TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2019-回顧

2019年02月12日

「マッチレースだったらディープが上かな…? ただ他の馬いるから…そうなったらサイレンススズカのこの先行力が…」考えさせられた武豊騎手の言葉&フェブラリーS 2019 1週前本命

先週の日曜日のBS11競馬中継の第2部、で蛯名×武豊×東幹久という今年50歳になるという3人の対談をやっていてとても面白かった。

いろいろ興味深い話があったのですが、その中で、最近横山典ちゃんに、

「サイレンススズカの金鯱賞にディープが出てたらどう?」

って聞かれた話などはスマホをいじる手を止めて見入ってしまった。


スポンサーリンク


武豊騎手自身、

「サイレンススズカとディープインパクトどちらが強いか?」

っていう質問は本当によくされるらしい。

今回の番組の中での答えとしては、

「マッチレースだったらディープが上かな…? ただ他の馬いるから…そうなったらサイレンススズカのこの先行力が…」(※)

との答えです。

これはある意味競馬という競技の本質というか、ただの脚力比べではなく、(競走ではなく)競争ということをわかりやすく表現していたと思う。ダイワスカーレットとウオッカも対戦成績は断然ダイワが上位だったけども、もしマッチレースだったら…ウオッカの方が強かったかも?

もちろんその答えはマッチレースをしていないわけだから出ないのですが、そういう想像力をめぐらすことはひいては競馬予想にも繋がるわけですし、なかなか興味深い3人のお話でした。

それにしてもみんな若いですね。あんな50歳になりたい。

東幹久さんはモデルだし、武豊騎手はもともといつ見ても若いですが、蛯ちゃんも良い年の取り方をしているなと思います。良い意味でまだ気性的に燃える部分もあるし、色気もありますよね。昔よりカッコいいんじゃないかな〜。蛯名調教師も見たいけど、蛯名騎手ももう少し見ていたい気もします。余談。

ちなみに、生涯最高の騎乗はウメノファイバーのオークスらしいです。

そして蛯ちゃんからみた武豊最高の騎乗はトゥザヴィクトリーのエリザベス女王杯とのこと。だいたい同意。

僕の中での武豊のベスト騎乗はそのエリザベスか…あるいはファレノプシスの秋華賞ですかね。G1にこだわらないなら、ラルクで逃げ切った去年のレースとかも上手かった。

あと古いところで言えばパラダイスヒルズに騎乗した2000年のゴールデンホイップトロフィーとかは、当時高校2年生でしたが、

「こんな勝たせ方があるのか!( ゚Д゚)」

と衝撃を受けた覚えた覚えがあります。ワールドスーパージョッキーずシリーズでの騎乗(抽選で乗り馬が決まる)だったことからなおさら。

そこから無理やり先週の回顧に繋げるならば、共同通信杯のアドマイヤマーズは、少頭数競馬になって優位性が少し減ったことも敗因の一つかなと思いました。

先週は重賞3レースあって勝負レースが一つもないという、ほぼ初めてくらいの週末でしたが、一番キレイに当たったのは共同通信杯ですかね。

〜共同通信杯 結果

1着 ◎1ダノンキングリー(3人気)
2着 ○4アドマイヤマーズ(1人気)
3着 ▲6クラージュゲリエ(4人気)

3連単 1−4−6 2,170円
20190210共同通信杯結果
20190210共同通信杯2

こういうレースはあんまり好みじゃないので大して買ってはいないんですが…。

〜京都記念 結果

1着 △ダンビュライト(6人気)
2着 ○ステイフーリッシュ(1人気)
3着 ▲マカヒキ(2人気)
--------
8着 ◎タイムフライヤー(5人気)

コチラに関してはタイムフライヤーが逃げた瞬間にほぼ諦めました。

馬場を考えれば”蛮勇”と言わざるを得ない騎乗だったとは思います。仕方ない。

ノーカウントでまた狙いましょう、馬自身は活気が戻ってきて、いつでも走れる状態にあります。中山記念とかに強行軍で出てほしいくらいですが、金鯱賞でも良いかな。

この馬はあまり休ませるよりもスパルタ的な流儀が合いそうです。

フェブラリーSは現時点ではこの馬に注目しています。

決して逃げ一手ではなくレースセンスもある馬。先週のような馬場になると微妙な面もありますが、極端な内枠を引かなければ有力でしょう。

…ただしサクセスエナジーとの兼ね合いだけは気になるところ。松山騎手(サクセスエナジー)含め陣営のコメント、枠の並びには注目したい。

スポンサーリンク

yamamototaro at 16:44│clip!2019-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索