TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-重賞予想

2018年08月05日

【レパードステークス&小倉記念 2018 予想】

〜ガチうまその42@小倉9R 青島特別

どちらかといえば本格化遅めのマイル前後がベストのタイプ。この舞台なら力上位。

-------------------------------------------------------------------------------

はようございます!!

昨日は久々に中日戦を開始からガッツリ観ましたが、そんな試合に限って負けてしまうという…。今日は何とか。

甲子園はやっぱり大阪桐蔭が強いんですかね? 何もわからないですが…ひとつだけ。去年の夏に観て「この選手はプロで活躍する!」と感じたのが、智辯和歌山の黒川選手(内野手)。

バッティングセンス抜群でミート技術もかなり高く、それでもまだ1年生ということで驚いたのが去年の夏。恐らく中日の森野のような巧打の中距離打者として良いところに行けるんじゃないかなと期待しています。何年か後にプロで活躍している姿が目に浮かぶので、今大会も注目したいですね。

というわけで、優勝予想は智辯和歌山で。

土曜の競馬は勝負した◎アルモニカが思うようなレースができなかったですが、そのほかはいろいろ当たりました。

◆==札幌11R 札幌日経オープン 勝負度【C】波乱度【C】

1着 ◎10ヴォージュ
2着 ○3アドマイヤエイカン
3着 △1カラビナ

馬連 3−10 1,740円
20180804札幌日経オープン

3連複 1−3−10 3,060円
20180804札幌日経オープン2

◆==新潟11R 越後ステークス 勝負度【D】波乱度【C】

1着 ◎14オールドベイリー
2着 ☆5ジープリメリア
3着 ▲10スティンライクビー…穴推奨

3連複 5−10−14 3,110円

◆==新潟2R 2歳未勝利 勝負度【D】波乱度【C】

1着 ◎17クロムウェル
2着 ○16シャウエン
3着 ☆12フレンドリボン

3連複 12-16-17  1,850円

全体に堅かったですね。

競馬ノートはそこまで多くのレースを配信するわけではなく、だいたい1日5〜6レースをメドにしています。

昨日も合計6レースの配信。そのうち3レースが上記の結果ですから、堅い決着が多いとはいえまずまずでしょう。

情報量で勝負!

というわけではなく必要なモノをわかりやすくお送りすることを心掛けているので、コアなベテランファンはもちろん、ライト層の方にもたくさん読んで頂いています。

比較的安価で読めるので、有料は初めてという方も多いです。初月は無料になるようになっているので、是非今回夏競馬を機に読んでみてはいかがでしょうか?

変な話、僕だったら読む、というものを書いています。

今日はすでに重賞2レースのフル予想など配信済みですので、ご覧ください!

▽コチラから
▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 





スポンサーリンク


【レパードステークス】

ココはグレートタイムが少し危ないなという印象を持っている。

馬の素質自体は出走馬の中でも最も評価しているのだが、どうしても差し遅れリスクが高い。内容的に良かったのは4戦目の京都ダート千八の500万条件の勝ち上がり時なのだが、当時はデムーロが上手く馬群を捌いて直線ではすでに前を射程圏に捉えていた。

ただルメールだと恐らくそういう競馬にはならない。新潟ダート千八のこの舞台で溜める形になると…この手の底力系が良く差し損ねるのがレパードSというレースだろう。

本命はこの馬を狙いたい。

前走は字面以上の完勝。大型馬で不器用なタイプかと思いきや、行きっぷりが良くスッと出して行けるのが最大の強み。今回も内枠を引き、この鞍上ならば難なく好位でスムーズに脚を溜められるはずだ。

恐らく逃げそうなビッグスモーキーはコーナーワークに難があり、直線入り口でインが開く可能性が高い。この騎手はそれくらいの想定はできる頭の良さもあるので、前走同様のイン突きでスパッと抜けてくるだろう。期待して狙いたい。

【小倉記念】

例年と比べると比較的軽い馬場の小倉。スタミナよりもスピードの持続力を問われるといった感じで、そうなると例年のようにハービンジャー産駒の持久力型がマクって台頭するようなレースにはならない可能性が高い。

ある程度スピードがあり前に付けて、直線もひと脚使えるような馬を狙いたい。

トリオンフは当然有力。ただ少し乗り難しいところがある印象で、先行勢が少ない組み合わせはやや気掛かり。タフな持久戦となった小倉大賞典を圧勝しているように、本質的には引き締まった流れを強気に仕掛ける先行型で、武豊騎手がフワッと溜める手に出ると、意外と脚の使いどころが難しくなるのでは?

能力を評価しつつ対抗に。

本命にはこの馬を抜擢したい。
人気ブログランキングへ

土曜の騎乗を見る限り鞍上もスタートからソツなく乗れており、4角の捌き方には少しロスがあるものの十分買えるだけの内容を示していた。

馬自身も前走は強敵相手に先行して失速したが、前半掛かったように、平坦二千に変わるのは大きなプラスだろう。ベスト条件で巻き返しに期待したい。

対抗にトリオンフ、3番手にはデムーロ騎乗のサトノクロニクル。

展開向きそうなマウントゴールドはしぶとさを生かしたいところだろう。

ストーンウェアは千八のスピード勝負にも対応できるので今の馬場は向きそうだ。

例年活躍のハービンジャー勢は、今年に関しては少し控えめな評価。いずれももう少しタフな馬場の方が合うだけに、脚の使いどころが難しい。その中では能力最上位のサンマルティンを一応の筆頭評価にしたい。

例年ほど波乱度は高くなく、力勝負をビシッと仕留めに行く一戦だろう。

人気ブログランキングへ
○トリオンフ
▲サトノクロニクル

☆マウントゴールド…穴推奨
△ストーンウェア
△サンマルティン
△マイネルサージュ
△レイホーロマンス

最終的な買い目&フル予想は競馬ノートにてご覧ください。

現代競馬は言うまでもなく『買い方が大事』です。

それは当然で、単複馬連しかなかった時代は 予想印=買い方 でほぼ底に工夫の余地はなかったわけですが、

今は3連複・3連単の時代

予想印をどう料理して買い方に落としていくかが大事なのです。

いわば、予想=食材、買い方=調理方法

美味しい食材も調理方法がダメなら台無しになってしまうのと同様、良い予想をしても、買い方がダメだと全く生かせずに、「印は来てるけど払い戻しはゼロ」という悲しい事態に。

重賞のフル予想&買い方については競馬ノートにて。オール重賞のフル回顧、全馬回顧もお送りしています!月額1,620円(税込)の元はすぐ取れるはずですよ!

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



スポンサーリンク

yamamototaro at 08:00│clip!2018-重賞予想 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』(扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
taro.sasaex@gmail.com
→メールはなかなかすべてのお返事ができないので、ご意見や返事必須のご質問等はtwitter
twitter.com/TARO_company
にて気軽にリプライ下さい。


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセス数推移(PV)

    月別アーカイブ
    カテゴリー別アーカイブ
    記事検索