TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-交流重賞

2018年10月10日

【東京盃】2018 予想展望+秋華賞2018の展望など

競馬ノートは指数などでは測れない、馬の真のパフォーマンスの価値を判断することができます。以下は札幌でのレッドジェノヴァの競馬ノートでの回顧の一例です。
レッドジェノヴァ

能力指数などではサトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2強…となってしまいましが、独自の視点で穴馬券をどんどん獲りましょう!

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート

遅くなりましたが3日間開催お疲れ様でした。

今週は再び交流重賞2レース、なんかバタバタしています、回顧は次回へ…。ひとまず目の前の東京盃。

その前に秋華賞の話を少しだけ。秋華賞はご存知の通りアーモンドアイの一本被りが濃厚…。

かつてはブエナビスタが3冠チャレンジに失敗し取りこぼし、ジェンティルドンナもかなり苦戦を強いられギリギリの差し切りでした。

では、アーモンドアイはどう?

全幅の信頼はできるの?

秋華賞のポイントは?

そこら辺をランキングに書きました人気ブログランキング 

それでは今日は東京盃!

南部杯もキッチリ的中。

1着 ◎12ルヴァンスレーヴ(2人気)
2着 ○7ゴールドドリーム(1人気)
3着 △3メイショウウタゲ(5人気)

3連単 12→7→3 3,820円
20181008南部杯馬券

このレースのポイントは2つだけ。

ルヴァンスレーヴとゴールドドリームの比較。

伏兵台頭の可能性。

メイショウウタゲは5番手でしたが、十分に出番があると思い、強めに拾えたのがそれなりの回収率にこぎつけられた要因でした。

というのも、競馬ノートを見直したら買える要素のオンパレードだったんです。

以下が回顧メモ。

アンタレスステークス メイショウウタゲ ノーカン、出負けで流れ乗れず直線壁

マーチステークス メイショウウタゲ ノーカン、出負けからマクリで失速、強引すぎた

武蔵野S メイショウウタゲ 伸び切れずも人気薄なら引き続き警戒

このように直近一年の重賞はノーカウント三昧!

さらに、昨年のブラジルカップ好走時のメモを見返すと。

穴注目馬に挙げていました。

東京11R メイショウウタゲ
→地味だが地力強化し馬群をまったく苦にしないのは大きな強み、距離や馬場も問わず重賞戦線でも侮れない存在。常に一発注意。

”馬群を苦にしない”
”距離や馬場も問わず”

この記述を見て、内枠、地方のダート1600m、という未知なる条件でも行けると判断しました。

やっぱり記憶、そして記憶を固定化させるメモの存在は大事。その存在が時に大きな配当をもたらしてくれるでしょう。

これらのメモもすべて予想とともに競馬ノートで読むことができます。興味があればぜひ。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



では、続きにて。



スポンサーリンク


交流重賞の予想は、『交流重賞の旅』と銘打って2015年から買い目付きにてガチンコの配信を続けています。

様々なことを考慮する中央競馬の予想はなかなか完全買い目公開まではできない現状の中、どこかで事前公開でガチンコの勝負をしたい…その戦いの場として選んだのが交流重賞でした。

スタートは2015年。この年からほぼ毎レース1万円、ほぼ全レース参加で戦い続けてきました。その結果は…

〜2015年

購入 370,000円 払戻 479,080円 収支+109,080円 
40戦11勝3ガミ5休 的中率 40.0%  回収率 129.5%
※3万円購入が1度あり

〜2016年 
 
購入 390,000円 払戻 677,980円 収支 +287,980円
40戦11勝2ガミ1休 的中率 33.3%  回収率 173.8%  


〜2017年

購入 400,000円 払戻 497,600円 収支 +97,600円
40戦11勝(4ガミ※)
 的中率 37.5% 回収率 124.4%  

3連連続プラス回収!それも一撃に頼るのではなく3回に1回以上は的中をした上での完全公開でのプラスですから、それなりに価値のあるものだと思います。

しかし、2018年は苦戦続き…でした!

が、ようやく光が見えて来た。 

今年は年明けからかつてないほど苦しんでいました。

初的中はトリガミ。その後も連敗が続き、9戦目終了時点での回収率は僅か6.0%。

ようやくまともな的中はカキツバタ記念。4月も終わりのことです。

しかし、その後も再び連敗が続き、結局上半期の帝王賞が終了した時点での成績は、16戦1勝で、トリガミ2回、回収率は僅かに28.9%でした。

ようやく爆発したのは第20戦のサマーチャンピオン。ココで回収率80%超の的中にこぎつけると、回収率は一気に70%台まで回復。

そして、第24戦、白山大賞典の的中で回収率は80%台に回復。

さらに、一昨日の南部杯。手堅い馬券とはいえ、1万円買い目中1千円分を的中させ、いよいよ回収率は94.2%まで回復してきました。

というわけで、現在の回収率は… 94.2%

さぁ、一気に100% 120% 150% …どんどん行きましょう!

今日の東京盃は地方中央ともに良いメンバーが揃いました。断然人気のマテラスカイはどうなるか?


展望までは無料で読むことができます。

スポンサーリンク

yamamototaro at 15:00│clip!2018-交流重賞 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索