2018-回顧

2018年11月12日

ビッグウェーブの予感…予感の手前の敗北&この秋屈指の好カード・マイルCS

★混戦!マイルチャンピオンシップ20181週前見解★

今週末はマイルチャンピオンシップ。安田記念を制したモズアスコット、2着アエロリットあたりが人気を集めそうだが混戦模様。各路線から有力馬が集まり、この秋屈指の好カードだろう。

モズアスコットの春秋連覇にも注目だが、安田記念覇者とはいえあくまでも暫定王者。決して抜けた存在ではなく、伏兵の立場だった安田記念から主役級となる今回の立場の違いも考慮したい。

今週に関してはかなり悩むことになりそうだが、現時点での本命候補はこの馬。

ローテとしては主流ではないが、ココ一本に絞ってきたことには好感が持てる。大型馬で京都の下り坂を生かせるのも悪くないのでは? 一線級と未対戦の分、人気はそこそこに落ち着きそうだが、年明け当初から期待していた素質馬がいよいよ本格化とみる。

----------------------------------------------------------------------------

というわけで、先週の話。

その人の実力やスタイルにもよるが、競馬をやっていると歓喜の瞬間よりも悔しいことの方が多い。

私の的中率はおおよそ平均して20%前後だから、5回に1回あたり、残りの4回は外れる。野球でいえば打てないキャッチャーがヒットを打つ確率程度の的中率なのだから、感覚的にはめったに当たらないということになる。

めったに当たらないとはいえ、その中で的中を拾ったときには一撃でドカンと行きたい、行こうというのが私のスタイル。

昨日はそんな予感がしたんだけどなぁ…あとひと息。


続きを読む

yamamototaro at 20:10|Permalinkclip!

2018年10月29日

【JBCクラシック 2018】出走馬予想オッズ・1週前予想+天皇賞(秋)回顧・隙なしルメール・勝負師川田

この記事では、2018・JBCクラシックの出走馬の見解、及び予想オッズについて。

今年は中央の京都競馬場で初開催となる大将格。本来であれば地方所属馬と中央馬の激突となるが、今年は中央開催ということで大半がJRA所属馬となりそうだ。現状地方中距離路線の大将格といえるリッカルドやヒガシウィルウィンが出走してこないこともあり、ほぼJRA所属馬同士の争いと考えてよさそうだ。それでは早速JBCクラシック2018のまずは予想オッズを見て…行く前に天皇賞の回顧を少し。

〜天皇賞(秋) 2018 結果

1着 ▲4レイデオロ(2人気)
2着 △9サングレーザー(4人気)
3着 △10キセキ(6人気)
-------
8着 ◎3ヴィブロス(7人気)

IMG_9917

秋の府中、夕方。物悲しい中の高揚感…。

レース前にはダンビュライトの暴れっぷりが尋常じゃなく、戸崎騎手もさすがに抑え切れなかった…無念の除外。でもアレですな、騎手振り落として走り回る馬って本当に楽しそうでちょっとほっこりする。JRAとしたら売り上げ激減でそれどころじゃないだろうが…。

レースは期待した◎ヴィブロスが少しスタートで出過ぎてしまった。掛かって失速。

う〜ん、競馬は難しいな。次走はマイルCSへ向かう模様。

レイデオロは強かった、強烈なインパクトを与えるタイプではないが、何よりレースが上手。

豪快さはないがレースが上手→これは現代競馬で勝ち続けられる馬の条件でもある。

騎手も上手い。一瞬で動けるから不利も受けにくいし、ゲートが課題だがこの日は許容範囲。こういう操縦性の高いタイプはデムーロよりルメールの方が上手い。

スワーヴリチャードはスタートで出遅れた上に接触して完全にリズムを崩した。ただそれだけとも思えない、走る気すら感じられなかったのは気掛かり。次走以降に暗雲が…という感じ。

なお、レイデオロはこの後ルメールが乗れないジャパンカップではなく有馬記念へ向かう模様。年末の大一番が盛り上がるのは嬉しいですね。

今年はワグネリアン、ダノンプレミアム、ステルヴィオ、ディアドラといったところが出て来れればもっと面白くなったとは思うのですが、無事走り続ける、出走するのも能力の一つ。

騎手で言えばキセキの川田。相変わらず大一番での度胸がある。これで秋G1ではスプリンターズS1着、秋華賞2着に次いでの馬券圏内。今後のG1でもまだまだ期待できそう。大事なところで、プレッシャーのかかるところでリスクを背負って勝負に行ける男は強い。

そんな感じ。詳細回顧は競馬ノートにて今夜か明日には配信できると思います。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
携帯版⇒ TAROの競馬ノート

続きでJBCクラシック2018の予想オッズ・見解などを。
続きを読む

yamamototaro at 12:00|Permalinkclip!

