまり報われないけど。

そういえば、totoも買ってたことを書いたと思うんですが、日本が2−1か3−1に賭けていて、1点返されたとき、

「あ、これ日本も勝った上にtotoも当たる?」

って一瞬でも思った自分を殴りたいですね。ホントに。

あ〜悔しい。

スポンサーリンク

yamamototaro at 19:19│clip!2018-日常 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索