TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2019-回顧

2019年02月21日

マルターズアポジーが出遅れて最後方なんてさすがに想像がつかないけど、それが競馬の難しさ・面白さ

実は今週チラリと沖縄キャンプの様子を見て来たのですが、ハンファ相手にストライクが入らない又吉、同じく不安定な大野を見てますます今季への心配が募りました…。練習試合でまともなインサイドの死球2つも与えて、ちょっと相手チームもイラ立ってましたね💦
IMG_2189
IMG_2187

さて、中山記念はなかなか相性の良いレースなので個人的にはとても楽しみにしております。まだわからないですが、勝負度高めで行くつもり。

ブログでは本命馬だけ公開する形になると思うので、是非、競馬ノートを読んで、渾身の予想を見ていただければ嬉しいです。

▽競馬ノートはコチラから
▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート

競馬ノートはただ当たった外れただけではなく、そこを超えた域で競馬を楽しむことができるようになるための読み物です。

したがって、的中のみを希求する、回収率のみを求める、なんなら丸乗りで当てたい…という方には合わないことはあらかじめお伝えしておきます。

競馬はギャンブルでもあるけれども、僕もようやくその域を超えて、競馬はロマンだと今なら言える気がします。ただ、僕がロマン派たるのは、ロマンであった方が結果的にギャンブルとしての成功も近いと考えているからです。これはなかなか伝わらないのですが…回収率を上げる、露骨に言えば儲けるというリアルなことを実現するためにはロマン派たる心の余裕が大事と…。

世の中には渇望すればするほど、追い掛ければ追い掛けるほど手に入らないものというのがたくさんあります。

でも、ふと興味がなくなった瞬間に手に入ったりする。

押してもダメなら引いてみな…ってやつですね。

競馬もそういうところがありますから、多少気持ちにゆとりを持っていくことはとても大事です。


スポンサーリンク


そして、まさに競馬の難しさ、不確定要素を見せられたのが先週の小倉大賞典ではないでしょうか?

これまでのキャリアで一度もハナを譲ったことがないマルターズアポジーがレースを引っ張ることに何の疑いもなかったですし、恐らく他の騎手や陣営も、それを前提に組み立てていたはずです。よもやあの馬に絡んでこうなどとは、よほどの良からぬ意図がない限りは思わないのが普通でしょう。

しかし、それが出遅れて最後方とは…。

出遅れた後にリカバリーする感じも特になかったのは、柴田善騎手が現状、「騎乗するのが楽しい」という騎手だから仕方ないところです。レースを見ていてもそういう感じは良く伝わってきます。

でも、そういうことが起こるのが競馬なんですね。

ちなみに全くの不完全燃焼だったと思われるマルターズアポジーは、今週末の中山記念に連闘で出走します。久々に武士沢騎手とのコンビが戻ってきますね。楽しみです。

一方18頭フルゲートが揃った西の阪急杯は混戦模様。難解な印象ですが、大穴候補としてこの馬には少し注目。
人気ブログランキングへ

前走の掛かりっぷりを見てもまだ終わった馬ではなく、活気は十分。あとはハマるかどうかだが、この距離短縮で折り合って運べれば、ラストの脚には期待できそう。軸とまでは行かないが、流れや馬場次第で一枚押さえてみたい一頭です。

スポンサーリンク

yamamototaro at 16:16│clip!2019-回顧 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索