TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2019-日常

2019年11月19日

大阪駅でランチをしながら考えた。

今は大阪に来ています。


スポンサーリンク


大阪駅のルクアという建物でランチをしたのですが、10Fのレストランゾーンは結構な混雑具合。訪れたのが12時過ぎのちょうどランチタイムど真ん中だったから当然といえば当然だったのかもしれません。

店舗が多いのでぐるりと一周してみました。

だいたい以下のような感じ。

1、行列
2、行列までは行かないが満席及び満席に近い
3、すぐ入れる
4、空いてる


感覚ですが、

1=25%
2=25%
3=35%
4=15%


くらいでしょうか。

こうなると気になるのは15%の空席多め〜ガラガラのお店です。ザっとぐるりと回って何となくの理由を考えてみました。

その結果…

1つ目は単純にランチっぽくない店。ワイン推しの店などはパスタランチなどをやっているけどやっぱり空いていました。美味しければ入るのかなとも思うのですが、何となく”ついで感”が出てしまっていて、わざわざランチで…という感じではなく避けられがちなのかなと思いました。

2つ目はとにかく人口密度が高い、席が狭い印象のお店。ランチとはいえわざわざショッピングビルの屋上に来るわけですから、少しはのんびりしたい、サラリーマンの定食のような狭さはキツイです。また場所柄遠方から来ていると思われる荷物の大きなお客さんも多いので、やはり狭いのはキツイですね。

3つ目、これが一番明確だったのですが、”客単価2,000円を超える店”。これはかなり顕著でした。ターミナル駅の上ですからある程度の値段はして、ランチもだいたいは1,000円超〜、場合によっては1,500円もザラではあります。だから2,000円以上のランチがあっても別に驚きはしないのですが、パッと見で、

『2,000円以上のランチしかない(ように見えた)』

お店は、やっぱりお客さんが極端に少なかったですね。これはお店自体がそもそも満席にすることを望んでいない、回転率よりもサービス重視、利益率が高い、などなどあるのかもしれませんが、いずれにしても空いていました。

モノやサービスによって相場って言うのが大体あると思うんですが、例えばラーメンだと1,000円を超えるとすごく高いイメージがありますよね。大阪駅の上のランチだとだいたい1,500円前後がボリュームゾーンで、2,000円を超えると急に割高感が出るのかもしれません。

だから何ってこともない話なんですが…。

それにしても大阪駅って言うのは良いですね。

基本東京好き人間ですが、唯一東京駅周辺、丸の内界隈はどうも苦手なんですよね。東京駅に着くと発展途上国に来たような気持になります。私利私欲と現代人の卑しさみたいなものがぶつかり合っている感じが(言い過ぎか)。

その点、大阪駅って言うのはど真ん中でありながらどこかゆとりというか、おおらかさがあって、良い意味で適当さ加減があるんですよね。梅田〜大阪の一帯で迷うのは相変わらずなんですが、落ち着く感じは良いなと思います。また近いうちに来たいなと思います。

ちなみに、ランチに食べたのは美々卯の、『海老とじ膳』(1,650円)。
3AE93A5D-BE22-4921-B811-151B483893A2


量もちょうど良くて美味しかったです。

ランチとしては少々高めですが、席も広め。大スポもだいたい読み終えて、競馬のことを考えて、原稿の流れなどを考えて、何となく仕事も進んだ気がするので十分に元は取れました。

最後にジャパンカップの穴馬候補をこっそり挙げておきます。
人気ブログランキングへ

この乗り替わりは効くんじゃないかなと。いわゆる”外国人ジョッキー映え”するタイプ。巻き返しに期待しましょう。今年の相手ならね^^

スポンサーリンク

yamamototaro at 18:01│clip!2019-日常 
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索