2007年03月10日

泌尿科のことでというお電話が・・・

 いらしゃったのは60代の元気なご婦人でした。
排尿に関する悩みで、出が悪いではない、頻尿でもない。尿意があって、行くとさっとは出ずになんだか時間がかかるとおっしゃる。夜間は朝5時1回行く時もある。軽い腰痛がある。時々皮膚が痒い。朝から疲れやすい。
 これは肺脾腎気不足でしょうか?肺と腎の連絡がうまくいかず、その上脾気虚がある。肺の宣発、粛降低下により皮膚に潤いをもたらす機能が低下した。それにより皮膚が乾燥気味になり、肥満細胞のパトロールも増え、過敏になりちょっとした刺激に神経が反応し痒みをおこす、ヒスタミンなど放出されたとみるべきでしょう。もちろん、主訴は排尿異常ですから、尿がすっきり出るように、膀胱およびその周辺の筋が正常に働くようにしてあげなければならない。筋肉の力を強化し肺と腎を補うべく、
補中益気湯と八仙丸を15日分さしあげました。次回のご来店が楽しみです。

yamanaka08 at 19:34│Comments(0)TrackBack(0)最近のできごと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