TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2018-回顧

2018年12月03日

【回顧】スタート決めたデムーロ、当たりの柔らかさ生かした藤岡佑、新たな競馬試みたモレイラ、西日が気になった福永

回顧の前に…

☆阪神ジュベナイルフィリーズ2018 1週前予想!

ダノンファンタジー、シェーングランツだが出走してきて、それなりに素質馬が揃った一戦だが、個人的な期待馬はこの馬。

信頼の●●騎手の騎乗馬だ。この後●●騎手について触れることにはなるだろうが、今週末のこの馬のようなタイプとは手が合うはず。

では、続きにて回顧を。


スポンサーリンク


〜チャンピオンズカップ 2018 結果

1着 △2ルヴァンスレーヴ(1人気)
2着 △12ウェスタールンド(8人気)
3着 ◎9サンライズソア(3人気)


チャンピオンズカップ。

勝負の本命だったサンライズソアは3着止まり。

逃げる可能性が高いと見ていたが、控える競馬を選択。モレイラのプランBというよりは、昨日は最初からこうすると決めていたような感じだった。いずれにせよ、モレイラ様の選択ならば、あとはじっくり味わうのみ。

スンナリ内枠を利して逃げた横山典様の☆アンジュデジール、良い感じで上がって行ったモレイラ様の◎サンライズソア。

4コーナーではドキドキした…かというとそんなこともなく、デムーロ様の△ルヴァンスレーヴがスタートを決めて、流れに乗った時点でもう厳しいかなという感じ。

3連複◎〜○▲☆〜印のパターンはあったのでせめてそこだけでも…と思ったが、そう現実は甘くない。最後に馬群を割って伸びて来たのが藤岡佑介先生のウェスタールンド。さすがの捌きだった。

ルヴァンスレーヴはあの形になれば隙は無かった。秋になり馬も成長し、スタートでの甘さも解消しつつあるようだ。もともとこのコースよりも東京マイルの方がレースはしやすいだろうし、来年のダート路線の主役とみて間違いない。

私の見立ては少々甘かった。ルヴァンスレーヴの成長力、能力がはるかに上を行っていた。

◎サンライズソアも、現状の力は出し切った。改めて来年というところ。交流路線を歩めば総なめにできるだけの力がある。正攻法を愚直に磨いていってほしい。

ウェスタールンドみたいな馬は海外になかなかいないのでは?

いわゆるサンデーの血を引いた血統にしかない切れ味。日本人の手綱の使い方、ゆるっと回ってくるタイプが合う。だからこの手のタイプの馬は日本らしい馬なのだろう。日本人騎手の方が良い。欧州よりもアメリカ的な馬というかな…。

津軽海峡特別 6番人気1着 藤岡佑
薩摩ステークス 1番人気1着 北村友
シリウスS 7番人気2着 北村友
武蔵野S 3番人気7着 オドノヒュー
チャンピオンズカップ 8番人気2着 藤岡佑


本格化後、外国人騎手でだけ凡走しているのはタイミングやコース適性もあるが、やはり相性もある。

馬に適性があるように、騎手の能力も絶対的なモノではなく、場面場面により物差し、基準が変わるという良い例だ。ゲームのルールはレースによって異なって来る。

また、ケイティブレイブの凡走は福永騎手がいろいろ教育を施してきた結果、本来の先行策を距離短縮で取りづらくなっていることも大きい。

レース前のインタビュー。

JRA】ケイティブレイブ福永騎手「ストライドが伸びています」/チャンピオンズC共同会見(netkeiba.com

このインタビューを見ても、福永騎手は頭が良くはないんだけど、良く思われたいのだなということがわかる。本当は良いんだけどアホなふりをする田辺様とは正反対だ。

福永騎手が受験勉強をしたら、日本史の教科書の1ページ目から緑色のマークをして赤いシートで暗記を始めそうだ。

また、大きく敗れた原因は、西日の影響もあったようだ。

11着 ケイティブレイブ(福永騎手)
「返し馬で西日を嫌がって、やたら物見をしたり、ソワソワしていましたが、ゲートインの時は落ち着いていました。レースはいい形で運べましたが、直線はまったく伸びませんでした。速い上がりの経験がないということもありますが、それにしてもこれだけ負ける馬ではありません」


個人的に、現状のケイティブレイブは短い距離の経験を一度積んで改めて速い流れを経験したい。フェブラリーSで逃げる競馬でもすれば、その後の半年くらいは持つはずだ。馬がボケてきたらまた厳しい経験を積んで馬を目覚めさせたいところ。福永が乗り続けることのメリットとデメリットを感じる馬。

また、コメントを信じるならば今後は当日の開催場における太陽の出方や方角も気にするようにしたい。西日が当たる日は過信禁物だ。気になる方は調べた方が良さそうだ。

なお、私は調べない。

ちなみに、わたくしは福永ファンである。

そういえば以前、冬場の最終レースは視界が悪くって危険なのでダートより芝にしてほしいというような趣旨の騎手の意見を読んだことがある。もう10年前くらいだっただろうか…。と思ったら、餃子さんも同じことを書いていたぞ。媒体は覚えていないんだがある。、ギャロップかなぁ?

---------------------------------------------------------

何はともあれ、ルヴァンスレーヴの力強い走り、ダート界に久々に圧倒的な強いチャンピオンの誕生で今後が楽しみになりました✨ 順調に古馬となり、タイトルを総なめするくらいの走りに期待したいです!(^^)!

アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴ、スター候補がこうして誕生したことは競馬ファンの一人として素直に歓迎したいですね(*^▽^*)✨✨


スポンサーリンク

yamamototaro at 22:22│clip!2018-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索