TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2019-重賞予想

2019年01月05日

【中山金杯 2019 予想】〜大混戦!明暗分けるのは枠順とジョッキー〜

この記事では中山金杯 2019 の予想について書いていきます。

おはようございます!
イエーイ
……気合入ってるとかじゃなくていきなり文字がデカくなってビックリしました。今年はココからスタートします。1年間よろしくお願いいたします。

早速ですが本日中山金杯の予想へ行きます。

京都金杯&ガチうまなどは昼過ぎてからの更新になる可能性が高須クリニックです。

なお、重賞の予想の最終的な買い方なども含めてモノは競馬ノート限定配信となりますので、コチラから是非購読をお願いします。今年は継続率が高くてとても嬉しいです^^ 感謝☆

競馬ノート読者引き続き募集しております。詳細は木曜の記事をご覧ください。

↓まぐまぐはコチラ↓
▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 




スポンサーリンク


【中山金杯】

混戦模様のハンデ重賞。フルゲートで難解。

昨年末からの連続開催となる中山競馬だが、暮れの開催、過去の傾向などを考えると中山金杯はややイン有利想定。マイネルハニー、タニノフランケルらの先行勢が内枠に入ったことも、スンナリ隊列が決まる後押しになりそうだ。

絶好枠、中山中距離で絶大な信頼を置ける騎手…と条件揃ったこの馬から入りたい。
人気ブログランキングへ

前走はやや差し遅れ気味になり脚を余した印象だが、函館での競馬を観ても持久力を問われる中距離戦が一番合う。平坦のスピード勝負や東京の切れ味勝負より、今回の中山の方が持ち味を生かせそうだ。高齢馬だが母系は丈夫で長持ちの晩成型で、むしろ今が充実期。ココは狙いどころとみる。

対抗にはマウントゴールド。前走の相手関係、ココに来ての充実ぶりを素直に評価したい。

2連勝のランガディアも侮れない。母系はダイナカールに続く名牝系で開花は遅めだが素質は高い。初距離となった前走の内容もよく、ギアチェンジも上手いので馬群を捌けるタイプだ。

横山典騎手との初コンビの印象が良かったアドマイヤリードも侮れない。一瞬の脚タイプだけにこの鞍上での内枠は怖い。

以下混戦だが、距離はこれくらいが合うコズミックフォース、スピードあるステイフーリッシュは引き続き人気ないが怖い一頭。

適距離に戻るウインブライト、タイムフライヤーはともにコース実績があり侮れないが、穴なら一瞬の脚光るブラックバゴ。この手の差し馬ならば外枠からでも瞬時加速できるので、ハマれば間に合うはず。

大波乱はなさそうだが、混戦模様でほど良い中波乱がありそうな一戦。少し紛れに期待して買いたい。

○マウントゴールド
▲ランガディア
☆アドマイヤリード…穴推奨
△コズミックフォース
△ステイフーリッシュ
△ブラックバゴ…穴推奨
△ウインブライト
△タイムフライヤー

最終的な券種や買い方などは、競馬ノートにて。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 

スポンサーリンク

yamamototaro at 10:31│clip!2019-重賞予想 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索