2018年10月22日

【回顧】極上のキレ・フィエールマン、財布は冷えーるマンの菊花賞DAY

菊花賞の回顧などなど。続きを読む

yamamototaro at 18:18|Permalinkclip!

2018年10月15日

【圧倒的な3冠】アーモンドアイはジェンティルドンナ級+菊花賞月曜注目馬

秋華賞はアーモンドアイの3冠。内容的にも、近年の中で最高の内容だったジェンティルドンナと同等の内容で同厩舎のアパパネよりは数段上という印象でした。

というわけで、まずは2012年の秋華賞のジェンティルドンナの回顧を振り返ってみます。配信を長く続けていると、こういう歴史を振り返れて楽しいですね。

---------------------------------------------
1着 〇ジェンティルドンナ

厳しい競馬、ロスもあったが底力でねじ伏せた。
3冠馬に相応しい走り。
ズバリ、ブエナビスタ級とまではまだ言えないが、アパパネやスティルインラブよりは上だろう。
エリザベス女王杯はもちろん、ジャパンカップでも勝負になる。

(2012/10/18 配信)
---------------------------------------------

という感じでした。アーモンドアイも同様で、ジャパンカップでも十分勝ち負けできそうです。

回顧などを続きで。
続きを読む

yamamototaro at 20:20|Permalinkclip!

2018年10月01日

阪神開催中止→火曜開催へ…武豊騎手の凄さ、今週の予定など

台風の余波で月曜の阪神開催は中止→火曜日に。

競馬ノートの方は、一応本日朝に月曜予想を配信してしまいましたが、今夜にも改めてお送りします。そこまで中身に変わりはないかもしれませんが、一部再考するかもしれません。

本ブログのポートアイランドSの予想も明日の朝くらいには改めて更新する予定です。

白山大賞典の予想は本日夜にはnoteにて公開できると思います。

※追記 白山大賞典の予想更新しました→コチラ

続きを読む

yamamototaro at 19:19|Permalinkclip!

2018年09月18日

【回顧】スケールに疑問残ったレイエンダ・成長力微妙なサトノワルキューレ・予想が残念過ぎたTAROの競馬

さすがに3日間あると長く感じますね…。今年の冬に4日間連続開催がありましたが、あの時は5日目来い、6日目はないのか? という感じでしたが、つまりは予想の調子如何でどうとも感じ取れるということでしょう。次の3日間開催はそう感じられるように、と誓いを立てておきます。

というわけで、まずは不味いモノから早いところ食べてしまいましょう。外れた回顧などあまり気が進まぬ。続きを読む

yamamototaro at 19:19|Permalinkclip!

2018年09月10日

【秋競馬開幕!】3重賞の回顧&スプリンターズS 2018 へ向けての本命候補

Twitter の方ではお知らせしましたが、18時更新を続けて来た当ブログですが、今週は19時19分の更新とします。変わらずよろしくお願いいたします。

ココに来て中日がカープを3タテして4連勝。皆思っていることだろう…。

”せめて9回で4点差や6点差あったあの試合だけでも勝っておければ…”

現実的にはどれだけ勝ち続けてもCS進出は相当厳しい。5%以下。明日からのビジター8連戦で6勝2敗くらいで行かないと厳しいし、行ったとしてようやく可能性が出てくるレベル…でも最後まで全力で戦ってほしい(とか期待させといて、現実には2勝6敗くらいになることが多いので淡い期待に留める。期待するだけならタダだし)。

というわけで、秋競馬がスタート。相撲もスタート。

9月場所予想

◎御嶽海
○白鵬
▲栃ノ心


応援も込めて御嶽海に期待。先場所を見てもフロックではなく本当に力を付けてきていて、今がまさに充実期。相手は先場所よりも揃うが、今の勢いをもってすれば横綱にも引けを取らないと思う。

良い意味で注目を逃れて白鵬の巻き返し。

栃ノ心も故障さえなければ地力上位。

注目の稀勢の里は初日の相撲を見る限り今場所は千秋楽まで故障なく土俵に上がれて、10勝5敗くらいで行ければ十分だと思う。

稀勢の里の相撲スタイルは競馬でいえばゴールドシップに近い。正攻法ではなく立ち遅れるだけに、体調が万全であればこそ。一番良かった昨年の横綱に上がって最初の場所の13日目までの状態にはまだまだ足りない気がする。

…といつになく気合を入れて書いたのは今場所は久々に現地観戦予定があるからです。横綱も皆戻って来て楽しみだし、みんなケガなく土俵に上がり続けてくれることを願います。

競馬の次に専門分野である料理。今日はハヤシライスを作った。

FullSizeRender


紛れもなく、どこに出しても恥ずかしくない老舗の名店の味だった。続きを読む

yamamototaro at 19:19|Permalinkclip!

