TAROの競馬トップへ(╹◡╹) 2021-野球

2021年12月06日

立浪新監督の”みだしなみ規制”の話…からの、根性や忍耐も大事だよって話

今日は立浪監督の話を少し書きます。

※当ブログはもともとTAROの競馬として競馬の記事を書いていたのですが、TAROの競馬〜2nd season〜にブログ移転したことを伴い、今は好き勝手に自分のために記事を書いていますので、読みたい方だけ読んでください。時に不快な表現、同意しかねる内容、謙虚さのない姿勢などなど…感じさせる可能性もありますが、世の中は人の数だけ価値観があると思っているので、広い心で見て頂ければ幸いです。


中日ドラゴンズに立浪監督が就任。就任早々に掲げた、”身だしなみ規制”が話題になっています。

いわく、新監督は選手の「茶髪、長髪、ヒゲ」を禁止。時代錯誤を承知のうえで外見から意識改革をしていこうということです。

これ、どう思いますか?

自由を愛する私ですが、実はこれは結構賛成です。もちろん多少は立浪監督信者的なところがあるので、偏りがあることは承知の上ですが…。

今の時代、こういうのは確かにあまりウケがよくないのはわかるんです。

でも、僕が幼いころに見ていた野球選手は、やはり特別な存在で、これはもう個人的な経験なのですが、オフのバラエティー番組とかで、野球選手がバカみたいなことをしていると結構ガッカリしたものです。(具体例があるのですが、清原選手のことなので今必死に戦っていると思うので書かないでおきます。清原の今を応援しています)

なので、今でもチンピラみたいな選手を見ると、中日の選手じゃなくて良かったと思います。

当然いろんな個性があって良いと思うんですよ。でも中日ってのは、なんかこう、泥臭くて、地味で、真面目で、でも強いみたいな、そういう伝統はいいと思うんですよね。硬派で好きですよ。

立浪監督が選手時代に好きな言葉として書いていたのは、努力・忍耐、だったかな? ファンブックを擦り切れるほど見ていたので何となく印象に残ってるんですよね。

立浪ってそういう人です。PLの理不尽な環境の中で負けずに這い上がって来た。あの体で、プロでやり続けるんだから、それくらいのものがないとできないですよ。

今は何かと根性だの忍耐だのっていうと否定されがちですが、僕はすごく大事だと思うんですよね。気合も大事、根性も大事。僕は自分にそこら辺が少し足りなかったと過去についてすごく反省しているので、いつでも自分に言い聞かせています。お金なんていくらでもあとから稼げるから、心をキレイにしろ、サボるな、気合を入れろ、根性でやれ、と。笑

もちろん、気合や根性や忍耐も、方向性を間違っちゃいけないですが。

見た目も大事。それはルックスがいいとか悪いとかではなく、プロ野球選手たるもの、少年少女の模範となるような、さわやかな見た目。スポーツをやるんだから、変なアクセサリーや、汚らしい茶髪は似合わない。

あ、でも髭は別に似合ってればいいと思うんですけどね。逆に、髭は生やさないなら脱毛すればいいと思うんですよ。時間も有効に使えるし、見た目もスッキリするし。

なんか話があっちこっちに行きそうなのですが、新庄監督も好きだし、立浪監督も好きな私です。来年は久々にプロ野球が楽しみだ。東京ドームも、神宮も、ハマスタも、ナゴヤドームも待ってろよ。

スポンサーリンク

yamamototaro at 00:21│clip!2021-野球 | 2021-日常
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索