TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-回顧

2018年11月27日

【悲しみの3着争い】1度は偶然、2度目は疑念、3度4度目は必然?&チャンピオンズカップ 2018 穴馬

それにしてもホウショウレイル、ヴィクトワールピサはこれがあるんですよね…。

昨日の記事の続き。

悔しかったのはそのあと…。

【お知らせ】

明日は兵庫ジュニアグランプリ!

交流重賞について『交流重賞の旅』と題して、noteにてガチンコ1万円買い目付きで配信中です。

兵庫ジュニアグランプリJpnII2の最終結論は、本日夜か、明日の未明には公開できる予定です。

残り少ない2018年の交流重賞。

全部当てるつもりで…

渾身の予想を…

お届けします!!

期待してお待ちください。

交流重賞は TAROの競馬note版 にて。



スポンサーリンク


最近、毎週のように3着争いで泣いているような気がするのだが…先週はジャパンカップのあと、京阪杯である。これは完全に来たと思ったのだけど…。
20181125京阪杯3連複ハズレ
20181125京阪杯ハズレ2

人気馬からの馬券だったので当初はあまり悔しくもなかったのだが、17アンヴァル3着だと493.4倍もついていることを知り、あとからじわじわと悔しさがこみ上げて来たわけである。

う〜ん、競馬って難しい。3着争いに泣くこともあれば、笑うこともある。

しかーし、人生些細なことでも何かが続くとなれば、やはりそこは偶然では片づけられない面もある。

例えであるが、付き合う男が必ず暴力をふるう、金を借りに来ると言われる、そもそも金を払わない。

1人なら偶然かも。

2人なら怪しい、と疑念を抱く。

3人、4人と続くなら必然、もはや自分に原因があるのでは? と考えるのが自然だろう。

3着争いも同様だ、1度は偶然、2度目は疑念、3度4度は必然…なのか。それともたまたま続いた運なのか。運で片づけられない何かがあるのでは?

微妙な予想のズレか、そうなのか…。

そうだとしたらそれは何なのだ…考えてもわからないので、とりあえず今週も引き続きめげずに頑張ろう。ブレない姿勢こそが、栄光の大的中への唯一にして最良の道だと信じるしかないない!

〜チャンピオンズカップ 2018 穴馬〜

ってことで、チャンピオンズカップの穴候補をこっそり公開。

前走はファンタスティックな騎乗により勝利! 今回は一気の相手強化、さらに急坂コースと条件はかなり厳しくなるが、左回りに替わるのはプラスだし、何より前走も見せた器用なレースぶりは大いなる武器となることだろう。タフな馬場だと厳しいが、道悪にでもなればチャンスも…?

●●の馬は過去にも大穴を開けた実績があるし、大穴一歩手前の激走もある。前走の勢いそのままに、もう一発があっても…と少しだけ期待したいその馬の名前はコチラ!

偶然か必然かの話に戻るが、もしそれが運ならば、運は必ず巡るものだ。

この3着争いの負け分は、必ずや近い将来巡って、戻って来るはず。

しかし、ブレるとその運も戻っては来ない。ココはジッと耐えて、師走競馬へ向けて爪を研ぐ…と言いつつそろそろドカンと一撃欲しい今日この頃。

スポンサーリンク

yamamototaro at 21:44│clip!2018-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索