2018年09月03日

【回顧】ブラストワンピースは菊花賞へ上々始動&際立つロードカナロア産駒のレースセンス

予想してる以上は全部当てたいに決まってるけども、そうはいかないのが現実。

終わってみて考えても、

仕方ないか…と割り切れるレースがある一方で、何とかなったんじゃないか…と思うレースもある。

昨日は新潟記念に関しては前者、そして小倉2歳Sに関しては後者。

小倉2歳Sに関してはその思いと今後に繋がる回顧を、『競馬ノート』の回顧版の冒頭でじっくり書いたので、是非読んでください。もちろん3重賞のオール回顧も書いています。

やっぱり競馬って良い振り返りがあってこそ勝つ可能性を高めて行けると思うんですよ。面倒くさいと言わず、そのプロセスも楽しめるようになれば、競馬を知的な遊びとしてより高い次元で楽しめるようになるんじゃないでしょうか?

これからのご時世、ギャンブルは何かにつけて目の敵にされることだと思います。

それが良いか悪いかはともかく…。

私自身の本音を言えば、民衆レベルが上がり、個々人の民度や社会性が高まることは全方位的に歓迎すべきことだと考えていたのですが、最近になってそうでもないのかなと考えることもしばしば。

とりわけ昨今の特にネット社会を中心とする多様性のなさ、寛容度の低さには辟易するところでもあります。

また、極度にPTA化しつつある社会の行く末を案じるものでもあります。

特に後者に関してはギャンブルがもっともわかりやすいターゲットとして目の敵にされがちです。そうなったときに我々の、いわゆるギャンブル許容側のありようっていうのは非常に大事で、お金や時間と上手に付き合い、相応の知性と教養を備えてスマートに楽しんでいる姿を見せていきたいものだと思います。

私のメルマガはそういう意味で、ただの金儲けではなく、またただの浪漫主義でもなく、良いバランスでを以て競馬と付き合っていける良き教科書のような役割を果たせるものと信じています。

もちろん、だからと言って当たらなくてよいなどとは1ミリたりとも思っていなくて、むしろ当てるためにこそそういった多様な視点が重要という話であります。

競馬で勝っている人ほど、競馬は勝てない、競馬は難しいと言います。

競馬は控除率約25%ギャンブルですから、基本的には負けるようにできています。そんな強敵と戦う、いわば地方代表のチームが大阪桐蔭に挑むようなものですから、相応の準備や考え方が重要なのです。

強敵相手だからこそ、手を変え品を変え、様々な武器を以て挑んでいく、競馬で勝つことはいわば弱者の戦略をどう実行するかということ。そのことがわかれば、勝つことへの第一歩。

まずは読んで、考えて、そして週末の予想でドカンと儲けましょう。競馬ノートは以下よりすぐに読めます。初月無料なので、まずは購読をしてみてください。今週末は良い予想をお届けします。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


お待ちしてます。
続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年08月27日

【回顧】◎ダノンスマッシュの本格化は来年以降&新潟記念 2018 1週前予想

※馬券画像挿入忘れていたので追加しました

☆サマー2000シリーズ最終戦・新潟記念2018☆

パッと見の印象だと今年は少し手薄な感じ。ブラストワンピース、セダブリランテスの2頭が人気でしょうか。セダブリランテスは騎手(石川)が…という気がするんですが、どうなんですかね。この騎手は馬の過去のVTRとかチェックしているのか、準備段階がそもそも結構疑問な騎乗が多いんですが、どうなんですかね。モレイラとかは詳細にチェックするみたいですが、案外トップの方が努力していたりするのが世の常ですね。どっちが先なのかはわかりませんが。

というわけで、狙いたいのはこの馬。

人気でしょうが、新潟の長い直線は合いそうですし距離もこれくらいが現状は良いかもしれません。

さらなる飛躍へ、ココは期待するならどちらかといえばヒモ荒れかなと思っています。
-------------------------------------------------------

