TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-海外競馬

2018年10月07日

【凱旋門賞 2018 予想】〜Mr.立ち回り力・●●●●●●●の安定感〜

いよいよ今夜23時5分、パリロンシャン競馬場で凱旋門賞が発走します。

日本代表・クリンチャーの見解含む、最終予想です。



スポンサーリンク


【凱旋門賞】

まずは結論の前にクリンチャーの可能性について。

以前より日本の中長距離G2勝ち、G1で好勝負級で適性のある馬が行けば、あとはほんのひと握りの運やタイミングさえあれば勝てると言って来た通り、それだけ日本の競馬はレベルが高い。

言葉は悪いが、トーセンバジル程度でも香港のG1で好勝負できるし、ヴィブロスクラスならドバイの中距離路線で勝ち負けできてしまう。

層の厚さ、総合的なレベルの高さは明らかに”欧州<日本”で、種牡馬としてのポテンシャルの高さもフランケルあたりとディープインパクトは一枚レベルが違う印象だ。

日本競馬のレベルは高い。

クリンチャーは荒れ馬場への適性がある日本のG1好勝負級。したがって、力さえ出し切れれば能力は通用しそうだ。ただ武豊騎手の欧州適性や前哨戦の内容、人気などを総合的に考えて、今年は押さえまで。

さて、改めて結論へ。

混戦の波乱含み……これが今年の凱旋門賞だ。

見た目の上では復帰戦でクリスタルオーシャンを楽々退け鮮やかに勝利したエネイブルが、再び順調に歩みを進めてきたように思える。

ただ、大事な3〜4歳時のほぼ1年間レースを使えなかったことはそれほど軽いことではない。

『昨年ほどの自信はない……』

とは、陣営の偽らざる本音だろう。前走も楽勝とはいえ少頭数でただグルリと周回して来ただけのように見えなくもない。

ならばシーオブクラスは……というと、この馬とて少頭数の追い込みばかり。大味なフットワークで豪快さはあるが反面器用さはない。19頭立てでどうなるかは未知数だ。

波乱前提で狙いたい。

本命馬→人気ブログランキングへ

この馬の長所はとにかく秀でたレースセンス。斤走を見てもダートを使ったとき以外はほぼ崩れていないように、スタートを決めて流れに乗り馬群を捌けるので欠点がない。

逆にいえば大物感もあまりないが、まさにそういうタイプだったハイランドリールが世界中で活躍したように、競馬における立ち回りの上手さは、時として大物感や派手さよりも重要だ。

ましてや19頭立ての凱旋門賞。そのセンスとしぶとさを存分に発揮してくれるだろう。

対抗に昨年2着のクロスオブスターズ。相手なりタイプで昨年は、大渋滞を蛇行しながら伸びてきた。混戦に強く、大一番では侮れないフリントシャーやユームザインのようなタイプだ。

人気どころならヴァルトガイストが怖い。今年はフォワ賞のレベルが高そうだ。

エネイブルは不安はあるが、それでも能力は上。

ただ伏兵も多く、下手に絞ることはない一戦だろう。

○クロスオブスターズ
▲ヴァルトガイスト
☆エネイブル
△サルウィン…穴推奨
△シーオブクラス
△クリンチャー
△ウェイトゥパリス…穴推奨
△キューガンデンズ
△パタスコイ
△カプリ
△ヌフボスク
△デフォー

京都大賞典他、月曜の渾身の予想は競馬ノートにて。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



スポンサーリンク

yamamototaro at 19:30│clip!2018-海外競馬 | 2018-G1
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索