TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2019-予想前夜

2019年02月08日

土曜の東京競馬、無事できるかな?&京都の馬場推移

今週は少頭数の重賞が3レースということでウマニティのコラムでも少頭数について書きました。

明日の東京競馬…どうですかね?

このクイーンC&京都記念の週末は昨年、そして一昨年も雪の影響受けて小倉競馬が順延に。これで今週もとなれば3年連続となります。果たして…?

月曜は佐賀記念もありますし、無事明日できればベストです…

一応現時点でのクイーンCの本命候補を挙げておきます。

最終結論は明日。


スポンサーリンク


今週末楽しみなのは小倉&京都ですね。

馬場情報というのを競馬ノートの金曜版でお送りしているのですが、例えば京都の馬場発表の推移を見てみましょう。

【JRA発表馬場情報】

(Aコース1週目)昨年の第5回京都競馬終了後、損傷箇所に洋芝を追加播種し、開催直前までシートで養生しました。播種した洋芝は順調に生育し、概ね良好な状態です。

(Aコース2週目)コース全体の内柵沿いに傷みが出始めました。

(Aコース3週目)コース全体の内側に傷みがあります。

(Bコース1週目)今週からBコースを使用します。柵の移動により、内側の傷んだ箇所は概ねカバーされましたが、正面直線の内側に傷みがあります。

(Bコース2週目)正面直線の傷みが広がり始めました。

(今週ーBコース3週目)正面直線に傷みがあります。その他の箇所も内柵沿いに傷みが出始めました。

こうして推移を見ていくといろんなものが見えてくると思うんですよ。

何が見えてくるのかは明日の予想で実際に証明したいですが、競馬って目の前の馬の検討と同じくらいこういった事前の準備、あるいは環境が大事だったりします。

競馬は自然の中でやるわけですから、完全に公平な競技であるわけもなく、どこかに不公平が生じるわけです。この場合で言えば馬場ですが、馬場がある程度傾向が見えている=儲けやすい、ということになります。

京都の開催自体は問題なさそうだし、ビシッと仕留めたいですね。

スポンサーリンク

yamamototaro at 23:00│clip!2019-予想前夜 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索