夏はもう限りなく終わりが近づいているけども猛暑復活の日々。

キーンランドCは期待した◎ダノンスマッシュが2着止まり。

〜キーンランドカップ 2018 結果 → ハズレ

1着 ○ナックビーナス(1人気)
2着 ◎ダノンスマッシュ(4人気)
3着 …ペイシャフェリシタ(9人気)

アタマ勝負本線、最低でも2着という馬券だったので、3着ペイシャフェリシタが抜けた時点で完全にハズレ。
続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年08月20日

【回顧】札幌記念 マカヒキは負けて強しの競馬&今週デビューの期待の2歳馬☆

今日は初めてきちんと金足農業の吉田投手の試合を見ましたが、本当に良い投手ですね。

股関節が柔らかくて球持ちが良くて、コントロールもいい。上背がない分安定感がある気がします。スタミナもあるし肩ひじに負担掛かるタイプの投げ方でもないので連投も利くのでしょう。

今日は序盤〜中盤は意図的に変化球多め、それでもピンチになると明らかにギア入れて140キロ台中盤の直球をズドンと放り込む。

そして8回あたりからストレート主体、8回のピンチ、9回はフルにギアを入れて140キロ台後半の直球を投げていました。

冷静さもあって試合の中でギアの出し入れをするクレバーさもある。

チーム自体はさすがに下位打線になると強豪私立高校の切れ目のない打線と比較すると多少劣る部分があるとは感じましたが、その分、全員がフォアザチームの気持ちで自分にできる仕事に徹しているのがいいですね。吉田投手の調子よかったので今日は3点取れれば勝てるという意思統一ができている感じがしました。とにかく1点1点取りに行く形。

大阪桐蔭相手の決勝はそりゃ厳しい戦いにはなるでしょうが、ココまで来たら何としても投手戦に持ち込んで、悲願を達成してほしいですね。

なんなら昨日の東京ドームの9回に投げてほしいくらいですよ…。この話は愚痴っぽくなるので止めますか( ;∀;)
IMG_8767

続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年08月13日

想定と真逆の結末だった関屋記念&いよいよ夏の大一番・札幌記念

☆夏の大一番・札幌記念

現時点での本命候補はこの馬!

この距離がベスト、鞍上もベスト、舞台も絶好、あとは極端な外枠を引かなければチャンス大だろう。相手も揃う分妙味もありそうだ。

---------------------------------------------

今朝テレビをつけるとタイガーウッズが…猛チャージ!

最終日は結局ー6でトータルー14。勝ったケプカにはあと2ストローク及ばなかったものの、いよいよ完全復活が見えてきました。1年前の今頃、誰が今の状況を想像したでしょうか…。まさに人智を超えたゴルフの神様ですね。

完全復活…は15個目のメジャータイトルを取った瞬間でしょうから、現在は復活8合目というところでしょうか。来年こそ、11年ぶりのメジャー制覇を強く期待したいですね。朝から良いものが見れました。

さて、先週は気合を入れて臨んだのですが、少しズレるレースが続くうちに流れに乗れず終わってしまいました。

今週はお盆の交流重賞シリーズが続くために、24時5分更新が基本になる予定です。よろしくどうぞお付き合いください><


続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年08月09日

小倉芝は高速馬場だから外枠が走りやすい…?+コスモス賞 2018 展望

なんとなく中日がボロボロになってきて、例年通りの8月失速が徐々に見えつつあり、なんだかんだ心配になってきました(笑)

中日ファンならこの心配を理解してくれると思うのですが、2軍の打順がヤバいんですよ…。

4番 松井祐
5番 野本

です(;'∀') これは結構ヤバい。

スーパーサブの藤井
代走と守備固めの工藤
守備固めとたまに代打&スタメンの堂上

これ5年くらい続けてますからね…。

投打で大当たりの外国人引いて、ビシエドも今年は活躍、平田が首位打者争い、それでこれだからなぁ、なんかいよいよヤバくなってきた気がします。この流れだとシーズン終盤借金20くらいでフィニッシュが現実的なラインでしょうか…この予感が当たらないことを願いたい。

願いつつ、競馬のことを考えます(笑)。

さて、今週末は2歳戦線も楽しみ。重賞こそないモノのオープン特別が2つ。

そのうちのひとつ、札幌のコスモス賞がエライことになっています!

10頭出走するうち、中央馬=4頭、地方馬=6頭。

中央馬の4頭のうち2頭が未勝利馬。

まさにカオスです…。カオスなコスモス賞…カオスモス…。

必然的に中央の残り2頭の新馬勝ち馬が人気を集めそう。となるとやっぱりアガラスが有力でしょうか。

とはいえ、恐らく1倍台かもしれませんが、この馬から地方馬へ…というのが面白そうな気がしています。こういうレースって案外美味しい馬券が眠っていたりしますから、地方馬の芝挑戦の可能性も考えて過去のレースを見直して、予想を組み立てたいと思います。たぶん競馬ノートで配信します!

