寶介 竹細工教室のアレやコレ・・

京都の竹と日々の出来事を気ままに配信! 竹細工教室の中身覗いてみませんか!?

2005年07月

あ〜今日は、竹屋と表具屋と茶筒屋と漆塗り屋などが、そろって晩飯食いでした、色々な話をして楽しかったのですが、歳をとったせいか、お酒の飲み方も若い時と違って、守りの飲み方になってしまいました。やっぱり次の日に残るのは、辛いですからね、“酒は飲んでも飲まれる ...

亀甲竹の花入れに漆を塗るのに、亀甲竹には亀裂や穴がたくさん空いてます、その穴を埋めるのにコクソを使って埋めますレシピは生漆1に糊1を混ぜ合わせそこにのこぎりでひいた木くずを混ぜて粘土より固いぐらいになるぐらい練り込みます。それを作ってる時は粘土遊びみたい ...

亀甲竹の花入れ作って〜、と言われ作業を進めながら、改めてこの竹を見ると、何て変な→おもしろい→美しい、と感情が変わっていってしまう。この亀甲竹は、手を加えないのが一番だと思う、自然が作った造形美には、叶いません。 ...

さぁ!祇園祭りが始まりますよ、今年は17日の日曜日が鉾の巡行日、毎年梅雨の終り目と重なり、雨降りは避けたいものです。祇園祭りが終ると夏の始まりですよ〜 ...

京都の町中で、よく目にするこれが、駒寄せ(犬矢来)と言い、京都の町家には、欠かせない物になってます、しかし本来の用途は家の外塀の裾が、雨や犬のオシッコなどによって、腐りやすくなるのを防ぐ為のしつらえです。竹を押さえる為に使う釘も鉄や真中釘などを使っている ...

今日は京都、八坂の横辺りの町家に竹垣の修復に行きました、何とも言えない貫禄のある庭で、苔や植木に包まれていると、ストレスが吸いとられる気がします、雨がより一層、庭を緑濃く引き立たせます。 ...

30日の夜、職人,comの飲み会?に参加しました。全員で8人、色々な職種や考えを持っている個性派が揃い、大変刺激のある会でした。皆さん独立して、僕より一歩先に進んでいる人達なので、負けないようにと、気合いが入りました!見とけ〜!(-.-)y-゜゜゜ ...

↑このページのトップヘ