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 



続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年08月06日

【回顧】東西重賞とも不発の週末&好内容でデビュー勝ち・ヴェロックス

中日はなんでいい流れで来ているときに、左右の投手で亀澤や高橋周を下げちゃうんですかね…。

亀澤は2015年のデビュー戦で4安打を打ったんですが、次の試合でスタメン落ちしたんですよ。普通じゃ考えられないけど、そういうチームなんですよね〜。どれだけ打っても、実績がなければすぐに使われなくなる。実績があっても、思い込みで使われない。

今年は浜松で藤井が4安打。次の試合ではスタメン落ちしました。アホみたいでしょ?

さすがに選手からも不満の声。

浜松の翌日、ナゴヤドームでの横浜DeNA戦。相手先発は左の浜口。スタメンは藤井でなく松井佑介だった。それを知った藤井は、人目をはばからず打撃コーチに不快感をあらわにした。藤井は「右打席での打率が悪いからと説明がありました。まあ、悔しいですがしょうがないですね」。


結果出しても評価されないんじゃ、どうすりゃいいのって話よ。

さて、先週は土曜日の良い流れを日曜に繋げず…重賞は不発でした。

 ゲン担ぎにスパゲティー朝作ったのに…(;'∀') 
FullSizeRender
レシピ、スパゲティーゆでる、トマトも一緒にゆでる、ツナ缶丸ごと放り込む、ケチャップかける。ゆで卵ぶち込む。終わり。大雑把な味。笑

なお、重賞の詳細な回顧は競馬ノートにて基本的に月曜日に配信しています。今後の予想にも繋がっていく重要なものですので、是非読んでみてください。

▽TAROの競馬・回収率向上のための競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
携帯版⇒ TAROの競馬ノート(木曜回顧&日曜予想+α)
 


続きを読む

yamamototaro at 18:00|Permalinkclip!

2018年07月30日

【回顧】〜アイビスSDはトリガミ・ダイメイプリンセスの圧倒的直線適性・小倉記念の1週前注目馬

先週の反動…ってわけではないんですが、今週末はダメな週末でした。

唯一、あまり買いたいレースが多くなくて控えめにした、勝負度【B】以上がひとつもなかった、そこら辺が収穫というか、救いですが、いずれにしてもポツポツとしか当たらず。

とりあえずサクッと回顧を。

詳細な回顧は月曜に競馬ノートで配信予定ですので、よろしければじっくり読んで今後にお役立てください。

▽TAROの競馬ノートは下記より登録
PC・スマホ版⇒ TAROの競馬ノート
続きを読む

yamamototaro at 00:07|Permalinkclip!

2018年07月25日

【的中御礼!】函館2歳Sと中京記念(ハズレ)の振り返り・怪しい人気馬が出現しやすい2歳戦。

先週末は人生2度目の…中京競馬場へ行って参りました!
IMG_8331

りょう店長さんが席を取ってくれたおかげで快適な観戦ができました。外はめちゃくちゃ暑かったですけどね(;'∀')

この日はレース以前に、まず中京競馬場前駅から入場門へ向かう途中で驚きの事態が。

配信していた福島1レースを見ようと、不意に立ち止まると、急に呼び止められる…。

「ん?」

ふと振り向くとなんと、1年半ぶりくらいのS田君。月曜からの関西出張に行くついでに中京に寄ることにしたとのこと。というわけで、7人の予定が8人に増えてそこそこの大所帯での観戦となりました。

真夏の中京競馬最終週の振り返り。

と言いつつ…詳細な回顧は競馬ノートで既に月曜にお送りしているのでそちらを見ていただくとして、まずはブログ公開して外れた中京記念から。
続きを読む

yamamototaro at 19:44|Permalinkclip!
TARO(管理人)

TAROの競馬ロゴnew♪

1984年生まれ、栃木県出身。立命館大学卒。大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。中日ファン歴20余年。競馬は勝つことももちろん大事ですが、”魅力ある予想”を目指しています。
→お仕事系・ご依頼・ご意見等は下記メールアドレスにてお願いいたします。
→taro.sasaex@gmail.com


▼好評発売中!
2018年の最新刊!
回収率が飛躍的に上がる
3つの馬券メソッド


▼好評発売中!
1万部突破!
『回収率を上げる
競馬脳の作り方』

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
記事検索